CoinPostで今最も読まれています

Binance CEOが語る日本進出の噂の真相

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

*写真は1月10日に撮影されたものです

Binance日本進出の噂の真相
Binanceが日本に本社を移すという情報は誤報とのことです。CoinPostの過去のインタビューでもCZ氏がBinance日本支社設立に意欲的な姿勢を見せた事について取り上げたことがありましたが、その方針に変更があったようです。

2月6日、Binance CEO Changpeng Zhao氏(以下、CZ氏)と3度目のインタビューを終え、日本進展の真相や仮想通貨界隈の現状について伺うことができました。

Binanceの日本進出の真相

最近、以下のような写真が拡散され、Binanceが日本に本社を移すのかと噂がされました。

さらにBinanceホームページから日本語が取り除かれ、Binanceが日本から撤退するのか、遂に日本支社設立か、など様々な噂も広まりました。

■中国のマーケットニュースアプリ(非小号)のスクリーンショットが憶測を生んだ

■Binance側の要求により、後に表記を訂正した

CoinPostの過去のインタビューでもBinance日本支社設立について取り上げたことがありましたが、Binance社ではその方針に変更があったようです。

同じ頃Coincheckのハッキング事件が起き、それをきっかけにBinanceのネガティブな噂が広まりました。

結論から話しますと、

  • Binanceが日本に本社を移すという情報は誤報
  • 初めからBinanceは東京支社やオフィスを持っていなかった

ということになります。

過去のCoinPostの独占インタビューでは、CZ氏は日本の金融庁登録を目指すこと、また日本支社の設立に対する意欲を示していました。

しかし、それは撤回となったようです。

ホームページから日本語が取り除かれた理由としては、日本の金融庁から日本語を取り除くよう指示があったため、CZ氏はその指示に遵守したまででした。

インタビューでCZ氏は、以下のように述べています。

初めからバイナンス東京支社やオフィスは存在しませんでした。

台湾にもオフィスは存在しませんが、本社登録はケイマン諸島に置き、チームはブロックチェーンのように世界中各地で働くスタイルとして活動をしていきます。

さらにCZ氏はコインチェックハッキング事件についても言及し、取引所がどのようにハッキングされたかという点に強い疑問を示しました。

同時に、コインチェックの支援にも積極的な姿勢を見せ、CZ氏の良心的な人柄が垣間見える場面もありました。

私は公に公開されている情報しかわかりませんが、どのようにしてコインチェックがハックされたのか詳細を待っています。

現在ログファイルを解析中だそうですが、もし彼らにセキュリティエンジニアが必要であれば私は手助けをしたいと思っています。

Binance社はセキュリティの安全面をできるだけ完璧なものに近づけるために多大なる資源(人材・時間)を費やしています。

大手取引所がハックされたことにより不安になることは十分理解できますが、一つの銀行が強盗にあったからといって全ての銀行が強盗にあうわけではない、とCZ氏は言います。

CZ氏は、インタビュー内でバイナンスのセキュリティについて以下のように言及しています。

私がセキュリティの詳細を話せば、延々と話すことができます。

ネットワーク、インフラ、従業員、ソーシャルネットワーキング、ハードウォレットなど、多種多様なセキュリティが存在しますが、現時点でバイナンスはハックされたことがないので安全だということは保障できます。

まとめ

Binanceは日本の金融庁で登録されていない海外取引所であるため、様々な方面で議論の対象となる場合があります。

CoinPostでも、日本の金融庁で登録されない限り、Binanceの紹介制度は利用しない事を決定致しました。

しかしCoinPostでは、仮想通貨取引量世界一を記録したBinanceの情報は、今後の仮想通貨界隈を左右することもあり得る重要情報であると考えています。

よって、インタビューで得た情報、またはBinanceに関するニュース情報等は今後も継続して投資家の皆様に発信し続けていく予定です。

また、ビットコイン下落に影響したTetherについてや、Bianceの今後についても取材した インタビュー全文は後日更新していきます。

※2月8日追記

記事に対する疑問がいくつか寄せられていましたので回答致します。

CoinPostが以前2回行なったインタビューでもCZ氏が話していたように、Binanceが日本で活動を行っていたことは事実であり、前回のインタビュー時は、金融庁登録を目指し日本から円建ての取引所を作ることにも意欲を見せていました。

よって今回のインタビューとの間の期間に、何かしらの動きがあったと考えられます。

ただし、日本で活動していた拠点は下請会社を通してという形であったため、日本には公式な支社はなかったということになります。

また今回のインタビューでも語ったように、CZ氏は『本社の日本移転』は完全に誤報としています。

Binance社の本社はケイマン諸島にあり、香港、台湾、日本にはありません。

インタビューを計3回行いましたが、過去のインタビューの時と状況が大きく異なるため、以上を補足文章として付け加えさせていただきます。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア