CoinPostで今最も読まれています

アセットパッケージ型NFTの発行と取引プラットフォームであるCoreskyは、6月25日に第4期Launchpadを開始します

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

全球初のアセットパッケージ型NFTの発行および取引プラットフォームであるCoreskyは、米国東部時間の6月25日に第4期Launchpadを開始します。

このLaunchpadでは、Coreskyプラットフォームは、所有する総額75万ドル相当のScroll一次市場トークン枠を複数のScroll-packaged NFTに鋳造します。ユーザーがScroll-packaged NFTを保有することは、Scrollプロジェクトでまだ発行されていない一次市場トークンを所有していることを示します。

Scrollは、EVM相当のzkRollupであり、イーサリアムを拡張し、zkEVMを使用して第2層の実行の正確性を証明するために開発されました。この技術の登場は、現在のブロックチェーンネットワークの混雑や高いガス料金の問題と密接に関係しています。

Rollup技術は、計算が必要なコンテンツをLayer2プロトコルに複製して計算し、結果を圧縮してパッケージ化し、再度ネットワーク上に送信する役割を果たします。一方、ZKは、誰が検証者であるかを知る必要がなく、Layer2方法でパッケージング作業を完了できる零知識証明を利用する暗号学的アルゴリズムです。

ZKRollup技術を採用したScrollは、効率面で数万倍の向上を実現しました。

革新性と市場ポテンシャルにより、ScrollはPolychain Capital、Sequoia China(紅杉中国)、Bain Capital Crypto、Moore Capital Management、Variant Fund、Newman Capital、IOSG Ventures、Qiming Venture Partnersなど、多くの有名投資機関の支持を受けています。これらの機関は、Scrollに巨大な成長ポテンシャルがあると信じており、ブロックチェーン技術により多くの可能性をもたらすと考えています。

Coreskyは、以前にCelestia、Wormhole、Fuelの3つのLaunchpadプロジェクトを成功裏に開始しており、今回発売されるScroll-packaged NFTもWeb3ユーザーの注目と参加を集めることでしょう。

第4期Launchpadでは、3000個のScroll-packaged NFTが販売され、各NFTの初期Mint価格は100Uです。本次Scroll-packaged NFTの発行申し込みに参加するには、Coreskyプラットフォームが発行する権利クラスのNFTCoreCardを保持している必要があります。

第4期Launchpadに参加するには、ユーザーはCoreskyプラットフォームで無料でCoreCardを鋳造し、バインディングする必要があります。

7×24時間のバインディング要件を満たすと、ユーザーはCoreCardから生成されたTicketを受け取ります。

Ticketを使用して、Scroll-packaged NFTの買い付け活動に参加できます。当選したユーザーは、Mint Scroll-packaged NFTの権利を獲得します。

CoreCardは6つのレベルに分かれており、レベル4-5のユーザーは、各期のLaunchpadで高等級のCoreCardの特別な特典として、無料でアセットパッケージNFTを受け取ることができます。ユーザーは、トレードマイニングを通じてCoreCardをV4またはV5ランクにアップグレードすることもできますし、Coresky marketplaceで高ランクのCoreCardを直接購入することもできます。

CoreCardを持っているユーザーは、Coresky Launchpad活動に持続的に参加でき、Coreskyは年間12〜15回のLaunchpadプロジェクトを発表する予定です。

第4期Scroll-packaged NFTのLaunchpad活動では、Coreskyは米国東部時間7月3日00:00にCoreCard V4およびV5の保有アドレスのスナップショットを撮影します。

この時点でスナップショット条件を満たすCoreCard V4のユーザーは、200U相当のアセットパッケージNFTを獲得し、CoreCard V5のユーザーは1000U相当のアセットパッケージNFTを獲得します。ユーザーは、CoreskyプラットフォームでCoreCardをバインディングするだけで、スナップショット条件を満たすことができます。

Coreskyの前三期Launchpad活動では、CoreCard V4の平均収益率は88%、CoreCard V5の平均収益率は73.5%、CoreCard V3の平均収益率は30%でした。Coresky LaunchpadアセットパッケージNFTプロジェクトの発表が続くにつれて、CoreCardを所有するユーザーは引き続き大きな利益を得ることができます。

各期のCoresky LaunchpadのアセットパッケージNFTのトークンロックメカニズムは、該当プロジェクトの一次市場投資ラウンドに依存します。例えば、今回のScroll-packaged NFTでは、Coreskyプラットフォームの投資ラウンドは機関ラウンドであり、ユーザーはScroll-packaged NFTを保持しているだけで、トークンのロックが解除された後にチェーン上でclaimすることができます。

Coreskyは、アセットパッケージNFTの発行および取引プラットフォームのグローバルリーダーです。

第4期Launchpadの開始は、そのリーダーシップをさらに証明しています。

CoreskyのアセットパッケージNFTは、Web3業界の一次市場投資に参加する機会を提供し、NFTの種類を拡大し、NFTの境界を打ち破り、新しいエクイティNFT取引モデルを作り出しました。Coreskyは今後も、投資家に豊富な投資機会を提供するための新しいプロジェクトを発表することが期待されています。

世界中の暗号通貨業界のユーザーは、Coresky取引プラットフォームにログインして詳細情報をご確認ください。

Coresky公式サイト:https://www.coresky.com/

Twitter:https://twitter.com/Coreskyofficial

Discord:https://discord.gg/coresky

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!