Mina Protocol 情報(日本語要約)

02/24 水曜日
11:16

セキュリティ監査とNano S/Xハードウェアウォレットへの統合を発表へ

O(1) Labsは、Least AuthorityにMinaレジャーアプリケーションのセキュリティ監査とNano S/Xハードウェアウォレットへの統合を実施することを発表。Mina Protocolの最終的な監査報告書は、2021年2月5日に完了している。
[出典元]
02/19 金曜日
19:40

SNARKの検証を目的とした提案依頼書(RFP)を発表

2021年2月17日、Mina FoundationとEthereum Foundationは、Ethereumブロックチェーン上でSNARKアプリケーションを可能にするための提案依頼書(RFP)を発表。RFP(提案)は、6週間受け付けており、Ethereum仮想マシン上でPickles SNARKの検証が可能な仕組みを設計・実装することを目的とした提案を受け付けている。
[出典元]
11:09

ブロックチェーンは金融を民主化する

Slow Ventures社とOpen Money Initiative社のJill Carlson氏は、Decrypt Dailyのポッドキャストにてブロックチェーンは金融を民主化すると述べた。同氏はMinaブロックチェーンのコンパクト化により、各ユーザーがノードを運営し、分散型エコシステムに参加することが容易になると考えている。
[出典元]
02/16 火曜日
16:28

複数の理事会メンバーと共にMina Foundationを発足へ

Mina Foundationは、貢献度の高い第三者にグラントを提供し、コミュニティ資産を維持・管理することで、プロジェクトの支援を行う非営利団体である。2021年2月16日、Zcash Foundationの元エグゼクティブ・ディレクターであるジョシュ・シンシナティ氏、Slow Venturesの代表であるジル・カールソン氏、Interchain GmbHのエンジニアリング担当副社長兼、Tendermint Coreの開発者であるテス・リナーソン氏、国際管理サービスのファンド・ディレクター兼共同法律顧問であるショーン・イングス氏、Mina ProtocolをインキュベーションしたチームであるO(1) LabsのCEOであるエヴァン・シャピロ氏を含む理事会メンバーと共にMina Foundationを発足。
[出典元]
02/09 火曜日
16:38

Mina ProtocolのパートナーであるFinoaについて

Mina ProtocolのパートナーであるFinoaは、デジタルアセットの世界をナビゲートするゲートウェイとしての役割を果たすグローバルなデジタルアセットカストディアンである。Finoaは、機関投資家や企業に対するカストディの提供だけでなく、ステーキングサービスの提供も行う。
[出典元]
02/02 火曜日
16:43

Mina Protocolはスケーラビリティの向上と攻撃耐性を有するプロトコル

2021年2月2日、DeFi(分散型金融)のための金融モデリングプラットフォームであるGauntletは、世界最軽量のブロックチェーンであるMinaに関する調査レポートを発表。レポートによると、Mina Protocolはzk-SNARKの採用によってスケーラビリティを向上させるだけでなく、51%攻撃等に関する耐性があることを説明している。
[出典元]
12/17 木曜日
16:50

「Testworld」テストネットに関するお知らせ

2020年12月17日、世界最軽量のブロックチェーンであるMina Protocolは、メインネットでの脆弱性発見に伴い、ネットワークの回復力を確保するために、テストネット「Testworld」の開始を発表。また、同時にバグバウンティプログラムの開催によって、供給総量の最大1%に相当するトークンを報酬として獲得することができる。
[出典元]
11/02 月曜日
16:54

Mina Protocolは投票に関する検証を行うソリューションを発表へ

O(1) Labsが開発したMina Protocolは、ユースケースの1つとして、投票に関する検証を行うソリューションを発表した。Minaは、身元を明かすことなくデータの検証を可能にするゼロ知識証明という数学的概念を用いている。メインネットがローンチすると、開発者はMinaを使用して検証可能なSNARKを搭載したスマートコントラクト(Snapps)を作成し、支払い、ローンの利用資格、データの所有権、ID、そして投票数など、あらゆるタイプのデータの検証を可能にする。
[出典元]
10/21 水曜日
19:38

O(1) Labsは戦略的投資ラウンドでの調達を発表へ

世界最軽量のブロックチェーンであるMina Protocol(旧Coda Protocol)を開発したO(1) Labsは、アジア各地のパートナーから戦略的投資ラウンドで1,090万ドルの調達を発表。この投資ラウンドには、Bixin VenturesとThree Arrows Capitalで、SNZ、HashKey Capital、Signum Capital、NGC Ventures、Fenbushi Capital、IOSG Venturesなどが参加している。
10/08 木曜日
19:55

Joon Kim氏が、O(1) Labsの顧問に就任へ

2020年10月8日、アジアを中心に事業を展開するステーブルコインに特化したブロックチェーン企業であるTerraの元顧問であるJoon Kim氏が、O(1) Labsの顧問に就任した。O(1) Labsは、Mina Protocol(旧Coda Protocol)の構築を行うチームである。
[出典元]
09/29 火曜日
20:08

Coda Protocolは最軽量ブロックチェーンであるMina Protocolとして再ローンチへ

2020年9月29日、Coda Protocolは最軽量ブロックチェーンであるMina Protocolとして再ローンチされた。Minaは再帰的なzk-SNARKをデプロイし、ブロックチェーンのサイズを変えることなく、誰でも数秒でチェーンを同期し、ブロックチェーンのアクセシビリティの新時代を切り開く。Minaに参加するユーザーが増えれば増えるほど、コミュニティとネットワークの安全性、安定性、堅牢性が向上する。
[出典元]
09/18 金曜日
20:17

「Testworld」テストネットへの参加者の募集開始へ

Mina Protocolの「Testworld」テストネットへの参加者は、ネットワークの脆弱性を発見することで、総供給枚数の最大1%のトークンを報酬として獲得できる。参加者はMina Foundationからのデリゲーションを獲得できるほか、メインネットのブロック生成者となることを支援するGenesisトークン・グラント・プログラムの対象となる。
[出典元]