Ontology 情報(日本語要約)

07/02 木曜日
15:06

Li Jun氏のAMAに関する要約

OntologyのMainNet2周年を記念して、Ontologyの創始者であるLi Jun氏がOntology Englishテレグラムでライブ配信が行われた。同ライブ配信では、Ontology 2.0についての洞察の共有が行われ、最新情報が提供されている。
[出典元]
07/01 水曜日
16:18

オントロジー月報:2020年6月

06月のレポートでは、ONTO v3.0.0とONT ID 2.0のリリース、Rosetta、コインベース主導のプロジェクト、Chainlinkとの統合成功などに関する報告が行われている。
[出典元]
06/30 火曜日
12:28

メインネットリリースから2年

2020年6月、オントロジーはメインネットのリリースから2年が経過。また、オントロジー2.0のリリースから明確なマイルストーンの公開、ONTOの新しいバージョンが公開された。今後、オントロジーは企業に最高水準のブロックチェーンソリューションを提供するために努力を続け、開発者コミュニティに高速で使いやすいツールキットを一貫して提供していくことを表明している。
[出典元]
06/28 日曜日
9:33

ONTOは新バージョンリリースを発表

データ管理の強化を目的として実装されたONTOの新バージョンは、ONT IDによる迅速なアセット移転、容易なアセット譲渡、検証可能なクレームとデジタル認証によるデータ所有などの機能が実装されている。
[出典元]
06/27 土曜日
9:49

ONT ID 2.0によるアイデンティティの管理

ONT ID 2.0に関連する新しいアップデートに伴い、W3Cの定義と標準への準拠、認証と制御、カスタム回復メカニズム、カスタム属性の設定などが実装された。ONT ID 2.0では、ユーザーは自分のデータとアイデンティティを自身で管理することができる。
[出典元]
06/24 水曜日
11:47

ウィークリーレポート(2020年06月17日 - 23日)

今週は、バイナンスやコインベースなどの業界リーダーとの交流、ビットコイン・スイスとのコラボレーションによるONTOのFranc(XCHF)サポート、ONTO v3.0.0の新しいバージョンリリースが行われた。
[出典元]
06/23 火曜日
12:11

Binance FuturesとのAMAに関する要約

2020年06月19日、Binance DerivativesのJustin Cheng氏は、オントロジーの共同創設者であるAndy Ji氏のAMAに招待され、先物取引に関する考察とガイダンスを共有した。AMAでは、事前に用意された質問とライブQ&Aを含め、19個の回答が用意されている。
[出典元]
06/22 月曜日
13:53

Chainlinkとのネイティブ統合を発表

Chainlinkとのネイティブ統合を正常に完了。これにより、ChainlinkによるオラクルサポートがOntologyに提供され、スケーラビリティ、分散化、およびコラボレーションが向上する。
[出典元]
10:38

ONTOの新バージョンリリースに関するお知らせ

2020年06月22日、ONTOの新バージョンのリリースを正式発表。このバージョンには、他のユーザーに対する容易なアセット転送や、ONT IDによるアセットの高速転送、データとデジタル認証の取得申請などの新機能が追加された。
[出典元]
10:34

2.0のリリースに関するお知らせ

メインネットのリリースから2年となる節目を目処にOntology 2.0のリリースを発表。また、2020年07月07日からガバナンスとステーキング経済モデルが有効となる。これは、ガバナンスへの参加要件が​​緩和され、より多くのユーザーがONTステーキングに参加してONG報酬を獲得するようになることを意図している。
[出典元]
06/18 木曜日

Kaiyunとの提携を発表

2020年04月から05月にかけて、グローバル・ソーシャル・クリエーター・プラットフォームであるOGQとロジスティクス・サービスプロバイダーであるKaiyunとの提携を発表。これにより、OGQはOntologyブロックチェーンを利用してコンテンツクリエイターの著作権保護を強化し、Kaiyunは都市配信の効率を高め、実行コストを削減した。
[出典元]
13:58

オープンソースプロジェクトであるロゼッタとの統合を発表

ロゼッタとは、様々なブロックチェーンソリューションの採用、コラボレーション、および使用の促進を目的とした、オープンソーステクノロジーフレームワークである。ロゼッタとの統合によって、知識、エンジニアリング経験、技術的な専門知識を提供し、プロトコルの統合プロセスをより簡単にすることができる。
[出典元]