Stellar 情報(日本語要約)

02/17 木曜日
14:21

Open Protocol Discussion(2022年2月17日)

2022年2月18日4時、Open Protocol Discussion開催を発表。このミーティングでは、CAP-42の修正について議論する。また、技術的な議論になるため、参加する場合は、CAPと関連する議論スレッドに目を通し、文脈を理解することを推奨している。
[出典元]
02/16 水曜日
15:22

2022年の戦略的ロードマップ

数週間前、2022年の戦略的ロードマップが公開された。この機会に2022年のビジョンをもう一度見直し、現在のStellarネットワーク、エコシステム、コミュニティをサポートし、成長させるための方法を発表。
[出典元]
12:08

StellarでNFTを作成するための最善の方法

StellarでNFTを作成する方法はさまざまであり、これらのNFTのために大量のデータを保存し、対処する方法はさらに多くある。このガイドでは、Stellarエコシステムサービスやウォレットとの相互運用性を最大限に高めながら、時の試練に耐えうるNFTを作成するためにStellarを使用する方法について発表。
[出典元]
02/15 火曜日
13:28

クロスボーダー決済におけるステーブルコインの活用法

2022年2月25日2時、Berhan Kongel氏がCandace Kelly(SDF)、Jimmy Ku(Flutterwave)、Kazım Rifat Ozyilmaz(Arf)の送金を含むクロスボーダー決済におけるステーブルコインの現在および将来の使用法について議論。Arf社は、このウェビナーを招集し、クロスボーダー決済にステーブルコインを利用する方法と、金融システムを民主化する方法についての考察を共有するために開催する。
[出典元]
02/12 土曜日
18:00

ハイブリッドハッカソン「Pearl Hacks」開催に関するお知らせ

Stellarは、2022年2月19日9時からハイブリッドハッカソン「Pearl Hacks」の開催を発表した。目的は女性と非バイナリーの技術教育を促進としており、ブロックチェーンを利用した最初のウォレット構築、NFTマイニングとStellarについて学ぶことができる。
[出典元]
18:00

デジタル通貨会議開催に関するお知らせ

Stellarは、2022年2月25日23時20分からデジタル通貨会議を開催することを発表した。デジタル通貨会議ではCBDCの技術的アプローチと設計に関する専門家パネルディスカッションを行う。この会議は、中央銀行と決済の革新者を集め、デジタル通貨技術と設計について議論する内容となっている。
[出典元]
18:00

Consensusの開催に関するお知らせ

Stellarは、2022年6月10日2時より1年の中で最も影響力のある仮想通貨とブロックチェーンのイベント「Consensus」が、テキサス州オースティンで開催されることをお知らせした。Consensusでは、ブロックチェーン、仮想通貨、NFT、Web3のエコシステムのあらゆる側面と、それらが商業、文化、コミュニティに及ぼす影響力を紹介する内容となっている。
[出典元]
18:00

パリ・ブロックチェーン・ウィーク・サミット開催に関するお知らせ

Stellarは、2022年4月14日2時よりパリ・ブロックチェーン・ウィーク・サミット開催を発表した。
[出典元]
18:00

アフリカ・テック・サミット開催に関するお知らせ

Stellarは、2022年2月23日21時50分よりアフリカ・テック・サミット開催を発表した。
[出典元]
18:00

SXSW: Finance 3.0サミット開催に関するお知らせ

Stellarは、2022年3月13日1時よりSXSW: Finance 3.0サミット開催を発表した。
[出典元]
02/10 木曜日
15:25

CBDCを理解する:政策立案者のためのガイド

2022年2月17日10時30分、このウェビナーでは、政策立案者が CBDCの未来に向けてどのような政策的・技術的検討を行うかについて、2部構成で議論。官民両セクターのリーダーが、意思決定者にとって何が一番重要なのか、またStellar開発財団(SDF)の最新の政策文書「CBDCを理解する」についての見解を述べる。
[出典元]
02/03 木曜日
11:22

Open Protocol Discussion(2022年2月3日)

2022年2月4日4時、Stellar Open Protocol Discussionを開催。Discussionでは、今後のStellar Protocolのバージョンアップについて議論し、計画することを発表。今週は、オーダーブックを意識したサージプライスなど、グループごとのポリシー実装を容易にするためにトランザクションのグループ化を可能にするコアアドバンスメント提案に焦点を当てる。
[出典元]