CoinPostで今最も読まれています

大手仮想通貨取引所FTX、日本で「FTX JP」本格ローンチ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本でのサービス始動

国内暗号資産(仮想通貨)取引所FTX JPは3日、日本での本格ローンチを発表した。

新規ユーザーの登録自体は先週5月27日から開始しており、今回の発表を持って、正式に日本市場への本格参入を果たす形となる。

22年2月にFTXの日本参入が示唆され、4月にはSam Bankman-Fried CEO率いるFTXグループによるLiquidの買収が成立。日本でのサービス提供がいよいよ開始される。

FTX JPの取り扱い銘柄は以下の10種類。国内では、Liquid by FTXと並び、唯一ソラナ(SOL)を取り扱っている取引所だ。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • XRP(リップル)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ライトコイン(LTC)
  • ソラナ(SOL)
  • FTXトークン(FTT)
  • ポルカドット(DOT)
  • ステラルーメン(XLM)*パーペチュアルのみ

※2022年9月14日時点で、FTX Japanの取扱い銘柄は以下の18種類。
現物取引(13):BTC、ETH、LTC、XRP、BAT、DOT、SOL、BCH、FTT、ENJ、OMG、DOGE、AVAX
パーペチュアルのみ(5):XLM、XEM、QTUM、IOST、XTZ

FTX Globalは2019年に設立された仮想通貨デリバティブ取引所の世界最大手の一つ。2022年の日間平均取引量は、120億ドル(1.6兆円)相当にのぼる。

なお、サムの愛称で定評のあるBankman-Fried氏がFTX Japan社の暫定CEOも務める。同氏は日本でのローンチについて、以下のようにコメントした。

今年初めにこの買収を完了できたことは、規制対象事業者を通じてデジタル資産市場へのアクセスを世界中の投資家に提供するという我々の目標達成に向けた重要なステップとなる。

今回の買収はFTX社に技術的な優位性をもたらすだけでなく、日本の規制当局と透明で建設的、かつ前向きな議論が直接行えるようになる、ということを意味している。

関連:日本進出した最大手仮想通貨取引所「FTX」とは |主な特徴とサービスを徹底解説

今後の動き

現時点で、FTX JPはLiquid by FTXとFTX JPを両方展開中だ。

FTX JPは先週に新規登録受付を開始したばかりで、Liquid by FTXはこれまでのLiquid by Quoineと同一の取引プラットフォーム。Liquidへの新規登録希望者はすでにFTX JPへ転送されており、事実上Liquid by FTXはすでに新規登録の受付を停止している。

既存ユーザーも今月中には、順次サービスを新プラットフォームのFTX JP側へと移行する予定。登録完了済みの既存ユーザーは新取引所へ移行する際、追加のKYC(身分確認)業務や手数料は発生しないという。

KYCとは

Know Your Customerの略称で、本人確認手続きを指す。一般的な取引所では資金洗浄対策(AML)などの犯罪利用を防ぐために義務付けられている。

▶️仮想通貨用語集

FTX日本参入の経緯

FTXグループは2022年に入り、国内の暗号資産業者であるLiquid by Quoineの親会社であるLiquid Groupの買収を表明した。QUOINE株式会社は2021年10月末に金融庁から第一種金融商品取引業者としての登録を完了していた為、日本国内の規制に準拠した形でローンチを果たす格好となった。

関連:FTX、日本市場に本格参入へ 国内事業者の親会社Liquid Groupを買収

提携の経緯として、昨年8月にLiquid Globalにて90億円相当の暗号資産不正流出事件が発生した際、FTXグループが130億円相当の融資を提供して支援した節がある。買収に至った経緯についてFTX JapanのSeth Melamed COOは、「ハッキング事件の発生以前からFTX側に提携を呼びかけていた」とコメントした。

(FTX Global)チームとの連絡は、21年5月頃から始まっていた。

当初はLiquidのデリバティブ商品を強化するため、FTX側の知識を借りたいと思い、連絡した。

Liquidのハッキング事件発覚直後、サムに電話したら直ちにこの状況に対応してくれた。そこからわずか36時間以内に(融資の提供で)合意に達することができたんだ。彼のおかげでLiquid側からユーザーへの損失を出すこともなかった。

このような迅速な対応は、サムの素晴らしいビジョンとブロックチェーン業界に貢献する姿勢の表れだと思う。

FTXは、サムを中心に世界的なプレゼンスを強める中で、法的コンプライアンスを重視しながらグローバル展開を続けている。Melamed氏は「日本の規制に準拠しながら、法的枠組みの中でアグレッシブに日本市場で大きなインパクトを与えていきたい」と方針を語った。

このような意気込みはFTX JPの投稿にも表れており、日本でも新規ユーザー登録を開始した前後には、FTXのCEOの代名詞とも言える「アフロ」ヘアのゴジラを投稿していた。

日本市場での差別化という観点では、Melamed氏はパーペチュアル(永久先物取引)が最大の特色であるとコメント。国内の暗号資産取引所では一般的な差金決済取引(CFD)とは違い、グローバル版と共通の取引板を利用することで、高い流動性のあるマーケットにアクセスでき、スリッページ(注文レートと約定レートの差)の少ない顧客優位な取引が可能だと述べた。

証拠金取引のレバレッジ倍率は国内の規制に準拠して最大2倍に留まるものの、用途や投資戦略応じて使い分けることができる「サブアカウント機能」や口座に入っている資金を証拠金として利用可能な「クロスマージン機能」などが好評を博す。Melamed氏は「独自のリスクマネジメントツールは、日本ユーザーにとっても魅力的になるだろう」と期待感を示した。

日本市場の重要性

FTXはすでに、米国やオーストラリア、シンガポール、韓国、トルコでも取引事業を拡大している。日本市場の重要性についてFTXグループのKeith Lennox氏は、以下のように説明した。

仮想通貨業界において、日本市場の歴史的な重要性は大きい。

世界的に見るとここ数年間の勢いは減少してきたものの、世界有数の経済大国である日本市場でのローンチは必然だった。

我々は日本市場にはまだまだ大きなポテンシャルがあると捉えており、さまざまな新商品をローンチしていくことで日本国内のクリプト市場を盛り上げていきたい。

具体的には、ソラナ(SOL)のステーキングサービスや仮想通貨ウォレットを利用したサービスなどを検討。また、仮想通貨取引のユーザー体験をさらに向上するため、販売所の手数料を従来の6-7%から半分以下まで切り下げることも想定中だと明かした。

さらに、日本市場への適応も重視しつつ、グローバル基準のサービスを提供していく方針を強調するため、世界的な活躍を見せ、FTXとアンバサダー契約を締結している日本人アスリートの大谷翔平選手や大坂なおみ選手を起用したCMも構想中だという。

関連:大坂なおみ選手、FTXのアンバサダーに就任

関連:大谷翔平選手、FTXのアンバサダーに

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:15
bitFlyer、トラベルルール導入に伴う対応内容を発表
国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyerは、「トラベルルール」の導入に伴う対応策を公表した。MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットは今後も利用が可能だが、国内で送金や預入が可能な暗号資産交換業者としては、Coincheckだけという状況が生じる格好だ。
15:07
群馬県沼田市、歴史文化保全のためNFTアート返礼品の「ふるさと納税」受付開始
群馬県沼田市は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営するトラストバンクやCoinBestと提携し、「ガバメントクラウドファンディング」を利用したNFTを返礼品とする寄付金の受付を開始した。
13:50
米債務上限合意で仮想通貨業界に朗報 マイニング増税案は見送り
バイデン米大統領と共和党のマッカーシー下院議長は、連邦政府の債務上限引き上げで最終合意に達し、米国政府によるデフォルトが回避される運びとなった。合意を反映した法案では、マイニング企業に対する新たな課税提案は阻止され、仮想通貨業界にとっては朗報となった。
13:20
BNBチェーンNFT市場Tabiが14億円を調達
BNBチェーンに注目したNFTマーケットプレイスであるTabiは、大手Web3企業Animoca Brandsが主導するエンジェルラウンドで約14億円の資金調達を果たしたと発表した。また、コミュニティ向けの報酬プランを5月29日からスタートさせている。
12:29
ソーシャルとライフスタイルの融合「BOOOST」 旅行先でトークンを貯めて大切な人に会いに行こう
徒歩や車移動といった日常生活とソーシャルアプリを融合させたweb3アプリ「BOOOST」利用のメリットを初心者向けに解説。 旅行先で暗号資産(仮想通貨)トークンを貯めて、友達と交流を図ることができます。
12:28
ビットコインは上昇一服、米債務上限法案の行く末見守る
米債務上限問題を巡り基本合意に達したとの報道を受け買われたビットコインは30日までに上昇を一服した。議会で可決するまで史上初のデフォルトリスクが燻っており、米債務上限法案の行く末を見守るため様子見基調が根強いか。
12:05
Geminiら、米SEC提訴の棄却を求める申し立て
米国の仮想通貨取引所であるGeminiと、融資企業の Global Capitalが米証券取引委員会が起こした訴訟の却下申立書を提出したことが、裁判所の公開文書を通じて明らかになった。訴訟の却下申立書が認められた場合は、訴訟は棄却される。
11:35
Bybit、カザフスタンで仮想通貨事業の原則的な承認を取得
ビットコインなどを扱う仮想通貨取引所Bybitは、カザフスタンで事業について原則的な承認を得たと発表。規制整備の進む同国から旧ソ諸国へサービスを展開していきたいと述べた。
10:50
エヌビディア、AI向けのスパコン発表
エヌビディアは、AIのためのスーパーコンピューターDGX GH200を発表。ゲーム領域などでの活用を想定しており、Google Cloud、メタ、マイクロソフトといった大手企業も利用する予定だという。
10:03
オアシス(OAS)、SBI VCトレードに上場へ
ゲーム専用ブロックチェーンプラットフォーム「Oasys」のネイティブトークン「オアシス(OAS)」の上場が、国内の暗号資産取引所SBI VCトレードにて確定したことが明らかとなった。予定上場日は5月31日、OASトークンの国内での取り扱いは、bitbankに次いで2つ目の取引所となる。
10:00
ロシア、国営仮想通貨取引所の設立計画を取り下げ=報道
ロシアは国営の仮想通貨取引所を設立する計画を取り下げたと伝えられる。その代わりに民間の仮想通貨取引所規制などに関する実験的な法的体制を導入することを検討している。
07:30
デジタル円、日銀がパイロット実験
日銀は、CBDCに関する実証実験の概念実証フェーズ2の結果報告書を公開。概念実証では、分散型台帳技術との連携も想定している。一般的に分散型台帳技術には、ブロックチェーンが含まれる。
05/29 月曜日
14:35
JPモルガン、金融系AI(人工知能)「IndexGPT」の商標登録を申請
米JPモルガンは金融システムに活かすための人工知能「IndexGPT」の商標登録を申請した。株指数の作成や投資コンサルティングなど様々な金融サービスに使うことを念頭に置いている。
13:25
JPモルガンのアナリスト、ビットコインが45000ドルに達する可能性を指摘
JPモルガンのアナリストは顧客向けの相場予想で、暗号資産(仮想通貨)ビットコインが45000ドル(630万円)に到達する可能性を示唆した。
12:31
中国北京市、Web3産業の政策支援強化へ 年20億円以上の投資計画 
中国北京市の科学技術委員会は、Web3イノベーションの開発をテーマとした白書を発表。北京市がWeb3産業育成のため政策支援を行っていくと述べた。朝陽区は毎年20億円以上を投資する計画だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア