CoinPostで今最も読まれています

暗号資産を歩いて稼ぐ、フィットネス系NFTゲーム「STEPN」とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

STEPNとは

ヘルスケア/フィットネスアプリの「STEPN」は、ウォーキングやランニングなどの歩数に応じて暗号資産(仮想通貨)を稼ぐことができる「Move to Earn(M2E:ムーブトゥアーン)」というジャンルのNFT(非代替性トークン)ゲームです。

ゲームのプレイで得られる報酬額は、保有する靴(デジタルシューズ)のレアリティや性能によって大きく変わります。

2021年12月にローンチしたばかりの「STEPN」は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で運動不足に陥りがちな社会人や個人投資家の健康促進につながるとして、日本国内でも急速に人気が高まっています。

関連:「STEPN」のビジョンとは|グリーンなWeb3.0が築くカーボンニュートラルな世界

Web3市場に着目する機関投資家からの注目度も高く、2022年1月には、暗号資産業界で名の知れたベンチャーキャピタルであるSequoia CapitalIndiaとFoliusVentures主導のシードラウンドにて、Solana Ventures、Alameda Researchなどから500万ドル(約6億円)を調達しました。

目次
  1. STEPNの基礎知識
  2. スニーカーの種類と性能
  3. STEPNのはじめ方
  4. ソラナ(SOL)の買い方

STEPNの基礎知識

ゲームをプレイするのに必要なNFT(非代替性トークン)の靴を購入するためには、ソラナブロックチェーン上のソラナ(SOL)か、BNBチェーン上のバイナンスコイン(BNB)のいずれかが必要となります。

SOLは、2022年2月15日より、日本国内の暗号資産取引所「FTX JAPAN」が日本で初めて取扱を開始しました。国内唯一の取扱いであり、海外取引所を利用せずとも日本円でSOLを購入することができます。

関連FTX Japan 2月21日より仮想通貨・法定通貨出金再開へ

デジタル・スニーカーとは、NFT(非代替性トークン)形式で発行されるSTEPNアプリ内のゲームアイテムであり、デジタル資産です。

スニーカーの種類と性能

スニーカーの種類としては、以下の4つがあります。

  • Walker (適正速度:1-6 km/h、報酬:4GST/エネルギー)
  • Jogger (適正速度:4-10 km/h、報酬:5GST/エネルギー)
  • Runner (適正速度:8-20 km/h、報酬:6GST/エネルギー)
  • Trainer (適正速度:1-20 km/h、報酬:4~6.25 GST/エネルギー)

散歩などで使うウォーキング、ゆっくりと走る有酸素運動目的のジョギング、高速で走るランニング、全用途で使えるトレーナー・・・と、用途に合わせた4種類の靴が用意されています。

靴には「適正速度」が設定されており、適正速度より速かったり遅かったりすると獲得できる報酬(GST、GMT)が減少するので、自分に合った靴を選びましょう。

また、スニーカーの性能は、以下のステータスで構成されます。同じレアリティのスニーカーでも、初期値(個体値)が異なります。

Efficiency(効率性)

Efficiency値は、消費エネルギーあたりのGSTの採掘報酬に影響します。収益に直結する「Efficiency」は特に重視されやすいステータスです。

Luck(運)

Luck値は、ランダムでジェムの入った「ミステリーボックス(宝箱)」のドロップ率に影響します。ジェムを装着することで、靴のステータスに補正倍率(バフ)がかかります。Luckとエネルギーが高ければ高いほど、ミステリーボックスのレアリティが上昇し、よりレベルの高い高価なジェムを入手しやすくなります。

Comfort(快適性)

Comfort値が高いほど、消費エネルギーあたりのGMT収益が向上します。スニーカーを最高レベルの「Lv30以上」まで上げる必要がありますが、2022年6月2日時点では靴によるGMT採掘報酬は未実装です。

Resilience(回復力)

Resilience値が高いほど、靴を履いても劣化しにくくなり、「リペア(修復)」代が減少します。スニーカーレベルが上がるほどリペアに必要なコストがGSTで掛かるため、Resilienceの数値は収益効率につながります。

靴のレアリティ

各スニーカーには、以下5種類のレアリティが存在します。

  • Common(初期ステータスの範囲:1-10)
  • Uncommon(初期ステータスの範囲:8-18)
  • Rare(初期ステータスの範囲:15-35)
  • Epic(初期ステータスの範囲:28-63)
  • Legendary(初期ステータスの範囲:50-112) *2022年6月2日時点では未実装

靴の性能や靴にジェムを装着するための「ソケット」は、スニーカーボックスからの誕生時にランダム決定されます(ソケットには遺伝の要素があり、一定の法則性はあります)

保有する靴は、GSTやGMTの消費でレベルアップが可能です。レベルアップごとに靴のレアリティに応じて4~12ポイントが付与され、好きなステータスに割り振ることができます。

また、靴を履いていると使用量に応じて消耗し、修復(Repair)が必要となります。

耐久度が50以下になると、スニーカーの採掘報酬(Efficiency)が90%まで低下し、耐久度が20を下回ると10%まで低下する仕様になっているため、リアルのスニーカー同様、定期的なメンテナンスが必要です。

エネルギーとは

GSTやGMTの採掘報酬を増やすためには、エネルギーの要素も大切です。

プレイ開始時の最大エネルギーは「2」となっており、1エネルギーにつき5分間GSTを採掘することが可能です。エネルギーの最大値は、靴の保有数や保有靴のレアリティボーナスによって増やすことができます。

エネルギーが底を付き「0」になると、どれだけ運動しても報酬を獲得することはできません。エネルギーは一定時間経過すると自動回復します。日本時間では、「4時・10時・16時・22時(6時間ごと)」に、最大値の1/4ずつ回復します。

STEPNは2022年6月2日現在「オープンβ版」というテスト期間であり、今後、靴の「レンタルシステム」や「ランニングモード(マラソン大会)」など、さまざまなアップデートが予定されています。

配合・鋳造(mint)の仕組み 

Lv5以上に育成した靴を2足以上保有していると、配合(mint)でGST+GMTコストを消費することで、新しい靴を誕生させることが可能となります。

下図は、新しいスニーカーボックスが誕生した瞬間です。

スニーカーボックスの中身から何が出るかは、開封してからのお楽しみ。運が良ければ、1つ上のレアリティの靴が入手できることもあります。mint代は、過去のmint数が多い靴ほどコストが嵩む仕様となっており、mint上限は最大7回までです。

STEPNのはじめ方

まず、STEPN公式サイト(https://stepn.com/)内からアプリをダウンロードします。PC版はなく、スマートフォン(iOS/Android)のみで利用可能です。

アプリを起動すると以下の画面が現れるので、メールアドレスを入力して「Send code」をタップ。入力したアドレス宛てに来た確認コードを入力してから「LOGIN(ログイン)」ボタンをタップします。

*2022年6月現在、新規プレイヤーが急増したために入場規制がかかり、プレイを始めるためには「Activation code(招待コード)」が必要です。

暗号資産(仮想通貨)報酬の入手方法

STEPNには、GST(Green Satoshi Token)とGMT(Green Metaverse Token)の2種類のトークンが存在しています。

GST(Green Satoshi Token)とは

ゲーム内の「ユーティリティトークン」として機能しており、保有GSTを消費することで、さまざまな行動が可能となります。

  • 靴のレベルアップ
  • 靴のリペア
  • 靴同士のmint
  • ミステリーボックスの開封
  • ジェムのアップグレード

GMT(Green Metaverse Token)とは

GMTトークンは、STEPNの今後の運営方針などを決定する投票権(議決権)としても機能することが予定される「ガバナンストークン」です。 GSTと異なり発行上限があり、最大供給量は60億枚です。

関連:STEPNの「GMT(Green Metaverse Token)」とは|主な特徴と注目ポイントを解説

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。
13:00
SEC弁護士2名が辞任、「重大な権力乱用」と非難受け 
米仮想通貨企業Debt Boxに対する訴訟において、連邦地裁が「重大な権力乱用」を理由に米国証券取引委員会に制裁を課したことを受け、同委員会の担当弁護士2名が辞任したことがわかった。
12:00
「スイス中銀はビットコインを準備資産に持つべき」2B4CHが提唱
スイスの仮想通貨擁護団体「2B4CH」は、スイス国立銀行がビットコインを準備金として持つことを提唱している。国民投票を目指す計画だ。
11:00
米大統領候補ケネディJr氏、ブロックチェーンによる国家予算監督を提唱
米大統領選候補のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は21日、米国の国家予算をブロックチェーンに記録して透明性を高めるという考えを披露した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧