CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ステラルーメン(XLM)とは?|大手企業や政府と提携した背景も解説

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

XLMとは

ステラ・ルーメン(XLM)は主に、個人が送金に利用することを想定して開発された仮想通貨です。発行主体はステラ開発財団(Stellar Development Foundation)で、中央集権的な特徴も有しています。

通貨はルーメン、プラットフォームがステラであり、ティッカーはXLMとあらわされます。送金コストを安く抑え、トランザクション速度が速いXLMはXRPと似るところもありますが、分散取引(DEX)に似た機能も持ち、マーケットプレイスとして資産の取引を行えるようになっています。

発行枚数は約500億XLMであり、XRPと同様にすべて発行済みで、追加発行はありませんが、発行されたXLMのうち300億枚がStellar Development Foundationに運営費として保有されており、今後一部が流通する見込みです。

XLMの成り立ち

XLMはXRPの元開発者で、2014年2月に経営破綻した仮想通貨取引所マウントゴックス(Mt.Gox)の創設者でもあるJed McCaleb氏が主導したものです。

ステラが発表された2014年当初、ステラのコードベースはほぼXRPのものと同一で機能もほぼ変わりませんでしたが、そののちStellar Consensus Protocol(SCP)が採用されたことでXLMは独自の利点を持つようになります。このコンセンサスアルゴリズムはXRPのものよりも幾分か高速で、取引を承認するヴァリデーターの採択が投票により行われます。

XLMとXRPの関係性や相違点

両者とも送金コストを時間、金銭的に抑えることを目的としています。元々XRPのフォークであったXLMは、目的意識の違いから分かれたものです。

XRPはRipple社の提供する金融ソリューションの歯車として発行されたもので、主な顧客としては銀行などがあげられます。実際Rippleを採用する銀行は存在し、各国中央銀行も検討しているといわれています。

政府や大企業との提携

XLMは個人を対象とすることを目指すことから、XRPよりフォークしました。xRipple等個人を対象としたサービスを運営しているXLMですが、企業との連携がない訳ではありません。実際に、ナイジェリアなどの国家の送金システムとして採用され、IBMとの協同プラットフォームも発表されています。

ウクライナ政府と提携

ステラのユースケースについては2021年1月、東欧国ウクライナのデジタル改革省が、中央銀行発行のデジタル通貨(CBDC)の開発および仮想資産エコシステムの構築を行うため、ステラ開発財団と覚書を締結したことを発表しました。

当初、ウクライナの中央銀行はデジタル通貨のリサーチと開発を進めていました。デジタル改革省のOleksandr Bornyakov副大臣によると、ステラ開発財団は直接デジタル通貨を発行するのでなく、開発に関する助言を行い、国内の通貨や資産のデジタル化を推進する役割を担うことになると説明しています。

ウクライナとステラは、2019年にウクライナの中央銀行がステラのプライベート版を利用することに言及するなど以前から関係を構築していたとも見られており、その当時から水面下でCBDCのプロジェクトが進んでいた可能性があるとの見方も上がっています。

2021年1月当初、ステラ開発財団のDenelle Dixon CEOは、「CBDCについては、多くの政府と協議している」と述べていました。

関連:ウクライナ政府、ステラ開発財団と提携 デジタル通貨関連の開発で

IBMとの提携

IT大手IBMは2018年、ブロックチェーン技術を活用した新たな送金ネットワークサービス「IBM Blockchain World Wire」を正式発表しました。その際、ステラのブロックチェーンを技術として採用すると述べています。

ステラはもともと送金利用を想定して開発されているため、IBMの新サービスに適しているブロックチェーンでした。当初から開発・運営の目的が明確だったことが、IBMのような大手企業が注目した理由だとも見られています。

発表では「ブロックチェーン技術とステラのプロトコルを駆使し、『IBM Blockchain World Wire』は、わずか数秒間で、金融機関による国際間決済を可能にします」と紹介。サービスのメリットとしては、主に以下の内容が挙げられていました。

  • 高速決済プロセス
  • コスト削減
  • 演算処理効率の向上
  • 決済方法の簡易化

2018年の発表後、2019年3月には送金ネットワークが稼働したことを発表しています。その時点で6社の銀行が参加を表明しており、韓国、フィリピンやブラジルなどからの参画を公表。72カ国で47の通貨を利用した送金が可能な新しい送金ネットワークが誕生しました。

関連:米IBM、仮想通貨ステラやステーブルコイン活用した新たな送金サービスを開始│既に6つの銀行が加盟表明

シャリア適合認証

ステラ開発財団は2018年7月、ステラの技術とネットワークが、シャリア適合認証を受けたことを発表しました。「シャリア」とは「イスラム法」のことで、この認証によって、ステラがイスラム法に適合するとお墨付きを得たことになります。

イスラム教は宗教であるだけでなく、法や社会規範でもあるため、金融業界もシャリアに準拠する必要があります。

イスラム金融の大きな特徴は、「無利子金融」であることだと言われています。教義で利子の受け取りが禁止されており、投機的な取引や不確実性な取引も禁止されています。通貨は単なる交換手段にすぎず、利子やリターンを生み出す行為は禁止されているのです。

ステラは2018年に、投機性を有していないことなど、シャリアに適合していると見なされました。もともと、送金需要が多いイスラム圏でもネットワークを拡大していく方針を打ち出していたため、シャリア適合認証を取得したことは、大きなメリットになると期待が集まりました。

国内で取引可能な取引所

XLMが国内で取引可能な取引所は6つあり、レバレッジ取引が可能なのはそのうち2つです。

  • コインチェック(現物)
  • bitflyer(現物)
  • bitbank(現物)
  • GMOコイン(レバレッジ、現物、暗号資産FX)
  • フォビジャパン(現物)
  • DMM Bitcoin(レバレッジのみ)

関連:人気通貨別の仮想通貨取引所おすすめランキング|ビットコイン、リップル、イーサリアム (coinpost.jp)

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
Starknet(STRK)がコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア