NEM 情報(日本語要約)

11/03 火曜日
11:13

ハイブリッドブロックチェーンによる長所の活用方法

ハイブリッドシステムなら、低価格、スピード、プライバシー、セキュリティといったパブリックチェーンとプライベートチェーンの全利点を享受可能。Symbolのパブリックテストネットは、アイデアを試すのに最高の場所であるため、開発者向け資料で利用方法を確認の上、NEMコミュニティにアクセスし、質問を投げかけ、ハイブリッドチェーンシステムでできることを探求してみよう。
[出典元]
10/28 水曜日
21:48

Simplexとの提携に関するお知らせ

2020年10月28日、不換紙幣インフラの大手プロバイダーであるSimplexと提携し、NEMのネイティブトークンであるXEMを、取引所、ブローカー、ウォレットを含むSimplexのグローバルなパートナーネットワーク全体でクレジットカードやデビットカードで購入可能にすることを発表。
[出典元]
10/20 火曜日
14:52

プロのトレーダーからXEMの取引術を学ぶ

HedgeTradeの最高経営責任者Dave Waslen氏とNEM Trading責任者Nick Pelecanos氏が両社のパートナーシップと、このパートナーシップからNEMコミュニティ、HedgeTrade、そしてトレーダーが受ける利益についてインタビューされており、その見解について紹介している。
[出典元]
10/16 金曜日
16:08

StakeHoundCEOのAlbertCastellana氏によるインタビュー動画

NEMShowのこのエピソードでは、AlbertCastellana氏による約15分のインタビュー動画を更新。StakeHoundはDeFiwrappedXEM上とNEMと提携している。
[出典元]
10/12 月曜日
0:23

BlockchainJamへの参加に関するお知らせ

2020年、NEMのBlockchainJamへの参加が決定。BlockchainJamでは、NEMグループのコアチームブランド・アンバサダーであるジェフ・マクドナルド氏が登壇する。
[出典元]
10/10 土曜日
23:58

ノードセットアップの同期時間を短縮するためのソリューションを開発

Storj、IoDLTとNEMは、古いノードの再構築や新しいノードのローンチなど、Symbolネットワーク上のノードをセットアップする際の同期時間を短縮するために、独自のストレージソリューションを開発。Tardigrade Connectorは、ノードをオンラインに戻すのにかかる時間を合理化し、パブリックチェーンへのアクセスとプライベートチェーンへのアクセスの両方に非常に有用であり、ブロックチェーンの展開に必要な速度を劇的に向上させる。
[出典元]
0:23

Hummingbotでの流動性マイニングパートナーシップ

Hummingbotは新たなパートナーシップを発表。このパートナーシップとキャンペーンは、NEMがネットワークを強化し、XEMトークンへのアクセス性を高めるために、DeFiへの次なるステップの一環として行われる。流動性マイニングは、流動性を提供したトレーダーに報酬を与えるもので、当初はXEMトークンに焦点を当てるものの、Symbolのローンチ後、XYMトークンも含まれる可能性がある。
[出典元]
10/07 水曜日
15:34

Propineとパートナーシップ及びWong Liang Zan氏とのQ&A

2020年10月07日、Propineとのパートナーシップ締結を発表。Propineとのパートナーシップにより、ユーザーはSymbol上でトークン化証券を発行、保管、管理、カスタマイズが可能。また、Propineの完全にコンプライアンスに則した保管サービスを利用し、トークンを安全に保持および供給ができる。そして、Wong Liang Zan氏とのQ&Aを行った。
[出典元]
10/05 月曜日
13:15

StakeHoundとのパートナー協定により流動的なステーキングを提供へ

2020年10月05日、StakeHoundとの提携を発表。また、StakeHoundはステーキングとDeFiを統合し、トークンへのアクセスをより容易にする新たなプラットフォームとなる。
[出典元]
09/29 火曜日
15:10

デイビッド・ショー氏によるNEMグループの紹介

NEM GroupのCEOであるデイビッド・ショー氏が、NEMエコシステム、Symbol、NEM NIS1についての優先事項を紹介。
[出典元]
09/26 土曜日
16:45

Symbolのテストネットがローンチへ

2020年09月26日、NEMシンボル0.10.0のローンチを発表。
[出典元]
09/23 水曜日
19:28

Q3 2020 AMA 質問と回答

2020年Q3、NEMはAMAの開催によって44個のQ&Aを発表。Q&Aでは、Symbolに関する質問と回答も多くまとめられている。
[出典元]