仮想通貨の下落相場でも勝つ方法、空売り(ショート)の基礎知識

仮想通貨取引において、多くの方は価格が下がったタイミングでコインを買い、価格上昇を見込んで長期保有する計画で投機します。しかし、金融商品の取引では価格が下落する相場であっても、空売り(ショート)をすることで利益を狙うことが可能です。そのため、本記事ではショートを用いて下落相場で勝つ方法について解説していきます。

金融資産の空売り(ショート)とは?

株やFXと同様、仮想通貨取引ではコイン(現物)を所有する「買い(ロング)」の反対に、「売り(ショート)」という注文方法があります。しかし、ショートとは、単に現物保有している資産を売ることでなく、口座の保有する自身の証拠金を基に売り注文をし、後に買い戻す契約を指すのです。ここでは、ショートに適した相場について解説し、利益の狙い方についての基礎知識を説明します。

強気相場と弱気相場

まず、仮想通貨を含む金融商品取引の相場は、主に強気相場と弱気相場の2つに分けられるでしょう。強気相場(ブルマーケット)とは、金融商品の価格が上昇することを指し、長期間続くことから注文方法は「ロング」と言われています。反対に、弱気相場(ベアマーケット)は、価格が下落している状況を指し、強気相場に比べ短期間であるため「ショート」と名付けられているのです。中期、長期軸を見てどちらも下落傾向にあるならば、弱気相場と判断される可能性があります。

弱気相場でも利益を狙う

弱気相場でも価格が上昇するタイミングを見計らうだけでなく、利益を狙うことができます。それが、空売り(ショート)注文です。前述のように、口座に証拠金を預けることで一定額の仮想通貨を借りることが可能です。そして、一定額まで下がった段階で買い戻すことで、差額分が利益になります。

例えば、1BTC=600万円の相場時に1BTC分のレートでショートします。1BTC=500万円まで下落した時に買い戻すことで、差額の100万円を利益として得ることが可能です。つまり、強気相場だけでなく、ショートを生かすことで弱気相場でも十分に利益を狙えます。

関連:ビットコインのショートポジション活用法と資産運用のためのレバレッジ取引

証拠金(レバレッジ)取引の特徴

仮想通貨取引では十分な元手を用意しなければ、大きな利益を生むことができないと思う方は多いでしょう。しかし、レバレッジ取引では、口座の資金を担保として何倍もの金額で取引することが可能です。ここでは、レバレッジ取引の特徴について説明します。

レバレッジ取引とは?

レバレッジとは、「てこの原理」のようなもので、少ない資金で大きな資金を扱うことが可能です。例えば、資金を10万円用意し2倍のレバレッジを掛けた場合、資金を20万円用意した方と同じ量のコインを取引できます。つまり、扱える資金の限度を引き上げることで、通常より多くの利益を狙えるのです。しかし、レバレッジ取引のリスクとして、取引で負けた場合の損失額も通常より多くなるため、利用時は注意が必要でしょう。

また、仮想通貨市場では、ロングとショートのどちらの方法であっても、レバレッジ取引をすることができます。

リスクヘッジとしての使い方

税金発生タイミングなど、諸事情により長期ロングを利確(売却)したくない場合、現物取引のリスクヘッジとしてショートを活用する方法もあります。

前述のように、現物取引(ロング)時は長期間保有が定石のため、一旦下落相場に入ったとしても、ポジションを決済することはありません。自身が定めたゴールに到達するまでは、ポジション保有し続けるのです。

しかし、下落相場をただ眺めているだけでは、機会損失(利益を得られるチャンスを逃す)していることに他なりません。現物取引にて損失を生んでいる間に、ショートすることで利益を生み出し、損失を相殺することができます。相場に慣れてきたら、どちらか片方ではなく、ロングとショートどちらも生かして利益を狙うことも出来るようになります。

また、ロングポジションのロスカットを巻き込みやすいことから、上昇よりも下落相場の方が値動きのスピードが早く、時間効率に優れているのも特徴です。

関連:ビットコイン高騰で関心高まるオプション市場、高度なトレード戦略をプロが解説

注意すべきショートのリスク

ここまで、下落相場で利益を狙うための手法として、「ショート」について解説してきました。しかし、ショートはロング以上に相場の見極めが必要であり、自己資金を溶かすリスクが高いことも頭に入れておかなければいけません。

ショートでは価格が上昇した際、証拠金に応じて損失が発生します。取引所が強制ロスカット(強制決済システム)を執行するため、口座残高分までで損失を抑えられますが、多くの自己資産を溶かしてしまうことには変わりません。

上記のようなリスクを避けるために、「逆指値注文」を使ったエントリーをオススメします。逆指値注文とは、ポジション保有前にあらかじめ損切ラインを設定し、その価格まで到達したら自動で決済することです。逆指値注文であれば損失を最低限に抑えることが可能になるでしょう。

、常に相場に張り付くことは専業トレーダーでなければ大変なので、逆指値を設定しておくことで、仕事中や就寝中でも自動で利確や損切りを決済してくれます。相場急変時には、注文の値よりも滑ることがある点には注意が必要です。

狙い目は急騰後の調整局面

過熱感の強まった相場において、ショートカバーで急騰したタイミング(ローソク足の上髭)を狙えれば理想的ですが、上昇しきったタイミングを狙うのは、その道のプロない限り困難であり、リスクも高くなります。

比較的堅実なのは「調整局面」における戻り売り狙いでショートする方法です。調整局面とは価格高騰後に訪れる、利益確定行動を伴う下落を指します。

金融市場において、金融商品の価格は上昇相場であっても、常に上昇し続けるわけではありません。何度か弾み(下落)をつけて徐々に上昇していくのが、マーケットにおける理論の一つです。さらに、上昇が急激であればあるほど、そのプライスアクションとして下落も大きくなります。

まずはじっくり相場を観察し、慌てずに優位性の高いポイントを意識してエントリーするよう心掛けましょう。

関連:投資初心者向け講座|仮想通貨ビットコインの「トレンド転換点」の見極め方

関連:ビットコイントレード初心者講座|ローソク足の基本「ピンバー」とは?

おすすめの取引所

ビットコイン取引にて、オススメする取引所は「bitFlyer」と「TAOTAO」の2つです。

bitFlyerとは国内最大規模の仮想通貨取引所です。さまざまな手数料が無料なことや、100円から取引を始められることが強みであり、初心者にとって利用しやすい特徴を含んでいます。通常の取引であれば12通貨、レバレッジ取引に限りビットコイン(BTC)のみの取り扱いです。最大2倍のレバレッジと制限があるため、初心者の方でも安心して取引することが出来るでしょう。

TAOTAOは暗号資産交換業において、金融庁からライセンスを授与されている取引所の一つです。各種手数料が無料であるのは勿論のこと、セキュリティ面に注力を注いでいるため、ユーザーは安心してサービスを利用出来ます。レバレッジ取引出来るのは以下の5通貨です。

また、ビットコインであれば最小の取扱単位が0.001BTC(1BTC=600万円時:約6,000円)のため、少ない資金から始めたい方にもオススメできます。

関連:仮想通貨取引所bitFlyerとは|投資家向け3つのおすすめポイント

関連:顧客目線の運営方針で支持拡大、仮想通貨取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは

アルトコイン取引にオススメ

アルトコイン取引では、「GMOコイン」が初心者にオススメです。GMOコインは国内最多の通貨を取扱い、24時間365日取引出来ることから、汎用性が高い取引所と言えます。レバレッジ取引で扱える通貨は、前述した5通貨と同じです。また、ポジションを両建てできるため、現物取引のリスクヘッジとして売り注文することが可能です。

仮想通貨取引では負けない事を意識する

結論、仮想通貨取引で勝つために最も意識すべきことは、全て取引で「資金管理」などリスクを最大限コントロールし、いかに負けないかを考えた上で取引することです。株式市場同様、自己資金を飛ばして相場から「退場」さえしなければ、大きなチャンスは何度も巡ってくるからです。

初心者にとってショートは難しく、気軽に実行出来ないかもしれません。しかし、上昇相場だけでなく、下落相場においても利益やリスクヘッジを狙える手段として、ショートという手段があることは頭の片隅に入れておきましょう。

著者:M.Atsuta

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します