アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

07/30 木曜日
13:20

マネージドAPIサービスの開始に関するお知らせ

Bloq ConnectマネージドAPIサービスにEthereumとEthereum Classicのサポートが追加されたことを発表。これに伴い、開発者はアプリケーションをEthereum ClassicとEthereumブロックチェーンに簡単に接続して統合することが可能となった。
[出典元]
07/29 水曜日
11:54

Ethereum.org翻訳プログラムに関するお知らせ

Ethereum.orgが30の言語サポートを発表。今日までに、52の言語グループからの467人のボランティアが、英語を母国語としないコミュニティがethereum.orgにアクセスできるように支援。これらのボランティアにより、ethereum.orgへの全トラフィックの16%が英語以外のバージョンのサイトに向けられている。
[出典元]
11:13

ウェビナーシリーズに関するお知らせ

2020年08月06日21時からDavid Garcia氏、Mable Jiang氏、Rui Zhang氏によるアルゴランド・アジア・アクセラレータ・プログラムのウェビナーシリーズを開催。ブロックチェーン上での価値創造について議論を行う。
[出典元]
10:33

セマンティックフレームワークに関するお知らせ

2020年07月29日、正式なセマンティックフレームワークを開発したことを発表。Runtime Verification Inc.は、コンピューティングシステムの安全性、信頼性、正確性を向上させるためのフォーマルな手法を適用。フォーマルセマンティクスとランタイム検証技術を作成し、使用することで、開発者が言語、プロトコル、一般的に計算するものの実装やツールに対する信頼性を高めることが可能となった。
[出典元]
07/28 火曜日
11:13

Clarityスマートコントラクトとのトランザクションに署名するアプリ

Blockstack Connectの新バージョンは、Stacks 2.0 Testnet上でClarityのスマートコントラクトでトランザクションに署名するアプリを構築したい開発者向けに提供されている。また開発者は、ユーザーがあらゆる種類のトランザクションの署名を確認できるダイアログを開くために、単一のJavaScript関数を呼び出すことが可能となった。
[出典元]
10:58

COVID後の世界におけるデジタル資産の役割

David Schwartz氏とBarry Eichengreen氏が世界経済の現状と、ポストCOVID気候の中でデジタル資産がどこにフィットするかについて議論を行った。
[出典元]
07/27 月曜日
11:10

eth2バリデーターランチパッドのリリースに関するお知らせ

eth2バリデーターローンチパッド(テストネットバージョン)のリリースを発表。近日公開予定のMedallaマルチクライアントテストネットを追跡して入金できるように、現在リリースしているが、メインネットの立ち上げに向けた準備段階では、引き続きインターフェイスの微調整を行っている。
[出典元]
07/24 金曜日
12:23

IDEX編プロモーション・ビデオ

アルゴランド・アジア・アクセラレータでは、シード資金1万5千ドル、追加投資最大25万ドルで、スタートアップを支援。また、単なる資金提供だけではなく、業界著名人メンターたちによるアドバイスも提供。
[出典元]
11:42

Wanchainクロスチェーンアセットをサポートへ

WanchainエコシステムのクロスチェーンアセットのサポートすべてをXPOSデバイスに統合することを発表。WANことWanchainネイティブコイン、WBTC、WEOS、WETHなどのアセットは、仮想通貨としてXPOS POSシステムに追加され、世界で700,000を超えるXWalletユーザーが簡単にアクセス可能となった。
[出典元]
07/23 木曜日
11:09

eth2クイックアップデート No. 13

2020年08月04日22時、Medallaマルチクライアントテストネットのリリースを発表。また、最初のベータ攻撃ネットが稼働し、eth1 + eth2合併のエキサイティングな進展を更新。
[出典元]
11:03

 Stacks 2.0 Hackathonシリーズの紹介

2020年07月29日から、高い需要によりClarity Hackの開始を発表。また、条件を満たしたユーザーへの特典付与や、「ハックスタック」などについて紹介している。
[出典元]
07/22 水曜日
10:05

ウィークリーレポート(2020年07月15日 - 07月21日)

約1億5000万ドル相当のONTがOntologyにステークされたことを発表。また、新しいOntologyノードとステークイールド計算機を立ち上げ、Ontology上でのステークイールドをこれまで以上に簡単にカウントすることが可能となった。
[出典元]