Infinite Launch、独自のDiamond-Handメカニズムで220万米ドルの資金調達を完了 -投資家やプロジェクトオーナーの障壁を解消、アロケーション保証が現実のものに-

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

Infinite Launch、独自のDiamond-Handメカニズムで220万米ドルの資金調達を完了

-投資家やプロジェクトオーナーの障壁を解消、アロケーション保証が現実のものに-

DeFiおよびNFTプロジェクトのための新しいクロスチェーン・ローンチパッドであるInfinite Launch(インフィニット・ローンチ)は、ローンチパッドでのTierランクに関わらず、投資家自身のIDOプロジェクトのアロケーションプールへのアクセスを保証するという、他に類を見ないアロケーションメカニズムを導入しました。この画期的なイノベーションは、投資家とIDOプロジェクトの利益のバランスを取ることを目的とし、クリプト市場に対する深い理解に根ざしています。

意味のある目的を持った最先端のイノベーション

「成長可能性が高いにもかかわらず、ローンチパッド業界は、すべての関係者が最大限に活用することを妨げる多くの問題に直面していることを、私たちは十分に理解しています。例えば、プロジェクトオーナーは長期的な投資家を獲得することができず、IDO後にトークンのダンピングをしなければなりません。一方、投資家もIDOのホワイトリスト入りに苦労しており、金融資産を増やすチャンスを頻繁に逃しています。 しかし、私たちは、長期的にプロジェクトをサポートする献身的な姿勢を見せれば、誰もが報われるべきだと考えています。そのため、Diamond-Handの仕組みでは、購入しようとしているトークンをより長い期間にわたる権利確定を約束することで、保証されたIDOのアロケーションを得るチャンスがあります。自発的に、このメカニズムはプロジェクトに長期的なトークン保有者をもたらし、上場時のパンプ&ダンプスキームをある程度緩和することにもなります」 とInfinite Launchの共同設立者Henry V.は述べています。

具体的には、Infinite Launchの配分プロセスでは、配分総額を「Infinite Army」と「ILA Tier」という2つの異なるユーザータイプの2つのプールに分け、前者に20%、後者に80%を配分しました。ILA Tierのユーザーは、トークンのロック数が多いことでアロケーション枠を獲得したユーザーですが、Infinite Armyは、ローンチパッドやプロジェクトへの貢献度を示すことに成功した通常のユーザーであり、ローンチパッドのトークンを保有していなくてもIDOのアロケーション枠を獲得することができました。

アロケーション保証+老舗のIDOプロジェクト=100%利益倍増?

5つ星の料理を作るためには、良いレシピの他に質の高い材料が必要です。Infinite Launchでは、投資家にアロケーション保証のチャンスが与えられるだけでなく、プラットフォームでは既に「The Wasted Lands」や「Champ Force」など、これからローンチされるいくつかのタイトルを含む、最高のプロジェクトが控えています。 特別なアロケーションと、これからローンチされるユニコーンプロジェクトのリストを見れば、ユーザーがこのローンチパッドからどれだけの利益を得られるかは想像に難くありません。他のローンチパッドでは、コミュニティメンバーに紹介できるプロジェクトのリストが充実していないため、プロジェクトリストの準備状況がInfinite Launchを他の市場と差別化しています。

Infinite Launch の立ち上げ – クリプトバースにおける画期的なマイルストーンとなるか? 成長への明確な軌跡を持つInfinite Launchは、すでに市場のさまざまな関係者から多くの国際的な評価を受けています。Infinite Launchは、Exnetwork Capital、Good Game Guild、Maven Capital、Lotus Capital、Kernel Ventures、Chain Capital、Everse Capital、Phoenix Newtribe、IBA、Basics Capital、X21 Digital、BCA、DCI、VBCなど、経験豊富で信頼できるパートナーやインフルエンサーからの多大な支援を得て、200万米ドルの資金調達に成功しました。Infinite Launchは、その独自性と強力なパートナーポートフォリオにより、20以上の多国籍コミュニティがさまざまなAMAセッションを行うなど、高い注目を集めています。また、メインのTelegramコミュニティのメンバー数は87,000人を超え、公式Twitterアカウントのフォロワー数は65,000人に達しています。

このような驚異的な実績と有望な未来を持つInfinite Launchは、2021年11月の最終週にそのトークンを正式に公開する予定です。このローンチパッドのパブリックセールに参加するための詳細な説明が、Mediumチャンネルに掲載されており、すでに大きな注目を集めています。発表によると、Infinite LaunchのBony Bastard NFTを所有しているユーザーに大部分のアロケーションが提供され、残りのアロケーションはローンチパッドの可能性を認めるすべての人に開かれています。

しかし、Infinite Launchが、CoinMarketCapに基づく世界最大級の中央集権取引所でもローンチパッドを開始することを発表したことで、さらに興味深い状況となりました。

Infinite Launchのウェブサイトやコミュニティにアクセスして、公式発表の最新情報を入手し、2021年に開催されるおそらく最大のクリプトイベントを楽しむためのゴールデンシートを獲得してください。IDOへの参加方法についての詳細は、Mediumでの発表をご覧ください。

Infinite Launchについて

Infinite Launchは、厳選されたDeFiとNFTのプロジェクトを対象としたクロスチェーンのローンチパッドで、ホルダーがトークンをロックアウトしてIDOへのアロケーションを保証する初めての仕組みを備えています。

ウェブサイト: https://infinitelaunch.io/

Medium: https://infinitelaunch.medium.com/

Twitter: https://twitter.com/InfiniteLaunch

公式Telegramチャンネル: https://t.me/InfiniteLaunchNews

ホワイトペーパーhttps://infinitelaunch.io/InfiniteLaunch-Whitepaper.pdf

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!