CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所の口座開設方法とは?トレード前に知りたい注意点まとめ 寄稿:ママコイナーMaki

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

こんにちは、主婦コイナーのMaki(@maki_coin)です。

前回は、主要なアルトコインの概要紹介とともに、草コインの売買で起こり得るリスクについてご紹介しました。

今回は、実際に仮想通貨を売買する「取引所」の口座開設方法や、利用時の注意点について解説します。


仮想通貨取引所を使ってみよう

取引所とは、仮想通貨を売買できる場所のことです。

株は証券会社を通じて売買しますが、仮想通貨は取引所を通じて売買します。

取引所によって取り扱われている銘柄・手数料などが違っているため、まずは自分が買ってみたいと思う銘柄を取り扱っている取引所を選ぶと良いでしょう。

もちろん、複数の取引所に口座開設もできます。

たとえば、Aの取引所でメンテナンスをしていて売買できない時も、Bの取引所で売買したり、取り扱いが限られている銘柄をカバーしたりと、複数の取引所に口座を持つメリットはたくさんあるので、チェックしてみると良いでしょう。

関連:仮想通貨取引所コインチェックとは│投資家向け3つのおすすめポイント

関連:仮想通貨取引所bitFlyerとは│投資家向け3つのおすすめポイント

取引所と販売所の違いって?

取引所には、「販売所」と「取引所」があります。

取引方法が違うため、それぞれの特徴や仕組みを知って使い分けましょう。

●販売所

販売所は、仮想通貨を売買したいユーザーと取引所の間で売買する仕組みです。 自身が買いたい・売りたいタイミングで売買できるのが特徴ですが、取引所の利益分が上乗せされた価格になるため、取引所での売買よりも割高になります。

●取引所

取引所は、仮想通貨を売買したいユーザー同士で売買する仕組みです。 「この値段で高く売りたい」「この値段で安く買いたい」という希望を叶えられる取引方法ですが、もちろん買ったり売ったりしてくれる相手がいなければ売買は成り立ちません。 どれくらいの数量を、どれくらいの価格で売買するのか自分で見極める必要がありますが、基本的には販売所よりも安く買い・高く売ることができます

取引所の口座開設方法

では、仮想通貨取引所の基本的な口座開設の流れを見てみましょう。

国内の取引所はほとんど同じ流れで口座開設ができますので、複数の取引所に口座開設をする場合もぜひ同じようにチャレンジしてみてください。

また、スムーズに口座開設を進めるために、運転免許証などの身分証明書を事前に用意しておきましょう。

①メールアドレス登録

取引所のホームページにある「新規登録」より、メールアドレスを入力します。

②ユーザー登録

送られてきたメールからユーザー登録をします。

氏名・住所などの基本的な情報から、なぜ取引所を使うのか?という目的や、取引経験の有無などを尋ねられますので答えていきましょう。

③本人確認書類提出

用意しておいた本人確認書類を提出します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 運転経歴証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 個人番号カード

取引所によって違うこともありますが、基本的にこれらが対象書類です。

本人確認書類の表面・裏面を撮り、本人確認書類とともに自分が写る、いわゆる「自撮り」をして送信します。

この自撮りを「セルフィー」と言います。取引所の口座開設時だけでなく、問い合わせ時にセルフィーの提出を求められるケースもあるため覚えておきましょう。

④ハガキの受け取りが必要なケースも

取引所によっては、セルフィーや写真提出で本人確認をするのではなく、申し込みからしばらくすると自宅にハガキが届く場合があります。

このハガキに記載されているパスワードを使って、本人確認をする仕組みです。

本人確認が終われば、仮想通貨の売買ができるようになります。

取引所を使う際の注意点

取引所の口座開設を終えたらすぐに仮想通貨を売買できますが、実際に売買を始める前に注意すべきことがあります。

仮想通貨は、いつどのようなタイミングでトラブルが起こるかわかりません。

ただし、自分で対処・予防できるトラブルも多いため、ぜひ事前に対策をしておきましょう。

トラブルを防ぐためにできること

取引所で仮想通貨売買をするために、日本円を入金したり、ビットコインなどの仮想通貨を預けたりしますが、預けっぱなしにしておくとハッキング(流出)されるなどの可能性があります。

これを防ぐために…

  • 多くの資金を取引所の口座に預けっぱなしにしない
  • 資産を一か所にまとめない
  • パスワードを複雑なものにする
  • 二段階認証を設定する

などの対策を行いましょう。

多くの資金を取引所に預けっぱなしにしない

値動きがあった際すぐに売買できるようにと、取引所にある程度の資金を置いておく人は多いでしょう。

ですが、多くの資金を取引所に置いておくと大きなリスクが伴います。

取引所関連のトラブルとして挙げられるのが、ハッキングです。

ユーザーが預けていた資産が悪意あるユーザーによって盗まれてしまうことを指しますが、ハッキングはどのようなタイミングで起こるのか予測できません。

だからこそ、普段から多くの資金を取引所の口座に預けっぱなしにせず、トレード分以外の資金はこまめに出金したり、ハードウェアウォレットを使ったりして安全に保管しましょう。

資産を一か所にまとめない

万が一に備えて、資産は一か所にまとめず複数の場所に分散させておきましょう。

取引所やウォレットなど、資産を置いておけるところはたくさんありますが、一か所にまとめてしまうとトラブルが起こった際に、一気に資産を失ってしまうリスクが高まります。

過去のハッキングが起こった際にも、多くの人が資産を分散して保管していたため、被害を最小限にとどめています。

関連:仮想通貨で複数の取引所を開くメリットと分散投資のすすめ

パスワードを複雑にする

取引所の口座へログインする際に使うパスワードは、できる限り複雑で長いものにして、推測しづらくしましょう。

パスワードは数字・英字だけでなく記号を組み合わせたり、キーボードの配列や123456…のように単純な並びを避けたりすると、セキュリティが格段に高まります

また、同じメールアドレスとパスワードをさまざまなサービスで使いまわしている人も少なくありません。

どこか一か所でパスワードが盗まれてしまうと他の場所でも不正ログインや被害が発生する可能性があるため、サービスごとに違うパスワードにし、できるだけ細かなものに設定しましょう。

英数字や記号を組み合わせ、推測されづらい長いパスワードを発行してくれるサービスもあります。

面倒と感じるかもしれませんが、自分の資産を守るためにも必ず長く・複雑なパスワードを設定しておきましょう。

二段階認証を設定する

取引所へログインする際に、設定しておいたパスワードだけでなく、一定時間だけ機能するセキュリティコードを合わせてログインする「二段階認証」を必ず設定しましょう。

パスワードのみのログインは、パスワードが万が一盗まれてしまった場合にとても危険です。

しかし、二段階認証を設定していれば、たとえパスワードが流出してもログインされる危険性が少なくなります。

セキュリティコードはログイン時にSMSで送信されるものや、専用のアプリで表示されるものがあるため、使いやすいものを設定しておきましょう。

また、二段階認証は英語で2 Factor Authenticationと言うため、2FAと表記される場合もあります。

取引所について知っておきたいこと

取引所は日本国内だけでなく、世界中に数多く存在しています。

  • 【知名度の高い海外取引所の一例】
  • バイナンス
  • コインベース
  • フォビグローバル
  • クラーケンなど

海外取引所は、国内取引所に比べて数多くの銘柄を扱っているのが特徴です。

サイトは基本的に英語表記で、国内よりも高いレバレッジでの取引で大きな損失が出る可能性やフィッシングサイトの存在など、危険も多くなります。

※レバレッジ

少ない資金で大きな資金を扱って売買できる仕組み。ハイリターンが望めるがそのぶんハイリスク。

※フィッシングサイト

本物のサイトそっくりな偽サイト。ユーザーを誘導してパスワードなどの情報を盗み取ろうとする。

「面倒だから」はNG!取引所は安全に利用しよう

今回は、仮想通貨を売買するための取引所の開設方法や、取引所を利用する際に気をつけておきたいポイントをご紹介しました。

「面倒だから」

という理由で二段階認証を設定していなかったり、ウォレットを使わず取引所に資金を預けっぱなしにしたりしている人は少なくありません。

しかし、これまで複数の取引所でハッキングなどのトラブルが発生し、大きなニュースになっています。

いつどのようなタイミングでこうしたトラブルが発生するかはわかりませんが、自分で資産を守るための防衛策をとることは可能です。

トレードの知識を身に着けるとともに、資産を守るための知識も積極的に蓄えていきましょう。

次回は、仮想通貨を扱う上で注意しなければならない送金ミスや利益を得た際の税金海外取引所を利用する際のリスクなど、仮想通貨の危険について解説します。

関連:人気通貨別の仮想通貨取引所おすすめランキング

寄稿者:マキ@maki_coin
2017年から仮想通貨投資を始めたフリーランスの主婦ライター。 投資初心者向けに、仮想通貨に関する用語解説やプロジェクトの概要解説、ホワイトペーパーの翻訳等を行う。海外プロジェクト公式の翻訳・PR記事作成や、複数の仮想通貨メディアへ寄稿中。

マキさんの寄稿記事

1 「仮想通貨ってなに?」初心者向けに解説

仮想通貨(暗号資産)の仕組みや、仮想通貨と混同されやすい電子マネーとの違いなどをご紹介

2 「仮想通貨に使われる”すごい技術”」初心者向けに解説

仮想通貨が価値を持ち、注目される理由の根幹である「すごい技術」について、わかりやすく解説

3 どれを買えばいい?仮想通貨銘柄の選び方

数ある仮想通貨の中から、国内でも多く取引されている主要な銘柄の特徴を解説。銘柄選定や売買時のリスクにも触れながら、理解を深めていきましょう。

4 仮想通貨取引所の開設方法とは?トレード前に知りたい注意点まとめ

実際に仮想通貨を売買する「取引所」の口座開設方法や、利用時の注意点について解説。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/10 土曜日
14:00
Yuga Labsら、BAYC販売をめぐって訴訟に直面
BAYCなど人気NFTを提供するYuga Labsらが米国で集団訴訟に直面している。訴状は、被告が著名人を使ったプロモーションで不適切な宣伝・販売を行っていたと申し立てている。
12:00
DEA、ゲームギルドのYGG SEAと提携
DEAは8日、世界最大のDAO型ゲーミングギルド「Yield Guild Games(YGG)」のサブDAOである東南アジア拠点のYield Guild Games Southeast Asia(YGG SEA)との提携を発表。GameFiの市場拡大・普及を目的に協業し、マーケティング・プロモーションなどの活動を行う。
11:30
ETH「Shanghai」、イーサリアム売り圧への影響は?
ステーキングされたイーサリアムの出金開始時期の目安が定まり、市場参加者の間では市場価格への売却圧力になるかどうか関心が高まっている。ロックアップされた総量は1,560万ETH(約2.6兆円)だ。
10:44
The Block、CEOがアラメダからの過去の融資を隠蔽
仮想通貨メディアThe BlockがFTXグループから数十億円規模の融資を受けていたことが判明。前CEOは情報開示を行っていなかった責任を取って辞任した。
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧