米大リーグの大谷選手、FTXのアンバサダーに

大谷選手が仮想通貨取引所のアンバサダーに

米メジャーリーグのチーム「エンゼルス」で活躍する大谷翔平選手は、暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのアンバサダーに就任したことが分かった。

大谷選手はこれから、FTXと米FTX.USの認知度を高めるために協力するという。アンバサダーとしての報酬は仮想通貨とFTXの株式で受け取ると報じられているが、銘柄や金額など報酬の詳細は明らかになっていない。

FTXとは

「SBF」の通称で知られるサム・バンクマン・フリード氏が最高経営責任者(CEO)を務める仮想通貨取引所。FTX.USは、FTX傘下の米国向けの取引所のことである。

▶️仮想通貨用語集

今回の内容はFTXが公式ツイッターアカウントでも発表。上記ツイートに添付してある動画では、大谷選手の紹介で「Moonblast」という単語を使っている。Moonblastとは「129.5メートルを超える本塁打」のことだという。

FTXのサム・バンクマン・フリードCEOは、『CNN』が行ったインタビューで以下のようにコメントした。

 

大谷選手は今、全てのスポーツにおいて最も衝撃的な選手の1人だ。

 

我々も、フィンテックや金融アプリのあり方において、大谷選手と同じようなインパクトを与えたい。

また、FTX.USのトップであるBrett Harrison氏は、日本語で大谷選手のアンバサダー就任を歓迎している。

今回の内容は日本のスポーツメディアでも取り上げており、『スポーツ報知』は、FTXが大谷選手に代わって様々な慈善団体に毎年寄付を行うことなどを報じた。

FTXのプロモーション

大谷選手はメジャーリーグで2021年のシーズン、打者と投手の二刀流で活躍した。期待が集まった本塁打王や投手としての二桁勝利には届かなかったものの、様々な賞を獲得。現在は、チームが所属するア・リーグのMVPに選出されるかに注目が集まっている。

FTXは今年、様々なスポーツ関連の契約を通して、積極的にプロモーションを実施。6月には、メジャーリーグ自体と長期のパートナーシップを締結し、2021年のシーズンで途中から審判服にFTX.USのロゴが取り付けるなど、プレゼンスを向上させた。

関連仮想通貨取引所FTX 米メジャーリーグとパートナーシップを締結

アンバサダーについては6月に米NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)を代表するトム・ブレイディ選手と妻のジゼル・ブンチェン氏と、9月には米プロバスケットボールリーグ「NBA」のステフィン・カリー選手と契約。ブレイディ選手が2021年まで計7回のスーパーボウル優勝、カリー選手はこれまで合計3回のチャンピオンシップを獲得するなど、両者とも著名な選手だ。

関連アメフトの著名選手、仮想通貨取引所FTXの株主に

関連仮想通貨取引所FTX、NBAスターのステフィン・カリー選手と提携

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します