CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン半減期とは?過去相場の価格変動から探る2024年の展望

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ビットコイン半減期とは

半減期とは、暗号資産(仮想通貨)の「マイニング(採掘)」という仕組みを維持するため、マイナーがブロックを生成する度にマイナー(採掘業者)に支払われるマイニング報酬が半分になるイベントのこと。

発行枚数上限があらかじめ設定されている仮想通貨は、ある特定のタイミングでマイニングできる量・採掘量(供給量)が減るように定められており、これを半減期(bitcoin halving)と呼ぶ。

合意形成アルゴリズム「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」を採用するビットコインでは、トランザクション(取引)をまとめたブロックが生成される度に、計算作業を行った採掘者(マイナー)に対してビットコイン報酬が渡される。

この作業をゴールドを採掘する行為にたとえ「マイニング」と呼ばれる。ビットコインはブロック数が210,000に到達する毎にマイニング報酬が半分になっていく仕組みだ。

半減期の目的

半減期の目的は、大きくわけて2つある。

  1. 通貨の流通量の増加量を抑制することで、その通貨の「希少性」を高めること
  2. 通貨の発行量の引締めによって、インフレーション発生を抑制し、価格の安定化を図ること

ビットコインの場合、最大供給量2100万BTCと上限が決められており、半減期を迎えることによって報酬が半減する。

ビットコインの半減期は、4年に1回のペース(厳密にはブロック数に依存)で行われる。

2009年始めのマイニング報酬は50BTCであったが、2012年に1回目の半減期を、2016年に2回目の半減期を経て12.5BTCへと半減した。2024年の4回目の半減期では、6.25→3.125BTCまで減少する。(下図参照)

日付 BTC価格 報酬
2012/11/28 12.31ドル(約1300円) 50→25BTC
2016/07/09 650.63ドル(約7万円) 25→12.5BTC
2020/05/12 8800ドル(約93万円) 12.5→6.25BTC
2024 6.25→3.125BTC
2028 3.125→1.5625BTC

ビットコインは、2020年5月12日4時23分(日本時間)、ブロック高#630,000で3度目の半減期を迎えた。

次回のビットコイン半減期(ブロック高:840,000)は、2024年4月上旬頃に訪れる見込み。

予測サイトによって僅かな差は見受けられるものの、ビットコインのマイニング(採掘)ソフトウェアを提供するNiceHashでは、2024年4月12日頃のブロック高到達を予測している。

難易度調整の仕組み

仮想通貨のマイニング(採掘)を行うコンピューターの性能および計算能力は年々進化しており、ブロックの生成ペースやハッシュレート(採掘速度)は右肩上がりに上昇し、それに伴いマイナー間の採掘競争は激化している。

blockchain.com

ビットコイン(BTC)には、ブロック生成のペースをある程度コントロールするため、計算作業の難易度を調整する仕組みが存在する。

ビットコインは、1日で平均144ブロックが生成されるよう調整されている。半減期前の現在は、1ブロックで12.5ビットコインが報酬として渡されるため、1日1800BTCが新たに供給され、4年間で約21万ブロック生成される計算だ。

インフレ率とデジタルゴールド需要

ビットコイン供給のインフレ率は、2021年時点で1.8%まで低下した。2024年の半減期において、ビットコインの年間インフレ率は1.72%から0.86%まで低下する見込みだ。

BTC価格とインフレ率

ビットコイン(BTC)などのPoW通貨は半減期の度に供給(Supply)が大きく減少する一方、需要(Demand)は変わらないため、需給面から価格が上昇しやすい傾向にあった。

また、ビットコインが金(Gold)に似たいくつかの特性を持つことから、「デジタル・ゴールド」と呼ばれることがある。金は地球上で限られた量しか存在しないとされるが、ビットコインも最大供給量が2100万BTCに限定されており、その希少価値はインフレヘッジとして価値の保存手段を提供する。

通貨価値のインフレや経済不安を抱えるアルゼンチンなどの新興国では、ビットコインの需要が上がりやすい。

関連:大統領選を終えたアルゼンチン、ビットコイン価格が過去最高値に迫る

関連:ビットコイン VS ゴールド、デジタル資産の新たな魅力とETF承認が実現した場合の影響を探る

過去の相場への影響

では、過去のビットコイン相場への影響は実際どの程度のものだったのか?

金融相場など外部環境にも左右されるため参考程度に留まるが、4年に1度の周期で訪れるビットコイン半減期は、奇しくも相場のサイクル(弱気トレンド→閑散相場→強気トレンド→バブル相場)と一致する。

2016年7月

前々回の半減期(2016年7月9日)のBTCチャートを確認すると、約1ヶ月半前から価格が上昇し始め、半減期の3週間前にピークを迎えた後に反落した。当時の価格はBTC=800ドル前後であった。

2016年のBTCチャート

その後、2017年の仮想通貨バブルを経て、2017年末にはBTC=20,000ドルを記録している。

前回のBTC半減期以降の価格推移

2020年5月

2020年3月には、新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的流行(パンデミック)に伴い、各国の経済活動が停止するなどした影響で金融相場が崩壊した“コロナ・ショック”発生に伴い、ビットコイン価格も暴落を余儀なくされた。現金化需要が極端に高まったためだ。

金融・経済の混乱を抑えるため、FRB(米連邦準備制度)は金利引き下げや量的緩和の拡大など大規模金融緩和に舵を切り、市場に大量の流動性を供給した。この過剰流動性相場の影響もあり、株式市場やビットコイン市場は急反発していくことになる。金融緩和に加えて、多くの国が大規模な財政刺激策を導入したことにも起因する。

BTC/USD 日足

前回のビットコインの半減期は、まさにその状況で訪れた。

このような金融相場の追い風を受け、2020年12月に過去最高値(当時)の1BTC=20,000ドルを更新すると、ビットコイン先物ETF(上場投資信託)が上場した2021年10月には1BTC=69,000ドルまで高騰した。

半減期が到来したタイミングの1BTC=8500ドルを起点に計算すると最大上昇率は約700%(暗号資産取引所間でも価格差あり)に及び、天井を付けるまでに要した日数は337日間だった。

イーサリアム(ETH)基盤のDeFi(分散型金融)ブームも後押しし、2021年の仮想通貨バブル再来を引き起こしたと言える。

しかし歴史は繰り返す。

その後は、FRB(米連邦準備制度)のタカ派(金融引き締め)転換に加え、2022年5月のテラ(LUNA)ショック、同年11月のFTXショックの影響も重なり、暗号資産(仮想通貨)バブルは瞬く間に崩壊していくことになる。

2024年の展望は?

2022年の弱気相場を経て、2023年の暗号資産(仮想通貨)相場は大きく反発した。

2024年については、半減期の他にも数年に一度あるかどうかの強気要因を複数控えており、長期的な相場上昇を見込める可能性も考えられる。

  • FRB(米連邦準備制度)の金利引き下げ(ハト派転換)
  • ビットコインETF(上場投資信託)の承認

機関投資家やアナリスト予想では、過去最高値の1BTC=69,000ドルを大きく更新するとの見立ても少なくない。例えば、金融サービス企業Matrixportのリサーチ部門は、連邦準備制度理事会(FRB)による利下げへの方針転換も追い風となり、2024年末までに1BTC=125,000ドルに達すると予想している。

2023年7月には、英金融大手スタンダードチャータード銀行が、ビットコイン相場の展望を分析。米欧の金融不安やマイナーの利益の増加、機関投資家の資金流入などを根拠に、2024年末までに1BTC=120,000ドルに達する可能性があると予想している。

関連:2024年ビットコイン125,000ドル到達予測、半減期を踏まえたMatrixport分析

関連:「ビットコインは24年末までに12万ドルまで上昇しうる」スタンダードチャータード銀が予想を上方修正

外部要因の影響も大きく不確実性は強いものの、前回同様に半減期後の強気トレンドが「300日」以上続くとすれば、天井圏に達する時期としては2025年2月〜3月頃が目安の一つとなり得るだろう。ただしバブル再来となれば、例え強気トレンドの最中であったとしてもボラティリティ(価格変動性)の急変や大規模な調整売りを挟む余地は警戒される。

マイナー売りのリスク

半減期を経てマイナー(採掘業者)の採掘報酬は半分になるため、ビットコイン(BTC)価格が低迷すれば、マイナーの中には事業が立ち行かなくなり撤退する事業者も出てくる可能性がある。

そうなれば、保有するビットコインの投げ売りが続くリスクも指摘される。

過去の相場では、ビットコインキャッシュ(BCH)の半減期後にハッシュレート(採掘速度)が急落し、ブロック生成に遅延が生じたケースもあった。

blockchain.com

ビットコインの難易度調整は平均約14日(2016ブロックごと)に1回であることから、半減期直後のブロック生成状況に注意が必要との見方もある。

ビットコイン投資の始め方はこちらをチェック

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

ビットコインETF特集
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。
14:14
LINE NEXT、読んで稼ぐ「ReadON」と提携 コラボNFTを販売
NFT市場DOSIを手掛けるLINE NEXTが、読んで稼ぐアプリReadONとの提携を発表。コラボデジタルアイテムを2月21日に発売。Web3エコシステムにおけるマーケティングやビジネス領域での連携を図る。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア