CoinPostで今最も読まれています

【Vol.2】Binance:金融庁の正式な登録を弁護士と相談、実現したら円建ての取引が可能に

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Q.Binance取引所の上場コイン選抜プロセスを詳細に教えてください
A.プロジェクト創業者から上場申請書が提出され、Binanceのレビューチームによって、プロジェクトのコンセプト、チーム、商品、ソースコード、コミュニティなどの多くの要素を採点します。上場のタイミングはプロジェクト開発者を含め誰にも公開しません。
Q.今後の日本市場、またアジア市場の展望についてはどのようにお考えでしょうか?
A.日本市場は今後5~10年後、世界的な仮想通貨大国になると考えています。Binanceが正式に金融庁に登録されれば、多くのICOプロジェクトが日本から発信することになるでしょう。

Binanceは、2017年7月に設立されて以来急成長を遂げ、わずか5ヶ月ほどで24時間取引量世界一を記録した香港の取引所です。

インタビュー記事の第1編では、世界一の取引所としてのBinance、という視点からのインタビュー内容をお届けしました。

【Vol.1】Binanceはいかにして世界一の取引所となったのか
Binanceは、2017年7月に設立されて以来急成長を遂げ、わずか5ヶ月ほどで24時間取引量世界一を記録した仮想通貨取引所です。Binanceがいかにして世界一の取引所となったのか、そして今後についてのインタビューをお届けします。

本記事の第2編では、「Binanceのサービスと今後」と題しまして、Binanceが取引所運営に並行して進めているプロジェクトや、日本を含めたアジア圏のサービス展開についてのインタビューをお届けします。

LaunchPad, Labsなど取引所以外の質問

―Binance Labs を使ってICOをする利点とは?

ほぼ完全に保証されたICOプラットフォームです。

Labsのプロジェクトは高い確率でICOできます。

Binanceチームに選抜されれば、ほぼ確実にICOをすることが可能な上、我々は各プロジェクトに合ったICOストラクチャーをアドバイスします。

そしてLabsを使いICOをすれば、Binanceの取引所に上場されます。

現状、Binanceに上場を申し込むICOプロジェクトの上場採用率は2%にしか過ぎません。

BinanceでICOをし、取引所に上場した場合、BNBコインはそのプロジェクトに活用されるのでしょうか?

まずBinanceのプラットフォームを利用しICOを試みるプロジェクトに、資金調達をビットコインやイーサリアムの他にBNBコイン(50%)でするように促しています。

過去のGifto及びBreadはICOの際にBNBコインも活用し、それからBNB値は5000倍にもなったので両者ともに満足気でした。

さらに全ICOプロジェクトのエコシステムにできるだけBNBコインを取り込むように要求します。

これはあくまでマストではなく推薦なので、開発者らがBNBを採用することは任意です。

そのリターンとして、Binanceはそのプロジェクトをプロモーションをします。

Binance取引所の上場コイン選抜プロセスを詳細に教えてください

初めにプロジェクト創業者、企業CEOは上場申請書を提出します。

申請書提出後、Binanceのレビューチームによって、プロジェクトのコンセプト、チーム、商品、ソースコード、コミュニティなどの多くの要素を採点します。

合格すれば、我々から通知があり、次のステップとして上場手数料、BNBコイン取組などのコマーシャル関連の話をします。

上場のタイミングはプロジェクト開発者を含め誰にも公開しません。

仮に開発者らが上場の情報をメディアなどに公開した場合、残念ながら上場を取りやめることになります。

過去にそのような事例がありました。

Binance取引所でICOを試みる開発者にアドバイスをお願いします

プロジェクトの早い段階で我々に連絡することを勧めます、なぜならBinanceが求めるICOストラクチャがあるからです。

さらにBinanceICO前に、プロトタイプを導入しているプロジェクトは大きなアドバンテージがあります。

個人的に、コンセプト売りのプロジェクトがICOをした後に開発をする企画はあまり好みません。

私の理想は個人資金である程度プロトタイプを開発し、コンセプトを作り上げた後にICOをするプロジェクトです。

先ほども言ったように今後もICOプロジェクトは増えていくでしょう。

逆に私は、今後資金調達方法としてベンチャーキャピタルを選択する方を理解できません。

ICOに比べてVCはとても複雑なステップを踏む必要があるため、今後資金調達としてVCはなくなるでしょう。

ICOによって資金調達市場は覆されたでしょう。

上場廃止やコンプライアンス類の質問

過去に上場廃止した事例はありましたか?

幸い我々の判断で上場廃止した事例はありませんでした。

昨年9月中国の規制により5つのコインを上場廃止せざるを得ない事例はありましたが、その内四つは上場再開できています。

今年は多くのコインを上場させる予定のため、政府規制・詐欺・成績不振などの理由で今後いくつか上場廃止事例はでてくるでしょう。

仮に今後、政府の方針により上場廃止しなければいけない状況になった際はどのような対応をとるのでしょうか?

正直なところそのような状況になった場合どうなるか全く想像できません。

おそらく、弁護士に相談し、次に規制機関に会談を求めることになり、廃止理由、許される範囲などを明確にします。

我々はもちろん各国の法令に遵守し、どの法令を破るつもりはありません。

仮に日本政府がイーサリアムの取引を禁止した場合、日本国だけでイーサリアムの取引を廃止させます。

とても扱いにくいトピックで、規制状況は明白ではないですが、我々の世界のユーザーに自由な権力を与えつつ、各国の法令に遵守したいと考えます。

日本社設立の進展・アジア市場の展望

前回のインタビューでは、金融庁の正式な登録をし、日本社の設立をするとおっしゃいましたが、それから進展はありましたか?

あれから大きな進展はありませんでしたが、我々はこの分野のプロである弁護士らに相談しています。

取引所が通常通り登録を再開すれば、本格的に日本社登録に努めます。

日本社が設立されれば円建ての仮想通貨投資が可能になります。

今後の日本市場、またアジア市場の展望についてはどのようにお考えでしょうか?

日本政府は仮想通貨などを受け入れるスタンスなので、日本市場は今後5~10年後世界の金融パワーハウスになると考えます。

それにより世界中の投資家が日本に流れ込みます。

それに加え、バイナンスが正式に東京支社を登録すれば、多くのICOプロジェクトが日本から発信します。

よって、私は日本市場がとても有望だと考えます。

五年後今を振り返ると、今日の判断が後の金融パワーハウスを決めると思います。

仮想通貨をより受け入れる国が、その面で成功を修めるでしょう。

昨日ジェイミーダイモン氏も仮想通貨を詐欺だという言及にたいして謝罪しましたよね。

すべてのフォークをサポートとすると公言しましたが、これは今後も続くのでしょうか?

二つのタイプのサポートが存在します。

まずフォークが実行されたときユーザーにフォークコインを配布します。

二つ目は取引所でトレードが可能になるかです。

今までも同じでしたが、我々はフォークコインを配布しましたが、ほとんど取引を行うことはありません。

取引を扱うとしたら、2%くらいの確率でしょう。

ハードフォーク後のコイン配布に関しては私たちのサポートはある時点で廃止すると考えています。

また、私個人の考えとしまして、ハードフォークは好きではありません。

その理由として、本来フォークをするならビットコインを改善するための目的であるべきですが、実際にビットコインを改善するプロジェクトはこぐ僅かとなるからです。

また、配布されたと同時に売りが先行し、価格が大幅に下落するからです。

これまでのフォークはただ利用者を勝ち取るためだけのフォークだった気がします。

今後みなさんがハードフォークにて配布があるからという理由でコインを手にしようという傾向がすぐにでもなくなることを願っています。

それは、私たちは本物のプロジェクトや、チェーン、革新的なアイデアを特に応援したいと考えているからです。

バイナンスエンジェルにはどのようになるのですか?

Telegramなどのバイナンスコミュニティ内で、活発に的確な情報を提供する方が他のBinance Angel二名に推薦されたらエンジェルになれます。

今までエンジェルは無償でしたが、今では少し利点があります。

BinanceプラットフォームでICOをする際、少数の割合をエンジェル用に残します。

もしそのコインに投資をしたいエンジェルがいれば、エンジェル枠を使い志願することができるのです。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア