CoinPostで今最も読まれています

ワールドコイン(WLD)の買い方、特徴、将来性 サム・アルトマンが目指すAI時代のベーシックインカム

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ワールドコイン(WLD)は、OpenAIの共同創設者であるサム・アルトマン氏らによって発足された暗号資産(仮想通貨)プロジェクトです。シビル攻撃やAI生成コンテンツによる偽装IDの普及を防ぐ仕組みとデジタル通貨を通じて、ベーシックインカムの実現を目指しています。

すでに世界中で500万人以上が「Orb(オーブ)」と呼ばれる生体認証デバイスを用いてWorld IDを取得しており、大手掲示板サイトRedditやSNSのテレグラム、EコマースのShopifyなどでもワールドコインのIDが利用可能です。

日本でも、バーチャルワールド『Yay!』を運営する株式会社ナナメウエがワールドコインのIDを採用し、ユーザーのアカウント保護や不正アカウントの防止に役立てています。このように、国内外での採用が拡大しつつあり、ますます関心を集めています。

以下では、ワールドコインの概要、取得方法、仮想通貨WLDの買い方や注意点、将来性について詳しく解説します。

目次

WLD投資に必要なイーサリアム(ETH)を買うなら

ワールドコインの特徴

Worldcoinは「Orb(オーブ)」と呼ばれる生体認証デバイスを用いて、ユーザーの目の虹彩をスキャンし、個人を識別するID(World ID)を生成。ユーザーは自身のWorld IDに基づいて、グラント(給付金)としてWLDトークンを受け取ります。

データ元:CIRCULATING SUPPLY UPDATE: SALES TO TRADING FIRMS

2023年7月に「World ID」の稼働がスタート。これまでに日本を含む38か国の各都市でOrbが設置されています。その後、事前登録や登録方法の代替手段の実装もあって、2024年4月時点に160カ国以上の計500万人以上(米国を除く)がWLDを申請。1億3700万WLD以上が請求されており、現在流通している1億9300万WLDの大部分を占めています。

Orbは38か国に配備 WorldIDは590万超:2024年7月時点

セキュリティ対策として、ワールドコインプロトコルは生体認証データ保護に分散・秘匿化技術「SMPC」を採用。複数の当事者間で秘密を分割して共有することで、虹彩データを保護します。

ワールドコインのアプリなど

出典:Worldcoin

  • Proof of personhood(PoP):シビル攻撃やAI生成コンテンツによる偽装IDの普及を防ぐ仕組み
  • World ID:個人の独自性と人間性をオンラインで証明するオープンIDプロトコル
  • World Coin Token(WLD):WorldIDに対し無料で配布されるデジタル通貨。イーサリアム・ブロックチェーンで流通
  • World App:World IDに対応。WLDの受け取りや、送金や取引が可能。その機能全てを利用するには虹彩認証が必須
  • World Chain:イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーン。OPメインネットの技術採用。2024年夏リリース予定。

World ID/ワールドコインの取得方法

ワールドコインは、基本的に次のプロセスを通してユーザーに配布されます。

  1. アプリからの予約:公式サイト(worldcoin.org)からワールドアプリをDL、登録し、World IDを受け取るために近くのオーブ設置場所(日本国内も選択可能)を予約します。
  2. 都内・高崎・横浜・名古屋・大阪・京都などに設置

  3. アイリススキャン:専用デバイス(オーブ)を介してアイリススキャン(個人の虹彩を読み取って識別する生体認証技術)を受け、固有のWorld IDを取得する。
  4. デジタルIDとトークンの受け取り:アプリでグラント(給付金)としてWLDを受け取る。

2023年7月の時点では、World IDを取得するインセンティブとして、25WLD(当時;8,000円相当)が配布されましたが、現在は終了しています。定期グラントとして3WLDトークン前後が配布されており、12ヶ月間で合計66トークンを受け取ることができます。

ワールドコインの買い方

WLDは、現時点で国内取引所には上場していませんが、分散型取引所での売買が可能です。ここでは、誰でも簡単に利用できるDEXでの買い方を紹介します。

    WLDの購入手順

  1. CoinMarketCapで取引量の大きいDEXを探す
  2. ウォレットを準備・国内取引所からETHを移す
  3. ユニスワップでWLDをスワップする

1.CoinMarketcapで取引量の大きいDEXを探す

ワールドコイン(WLD)を購入するために、最も取引量の大きいDEXを探すことから始めます。取引がスムーズに行えるだけでなく、スリッページ(実際の取引価格が予想よりも変動する現象)を最小限に抑えることができます。

①CoinMarketCapの公式サイトにアクセスし、検索窓に銘柄名WLDを入力します。

②「市場」→「DEX」タブを選択。ここには、さまざまな分散型取引所が一覧表示されます。

③流動性データの確認: 各DEXの24時間の取引量を見ると、ユニスワップ(Uniswap)というDEXの、「WLD/WETH」ペアで1日に34万ドルの出来高が生まれています。※WETHはDEX用にERC20規格に変換されたイーサリアム(ETH)のこと、ユーザーとしてはETHを取引する際に、背後で自動的に変換されます。

出典:Coinmarketcap

ユニスワップは最も有名なDEXの一つです。メタマスク(Metamask)などの仮想通貨ウォレットを使って接続して利用します。

必要なステップは、まずメタマスクを用意し、国内の取引所でイーサリアム(ETH)を購入してから、それを自分のメタマスクに移すことになります。

WLD投資に必要なイーサリアム(ETH)を買うなら

2.ウォレットを準備・国内取引所からETHを移す

メタマスク(MetaMask)は、イーサリアムを含む複数のブロックチェーンに対応している暗号資産用ウォレットです。トークンの保管、送付および交換が可能です。dAppsへのログインにも利用されています。

お持ち出ない方は、この機会にメタマスクのインストールと設定を行い、新しいウォレットを作成しましょう。

具体的なメタマスクの作成方法や、国内取引所からのETHの送金方法は以下の記事で詳しく解説されています。
関連:メタマスク・ウォレット開設方法
関連:取引所「SBIVCトレード」からメタマスクへの預入方法

3.ユニスワップの使い方

1.メタマスクをユニスワップに接続

ここでは、代表的なユニスワップの使い方について説明します。

ウォレットにETHを準備できたら、ユニスワップの公式サイトにアクセスし、右上の「Loanch App」をクリックするとSWAP(交換サービス)に移ります。

出典:ユニスワップ

ユニスワップの操作手順は以下の通りです。

  1. チェーンを選択(今回はデフォルトのEtheriumのまま)
  2. 「Connect Wallet(2か所のうちどちらか)」をクリックし、メタマスクを選択してウォレットを接続
  3. 日本語の選択も可能
  4. 「Swap」タブが選択されていることを確認

出典:ユニスワップ

2. WLD/ETHのスワップ(交換)

次に、ETHを使ってトークン(例:WLD)を購入します。

「Sell(売る)」フィールドにEthereum(ETH)を選択し、「Buy(買う)」フィールドにWLDを選択します。

出典:ユニスワップ

出典:ユニスワップ

スワップする数量を入力し、「スワップ」ボタンをクリックします。

ポップアップでネタマスクの確認画面が立ち上がります。トランザクションの詳細を確認し、「承認」ボタンを押します。

出典:ユニスワップ

WLD投資に必要なイーサリアム(ETH)を買うなら

注意点:スリッページ設定とガス代の確認

出典:ユニスワップ

スワップの際には必ず手数料の確認を行いましょう(画像の⑤に該当)。

スリッページは自動で設定されていますが、価格の変動が大きな時や流動性が低い場合は手動で設定することも検討しましょう。

取引画面の「Settings」アイコン(⑥)をクリックし、スリッページ許容範囲を設定します(通常は1-3%程度)。

スリッページ制限は、ユーザーが予測した取引価格から逸脱した価格で取引が成立するリスクを制限します。

ほとんどのDEXでは、ユーザー自身でスリッページの許容範囲を調整することが可能です。

もし最終的な取引価格が設定したスリッページの許容範囲を超えた場合、その取引は自動的にキャンセルされる、または差し戻される仕組みになっています(取引が差し戻された場合でもガス代はかかります)。

またメタマスク上でトランザクションを確認する際にも、ガス代の推定値が表示されます。高いガス代の場合は、トランザクションのタイミングを調整することも検討してください。

ワールドコインの理念:ベーシックインカム

アレックス・ブラニア氏とサム・オルトマン氏は、革新的な認証方法と誰もがアクセスできる金融ネットワークの構築を目指し、2020年にWorldcoin(ワールドコイン)を設立。

このプロジェクトの目的は、経済的機会を拡大し、プライバシーを保護しながらオンラインで人間とAIを識別する信頼性の高いソリューションを提供することです。さらに、AI活用型のUBI(ユニバーサル・ベーシック・インカム)の導入を目指しています。

2023年7月、創業者たちは「ワールドコインは世界規模の調整の試みであり、道のりは困難で結果は不確実です」というメッセージとともにプロジェクトの開始を宣言しました。

2024年6月現在までに、ワールドコインは急速な成長を遂げ、特に新興国での経済的支援への期待が高まっています。象徴的な出来事として、ケニアのあるユーザーがWorldcoinのID登録で受け取った資金でヤギを購入できたことを報告し、SNS上で感謝の意を表したことが注目を集めました。

Richardは今や合計で13頭のヤギを飼育している。

仮想通貨コミュニティはこの人物に資金を送り、彼はさらに多くのヤギを購入したことを報告しました。

WLD投資に必要なイーサリアム(ETH)を買うなら

ワールドコインのリスク

ワールドコインは、その革新的なデジタルIDシステムと暗号通貨で注目を集めていますが、その実験的な取り組みから、各国で議論の的となっています。

データプライバシーのリスク

ワールドコインはユーザーの虹彩データを収集してデジタルIDを生成しますが、このデータの取り扱い方法についてプライバシー保護の観点から懸念が存在します。

しかし、プロジェクトチームはユーザーのデータを直接制御することはありません。スキャンされた虹彩データは暗号化され、匿名化されたコード(ハッシュ)に変換されます。生体データはデバイス内で処理され、外部に流出することはありません。また、セキュアマルチパーティ計算(SMPC)やゼロ知識証明(ZKP)などの暗号証明・秘匿化技術を使用して、データのプライバシーを保護しています。

中央集権化のリスクと対策

データを収集するために使用される生体認証デバイス「Orb(オーブ)」に対して、中央集権化の問題が指摘されています。イーサリアムの創設者ヴィタリック・ブテリン氏も自身のブログで「オーブに秘密のバックドアがないかどうかを検証するのは難しい」と述べています。

この課題に対応するために、ワールドコインはオーブデバイスの設計とソースコードをオープンソース化し、透明性を高めています。これにより、第三者が設計を検証できるようになっています。また、分散型検証ネットワークを導入し、複数の独立した検証者がデバイスの動作を確認する仕組みを整えています。

倫理的リスク

ワールドコインのマーケティングも懸念の矛先が向けられています。初期ユーザー獲得方法、特に規制の弱い新興市場でのデータ収集手法には倫理的な懸念が持ち上がりました。

このようなリスクに対し、ワールドコインはユーザーに対してインフォームドコンセントを強化し、プライバシー保護の重要性を理解してもらうため、データ収集と利用の目的、リスクについて詳細に説明するプロセスを確立しています。

各国の規制リスクと対応

ワールドコインは、世界各国の規制当局からのデータ・プライバシーと保護に関する調査に直面する中で、2024年3月に「ワールドコインに関する基本事実」を公開して、ワールドコインの運営の基本情報や規制対応について説明。その中でワールドコインは、利用可能なすべての地域で合法的に運営しており、データ収集とデータ転送を管理するすべての法律および規制に完全に準拠していると強調しました。

ワールドコインが遵守していると強調する各国の法律や規制(出典:Worldcoin)

これらの課題にもかかわらず、ワールドコインはユーザー基盤を拡大し続けており、2024年5月にはコロンビアに拠点を設立。また、ケニアでは2023年に一時停止されたワールドコインのオーブ活動が、規制当局との協議を経て再開されています。

今後の注目点、将来性

ワールドコインは、ユーザーエクスペリエンスの向上を図り、開発を進めています。20204年夏には、ワールドチェーン(World Chain)がリリースされる予定です。イーサリアムでWorld IDを使用して匿名で人間であることを証明できるのと同様に、World Chainでアドレスを検証できるようになります。

2023年12月にアップグレード版「World ID 2.0」がリリースされました。Orb認証(虹彩スキャン)は依然として最高レベルのセキュリティとユーティリティを提供しますが、World ID 2.0では必ずしも虹彩認証を受ける必要がなく、ユーザーがワールドコインのエコシステムに参加できるようになりました。

スマートフォンでの顔認証を通じてWorld IDを取得することができ、Orbで認証する機会がなくてもワールドIDを使用できるように設計されています。

パートナーシップの拡大

ワールドコインは、国際的な非営利団体や技術企業とのパートナーシップを強化しています。すでに大手掲示板サイトRedditやSNSのテレグラム、EコマースのShopifyなどでもワールドコインのIDを利用できるようになっています。

国内でも同様の動きが見られ、株式会社ナナメウエが認証連携を発表しました。好きでつながるバーチャルワールド『Yay!』において、ナナメウエはユーザーのアカウントを保護し、ボットによる不正アカウントを防止し、安心して利用できる安全なプラットフォームを提供します。

関連:ナナメウエ社、bitFlyerで初IEO予定の暗号資産「YAY」ホワイトペーパー発表へ

最近では、ソラナ(SOL)ベースのデジタルウォレットOttrを買収し、ユーザーのオンボーディングプロセスを強化する取り組みが進められています。ブリッジ大手のWormholeは、ソラナのブロックチェーンがワールドコインの「World ID」に対応すると発表しました。これにより、ソラナのプロジェクトが容易にWorld IDを認証できるようになり、新たなユースケースが生まれると期待されます。

主要なETH取引所の特徴早見表

最後に、ワールドコインの投資に向けて、イーサリアム(ETH)を調達するのに、おすすめ取引所3社の詳細をご案内。メリット・デメリット、取引方法、各種手数料などを比較します。

おすすめ
取引所
メリット デメリット 現物取引 レバレッジ取引 取引所手数料 出庫手数料 備考
1
仮想通貨取引所 SBI VCトレード
SBI VCトレード
ETHの取引所を提供
出庫手数料が無料
特になし 取引所・販売所 対応 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
2
仮想通貨取引所 GMOコイン
GMOコイン
ETHの取引所(現物取引)あり
出庫手数料無料
特になし 取引所・販売所 ETH(SOL)
Maker:-0.01%(-0.03%)
Taker:0.05%(0.09%)
無料
3
仮想通貨取引所 BitTrade
BitTrade
ETHの取引手数料無料 出庫手数料 0.005 ETH 取引所・販売所 ETHは未対応 ETH/JPY無料
(販売所はスプレッドあり)
ETH 0.005

記事の監修

各務 貴仁各務 貴仁
株式会社CoinPost 代表取締役CEO、株式会社SUDACHI Tech 代表取締役、一般社団法人WebX実行委員会 理事。
2017年に日本最大(2024年現在)の暗号資産・Web3メディアCoinPost、2023年よりグローバルカンファレンスWebXを立ち上げる。また、次世代テックを活用した福祉事業Wave3やWeb3に特化した開発支援事業SUDACHI Techも展開する。
2024年には、経済産業省「Web3.0・ブロックチェーンを活用したデジタル公共財等構築実証事業」にて有識者委員として選任される。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア