CoinPostで今最も読まれています

現実資産トークン化に投資家の関心が集まる理由、リアルワールドアセット(RWA)とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

現実資産のトークン化とは

中央管理者が介在しなくても透明性の高い取引が実現できるブロックチェーン技術は、暗号資産(仮想通貨)以外にも実用化が進められています。その中の一つが、本記事で紹介するリアルワールドアセット(RWA:Real World Assets)のトークン化です。

リアルワールドアセット(RWA)自体は、株式や債券、不動産、美術品、貴金属、カーボンクレジットなど無形・有形の現実資産のこと。これらをトークン化することで、DeFi市場が拡大や、各資産の流動性向上や金融取引のコスト低下など、様々なメリットが期待できます。クリプトと既存金融をつなぐRWAのトークン化は、今後の資産運用の新たなトレンドになり得るでしょう。

本記事では、オフチェーン上にあるリアルワールドアセット(RWA)が、なぜクリプト業界やブロックチェーンと関連付けられて語られるかをベースに、概要や金融業界にもたらすメリットなどを解説します。加えて、セキュリティトークン(ST)との違いも見ていきましょう。

目次
  1. リアルワールドアセット(RWA:Real World Asset)とは
  2. リアルワールドアセット(RWA)のトークン化が金融業界に与える影響
  3. リアルワールドアセット(RWA)の事例
  4. 伝統金融とクリプトをつなぐリアルワールドアセット(RWA)

1.リアルワールドアセット(RWA:Real World Asset)とは

リアルワールドアセット(RWA:Real World Asset)を直訳すると「現実世界の資産」であり、実際の世界で存在する資産や権利のことを指します。金(ゴールド)や不動産、株式、債権など伝統的な金融資産に加え、カーボンクレジットや著作権、企業ブランドなどの無形資産も含まれます。

RWAは、もともとは物理的な実体を持つ資産を指す用語でしたが、近年、デジタル資産や仮想通貨の急速な発展により、RWAとデジタル資産を区別する必要が高まり、RWAのトークン化という概念が生まれました。この発展に伴い、RWAの範囲は拡大し、物理的な実体を持つものからデジタル資産まで多岐にわたります。現在、様々な資産をブロックチェーン上でトークン化する動きが進行しています。

RWAのトークン化とは

RWAのトークン化は、Real World Assets(現実の資産)をブロックチェーン上でデジタルトークンとして表現するプロセスを指します。「トークン」とは、ブロックチェーン上で資産や権利を表すデジタルな情報のことです。このトークンは、例えば不動産、株式、債券などの実際の資産や権利をブロックチェーン上で表現したもので、ブロックチェーン技術を通じて取引可能です。

これらのRWAをトークン化するプロセスは、ブロックチェーンベースの基盤上で行われます。具体的には、RWAのオーナーシップ権や価値をブロックチェーン上のトークンに変換し、それを発行し、ブロックチェーンネットワークで管理します。また、トークン化されたRWAの取引履歴もブロックチェーン上に透明かつ永続的に記録されます。

RWAのトークン化は、金融業界に多くのメリットをもたらす可能性がありますが、規制や価格変動など、課題も存在します。次章では、RWAのトークン化が金融業界に与える影響とそのメリットについて詳しく探究していきます。

2.リアルワールドアセット(RWA)のトークン化が金融業界に与える影響

リアルワールドアセット(RWA)のトークン化に関心が集まる理由と、金融業界に対する影響は以下のようなものが考えられます。

  • DeFi市場の拡大
  • 資金調達のハードル低下
  • 資産流動性の向上
  • 取引コスト削減

それぞれの利点を把握し、RWAへの理解をさらに深めてゆきましょう。

2-1.DeFi市場の拡大

DeFi(分散型金融)とは、ブロックチェーン技術を活用することで、中央管理者を介在せず金融取引を成立させるサービスの総称です。近年、世界で注目を集めているDeFiのTVL(Total Value Locked:DeFiに預け入れられている資産の総額)は、 2023年中旬時点で約368億ドル。TVLが高いほど、その市場やプロジェクトへの関心度や、投資家や個人からの資金流入が多いことを表しています。

このように、すでに市場規模が急拡大しているDeFiの枠を、さらに拡大できる可能性を秘めているのが「RWAのトークン化」です。これまで物理的な取引が主流であった伝統金融とブロックチェーンを融合させることで、従来はオフチェーンでのみ取引されていた資産が、ブロックチェーン上で取引可能となります。

伝統的な市場で取引されている資産総額は800兆ドル以上ともされており、これらの一部がDeFiで取引されるようになれば、DeFiの市場規模はさらに大きく膨らむ余地があります。そして事象で解説するように、市場規模の拡大は企業や個人事業主にとって資金調達のハードルが下がるという利点をもたらすと考えられます。

2-2.資金調達のハードル低下

ビジネスを運営する企業や個人事業主の視点で考えると、ブロックチェーンでトークン化されたRWAが集まるDeFiエコシステムを活用することで、資金調達が従来よりも容易になるという利点があります。

伝統的な金融市場において、企業や事業主が新規事業のために資金を調達するには複数の法的手続や審査の通過が必要です。これには時間的・金銭的コストがかかるため、小規模事業者がある程度規模の大きな資金調達を行うことは容易ではありませんでした。

しかし、非上場株式等のRWAを裏付けとしたトークンを発行することで、ブロックチェーン技術によって高い透明性を保ったまま、投資家から直接的な出資を受けることが可能に。証券会社等を通じた資金調達よりも容易な資金調達が可能となるでしょう。

投資家視点で考えると、投資対象の多様性が上がり、従来のシステムでは日の目を浴びることのなかった有望な小規模プロジェクトにも投資できる環境が整うことを意味します。

2-3.資産流動性の向上

加えて、RWAのトークン化は、伝統的な金融市場で取引されている資産の流動性を高める効果も期待できます。不動産やプライベートクレジットファンド、非上場株式などはクローズドな環境で取引されることが多く、流動性は高くはありません。

こういったRWAをトークン化することで最小取引額の小口化が可能となり、少額投資が容易となります。より多くの人に投資の機会がもたらされ、投資家が以上のような資産を手軽に売買できるようになれば、市場の流動性は向上するでしょう。流動性が向上すれば、価格の安定性や約定率の向上、市場参加者からの信頼の獲得など、多くのメリットが見込めます。

2-4.取引コスト削減

RWAのトークン化はブロックチェーン技術を統合して行われるため、ブロックチェーン技術の長所である「取引コストの削減」という恩恵を受けます。

RWAをトークン化すると、スマートコントラクトを通じた透明性の高い自動契約などが可能になるため、金融取引に関わる銀行や証券会社などの第三者の仲介が基本的に不要となります。そのため、従来これらの機関に支払っていた管理手数料や仲介料などの各種コストを低減できるのです。

3.リアルワールドアセット(RWA)の事例

ここまで、リアルワールドアセット(RWA)の概要やトークン化による影響についてご紹介しました。では、実際どのように活用できるのでしょうか。

3-1. 米国債のトークン化の事例

2023年に金利上昇が続く中で、「米国債のトークン化」市場が注目を集めています。データサイト「RWA.xyz」によると、この市場のプロトコルに預けられた総価値(TVL)は、年始の約1億ドルから10月28日時点で6億8000万ドル(1000億円)に増加、560%の急成長を遂げました。

トークン化された米国債は、6か月ごとの利息受取や償還期限での元本返還といった、通常の米国債と同様の特徴を持っています。Ondo FinanceのUSDYやMountain ProtocolのUSDMは、従来型ステーブルコインとは異なり、裏付け資産(米国債)の金利を直接反映するステーブルコインとして人気を集めています。

関連:米国債トークン市場が2023年に急成長、金利上昇の影響で

3-2. 不動産市場における事例

また、RWAのトークン化は、さらに規模の大きな取引でも実用化が進んでいます。不動産市場における事例をご紹介しましょう。

従来の不動産投資は、手続きに時間がかかるうえ仲介の手数料が高いという問題や、国際的に不動産取引を規制するための法的拘束力を持つ規定がないため、手続きの煩雑さから十分な流動性が保たれにくいという問題を抱えています。

そういった状況を改善すべく、国際的な不動産取引の活発化をトークン化によって実現するのが「Propy」です。Propyは、不動産取引をブロックチェーン上で行えるプラットフォームを提供する米国企業。NFTの標準規格であるERC-721規格を用いて不動産をトークン化し、その所有権をマーケットプレイス上で取引・移転を可能にします。

Propyのプラットフォーム上では、日本やアメリカ、ヨーロッパ、アフリカ等、国境を超えた不動産の取引が積極的に行われています。

4.伝統金融とクリプトをつなぐリアルワールドアセット(RWA)

本記事では、既存金融とクリプトをつなぐリアルワールドアセット(RWA)の概要を解説しました。リアルワールドアセット(RWA)とは、不動産やローン、契約、ロイヤリティー、金融商品、美術品などのオフチェーン資産を、ブロックチェーン上で取引を実行できるようにトークン化したものです。伝統金融(TradFi)と分散型金融(DeFi)のいずれとも高い親和性を有しており、両者をつなぐ架け橋的な存在になることで、DeFi市場がさらに拡大するのではと期待されています。

無形・有形の現実世界の資産をブロックチェーン上に持ち込めるため、従来の市場で行われていた取引に流動性がもたらされ、金融市場全体に対しても大きなインパクトを与えるでしょう。

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/24 金曜日
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア