CoinPostで今最も読まれています

STEPNの「GMT(Green Metaverse Token)」とは|主な特徴と注目ポイントを解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

STEPNとは

STEPN(ステップン)は、Move to Earn(動いて稼ぐ)を採用するWeb3.0型のフィットネスアプリです。ウォーキングやランニングを通じて、暗号資産(仮想通貨)トークン(GST, GMT)を獲得できる特徴により、数百万人規模の一般ユーザーを暗号資産市場に引き込むことを目指しています。

STEPNは、高速送金かつ取引手数料が安価なレイヤー(L1)チェーンとして知られるソラナ(SOL)のブロックチェーン上に構築されており*1、独自のトークン(GST, GMT)を発行します。

*1 2022年4月、大手スポーツメーカー「ASICS(アシックス)」コラボをバイナンスIG0(イニシャルゲームオファリング)で行ったことを機に、BNBチェーンにも対応しました。

STEPNを開発するオーストラリアの「Find Satoshi Lab」は、2021年11月に開かれたソラナのハッカソンIgnitionで、500以上の参加チーム中、見事4位入賞を果たしました。

STEPNのガバナンストークン「GMT(Green Metaverse Token)」は2022年3月9日、大手取引所バイナンスのIEO(Initial Exchange Offering)ローンチパッドで1GMTあたり1.2円(0.01ドル)で販売されました。その後、バイナンスのイノベーションゾーンに上場されると、わずか1か月で31,000%の急成長を遂げて注目を集めました。

2021年12月にローンチされたSTEPNのデイリーアクティブユーザー数は、2022年5月時点で80万人規模まで拡大しています。

STEPNは、2022年5月12日時点にパブリックベータ版であり、利用にはアクティベーション(招待)コードが必要な状態です。ゲームを始めるには、アプリ内のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスでデジタルスニーカーNFTを購入する必要があります。

今後リリース予定のスニーカーレンタル機能により無料でもプレイできるようになると、STEPNのユーザーベースはさらに拡大すると予想されます。

目次
  1. Move to Earnとは
  2. STEPNのファンダメンタルズ
  3. STEPNの暗号資産GMTとは
    3-1.2種類のトークン「GST」と「GMT」
    3-2.ガバナンストークンGMT
    3-3.GMTのトークン設計
    3-4.GMTのユーティリティ
    3-5.四半期毎のGMTトークンバーン

Move to Earnとは

ゲームをプレイすることでトークンを得ることが出来る「Play to Earn(P2E)」を採用するブロックチェーンゲームは2021年にかけて流行しました。中でもNFTゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」の1日のアクティブユーザー数は21年11月のピーク時に110万人に上るほどのムーブメントとなりました。

P2Eの特徴は、プレイ報酬として獲得したトークンはゲーム内で使用したり、換金したり、DeFi(分散型金融)で運用できることです。

そして「Move to Earn」は、P2EのメカニズムにモバイルデバイスやウェアラブルのGPSデータを組み合わせた新しいコンセプトとなります。ゲーム内のステータスがプレイヤーの実際の生活とリンクしているため、トークン報酬が人々に運動を促し、健康になることにインセンティブが生まれます。

Move to Earn(M2E)は、2022年最も注目されている暗号資産カテゴリーの一つとなっています。Move to Earnを採用する別のゲームには、VC大手アニモカブランズなどが出資した「Genopets(ジェノペッツ)」があります。2021年10月のシードラウンドで約10億円(830万ドル)を調達しました。

STEPNのファンダメンタルズ

GMTトークンの価格高騰の要因は、STEPNプロジェクトが短期間でファンダメンタルズを強化してきたことが大きいです。特にバイナンスを含む大手暗号資産企業とのコラボレーションは注目を集めました。

2022年1月、STEPNは大手デリバティブ(金融派生商品)取引所FTXの親会社であるアラメダ・リサーチをはじめ、セコイアキャピタルやソラナ・ベンチャーズなどの大手投資企業から6億円相当の資金調達を完了したことを発表。同年3月6日にはバイナンスのVC部門であるバイナンス・ラボがSTEPNへの戦略的投資を発表しました。

2022年3月末には、STEPNはユーザーがアプリ内でアイテムを購入する際に、バイナンスのプラットフォームトークンBNB(ビルドアンドビルド)で決済できる機能を導入。ソラナに加えてBNBチェーンに対応することを発表しました。

2022年4月には、アプリ内取引・スワップ機能が開始されました。トークン報酬を簡単にソラナ(SOL)やステーブルコイン(USDC)に換金できるようになり、ユーザビリティが向上しています。

同月にSTEPNは大手スポーツブランド「アシックス」とのコラボ企画を発表。BNBのステーキングによってサブスクリプションへの参加チケットが配られる「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開催しました。アシックスとのコラボNFTは計1,000個、価格は0.5BNB(約2万円)で販売されました。

STEPNの共同設立者であるYawn Rong氏はプロジェクトの方針として、「今後のマルチチェーン対応とさらなるブランドとの提携を構想している」ことを公言しています。

STEPNの暗号資産GMTとは

2種類のトークン「GST」と「GMT」

出典:STEPN LITEPAPER

STEPNには、2種類のトークンが存在しています。 「GST(Green Satoshi Token)」は、ゲーム内ユーティリティトークンとして使用されます。

GSTに発行上限はありません。GSTは靴のレベルアップやリペア(修復)をはじめ、新しいスニーカーのmint(配合)、やミステリーボックス(宝箱)の開封など、多岐にわたって使用されます。

出典:STEPN LITEPAPER

一方の「GMT(Green Metaverse Token)」は、STEPNのガバナンストークンです。 レベル最大(Lv30)の靴でのみ獲得できるゲーム報酬でもあり、ゲームを有利に進めるためにアカウントステータスを強化するなどのユーティリティもあります。

GSTもGMTも、ステーブルコイン(USDC)やソラナ(SOL)などに交換してキャッシュアウトできます。一方で、ユーザーはトークンやNFTを保有し続けたり、各種ユーティリティにトークンを使用するよう動機付けされています。 STEPNは、NFTゲームとしての持続的価値を最大化するため、プレイ報酬がゲーム内経済に再投資されるよう非常に卓越した設計になっています。

ガバナンストークンGMT

STEPNでは、ゲームやマーケットプレイスで得た手数料などの利益はトレジャリー(財務)プールに預けられ、DAO(分散型自律組織)で管理されます。 そして、財務の運用はガバナンストークン「GMT」ホルダーによる投票で決定されます。投票にはGMTのステーキングが必要となり、より長くGMTをロックアップ(1ヶ月~3年間)することで、より高い投票力を得ることができます。

STEPNプロジェクトは、3つのミッションの一つに「カーボンニュートラルな社会に貢献すること」を掲げており、ゲーム利益の一部を使ってカーボンオフセットを購入することを約束しています。カーボンオフセットプログラムにどの程度予算を割くかは、GMTのステーキング参加者の投票によって決定されます。

カーボンニュートラルとは

二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスの排出量から吸収量と除去量を差し引いた合計をゼロにする事で、排出量が実質的にゼロな状態を指す。日本政府は2050年までに「カーボンニュートラル」達成を目標にしている。

▶️仮想通貨用語集

関連:「STEPN」のビジョンとは|グリーンなWeb3.0が築くカーボンニュートラルな世界

GMTのトークン設計

GMTトークンは、トークン生成イベント(TGE)で60億GMTが作成され、徐々に市場にリリースされています。毎日一定数のGMTがリリースされますが、その放出ペースは3年ごとに半減するよう設計されています。 ビットコイン(BTC)の「半減期」のようなもので供給を絞り、希少価値を高める設計と言えるでしょう。

GMTトークンの供給量推移

出典:STEPN LITEPAPER

GMTトークンの配布分布は、以下の通りです。 エコシステムファンド(トレジャリー)に発行量の30%、プライベートセール参加者に16.3%、バイナンスLaunchpadセール参加者に7%、開発チームに14.2%、アドバイザーに2.5%が配布されます。

発行量の30%(18億GMT)は、Move to Earnとガバナンスへの参加報酬として配分されています。GMTのリリース量は3年毎に減少していくので、ゲームが普及してユーザーが増加するほど需給が引き締まることになります。

トークンの配布内訳

出典:STEPN LITEPAPER

初期投資家やアドバイザー、開発チームといった所謂インサイダーへの配分は計30%程に抑えられており、他の暗号資産関連プロジェクトと比べてもフェアなトークン分布となっています。 例えば、Genopetsのインサイダー(チーム、アドバイザー、プライベートセール)の配分は57.5%です。

GMTのトークン報酬開始目安

GMTの「Move to Earn」機能については今後実装予定となっており、2022年6月1日時点では、デジタルスニーカーを使ってGMTを直接獲得する機能はありません。

そのため、GMTの入手経路は、アプリ内ウォレット機能でソラナ(SOL)やGST、ステーブルコインのUSDCとスワップ(交換)するか、バイナンスや米コインベースなどの暗号資産取引所で直接購入するかの2択となっています。

暗号資産ソラナ(SOL)は、国内取引所Liquid by FTX(FTX JAPAN)で購入できます。

出典:STEPN LITEPAPER

GMTの「Move to Earn」機能が実装されると、レベル30以上のスニーカーを保有するユーザーが、GMTの報酬を獲得できるようになります。 獲得できるGMTの報酬量は、デジタルスニーカーのステータスに基づいて決まりますが、特に「Comfort」の値に依存します。

GMTのユーティリティ

出典:STEPN LITEPAPER

STEPNでは、バーン(焼却)メカニズムをゲーム内のユーティリティに取り入れることで、トークンのインフレを抑えるよう設計されています。 バーンは仮想通貨の一部を永久に使えないようにする行為のことで、トークンを流通市場から永久に取り除くことで価格安定性を高めます。

STEPNでは、デジタルスニーカーをレベルアップしたり修理するときに消費されたGSTやGMTはバーン(永久破壊)されます。

特にGMTは、デジタルスニーカーのアップグレード以外にも使用できます。GMTをバーンすることでアカウントのステータスを以下のように強化できることが予定されています。

  • 1日あたりのGST獲得上限を増加させる
  • ジェムのアップグレード成功率を上げる
  • シューズボックスを開けた際に、高品質なスニーカーの入手確率を高める
  • シューズの mint(配合)時に、成功確率を高める
  • 「シャーデンフロイデプール」のサブスクリプション登録により、他のプレイヤーの不運なイベント(アップグレード失敗など)から生じるGST還元を取得できるようになる

四半期毎のGMTトークンバーン

STEPNはまた、四半期ごとにNFTマーケットプレイスの取引およびロイヤルティで得た利益を使用して流通市場からGMTを買い戻し、バーンする仕組みを採用しています。

22年4月2日、STEPNはGMTトークンの四半期毎の買い戻し、及びバーンの初回実施について発表しました。 1Q(1月〜3月)の利益は198,635.62 SOL(約33億円)となり、STEPNはこの利益を使用して、1ヶ月かけてGMTを買い戻し、バーンしていく方針です。

STEPNによると、5月12日時点で流通量の10%以上にあたる6800万GMT以上がバーンされています。

22年7月12日、STEPNは22年第2四半期(4-6月)に約168億円(1億2,250万ドル)の利益を上げたことを報告。利益のうち5%(84億円)が、ガバナンストークンGMTの買い戻し(バイバック)と焼却(バーン)に使用されます。なお、収益規模は前四半期(22年1月〜3月)の約33億円に対して約5倍に拡大しました。

関連:運動系NFTゲーム「STEPN」の2Q利益が5倍に拡大、GMTバーン第2弾実施へ

関連:「STEPN」のビジョンとは|グリーンなWeb3.0が築くカーボンニュートラルな世界

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。
05:45
bitFlyer、仮想通貨3銘柄新規上場へ
国内暗号資産取引所bitFlyerは3銘柄の新規取り扱いを開始する予定だ。今週2度目の銘柄リスティング発表となる。
02/23 金曜日
16:00
Valkyrie「イーサリアム現物ETFの承認には1〜2年はかかる」
米仮想通貨投資企業Valkyrieの最高投資責任者は、イーサリアム現物ETFは今後1、2年以内に承認される可能性があると意見した。
16:00
Web3とは|次世代を担う非中央集権的インターネット環境のメリットを解説
世界中で技術革新の進むインターネット環境は、今まさに新たな時代へと移り変わろうとしています。Web3(ウェブスリー)という言葉の意味やメリットについて詳しく解説します。
13:05
JPモルガンアナリスト「仮想通貨相場の力強い上昇は、個人投資家の関心の高まりが寄与」
JPモルガンはリテール投資家が、ビットコインなど2月の仮想通貨市場の上昇に寄与した可能性が高いと述べた。背景として3つの要因を挙げている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧