CoinPostで今最も読まれています

初のソーシャル分散型永久取引所が合計760万ドルを調達、ガバナンストークンを導入

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

$ZKXが主要取引所で保有および取引可能に

2024年6月19日 — StarknetおよびEthereum上に構築された初のソーシャルPerpトレーディングDEXであるZKXは、Flowdesk、GCR、DeWhalesなどの主要投資家からの新たな戦略的資金調達ラウンドを通じて、合計760万ドルを調達しました。過去の投資家にはHashkey、Amber Group、Crypto.com、StarkWareが含まれます。

この資金の注入により、ZKXプロトコルの拡張が加速されます。これにより、ソーシャルコピートレードプールなどの新機能の導入や、クロスチェーン相互運用性への画期的な拡大が可能となり、永久スワップを楽しく誰にでもアクセス可能にするというビジョンに一致します。プロトコルは、永久先物の取引をゲーミフィケーションされた取引バトルでソーシャルにし、そのアプチェーンを利用して比類のないスケーラビリティと高速APIを提供するよう設計されています。

彼らはネイティブトークンである$ZKXをKuCoin、Gate.io、Bitgetでローンチしました。$ZKXトークンのローンチにより、ZKXユーザーやコミュニティメンバーがチームと共にプロトコルの方向性を形作ることができるようになります。

ZKXの創設者であるEduard Jubany Tur氏は次のように述べています。

「2年前、DeFiをアクセスしやすく、ソーシャルなものにするという目標でZKXを立ち上げました。今日は、$ZKXトークンのローンチという大きな節目を迎えました。

このトークンは単なるデジタル資産ではなく、コミュニティメンバー、ユーザー、パートナーからの素晴らしい貢献に報いる方法です。ガバナンス、ステーキング、およびZKXエコシステムの成長に重要な役割を果たします。

私たちのビジョンを信じてくれる投資家のサポートに深く感謝しています。このマイルストーンは、ZKXとそのユーザーにとって変革の年の始まりを意味します。」

追加のローンチイニシアチブ

$ZKXのローンチに加えて、ステーキングとエアドロップも開始されます。

6月19日から、ユーザーは$ZKXをステーキングしてプラットフォームの収益の一部を得ることができます。ステーキングプランは、プラットフォームの成長と持続可能性にとって重要な、安定したコミットメントのあるユーザーベースを奨励するように設計されています。

エアドロップは、アクティブなコミュニティメンバーと初期採用者に報いることを目的としています。トークンの総供給量は1億トークンで、そのうち33%がローンチ時に解放されます。

ZKXは、2024年に複数のL1およびL2ブロックチェーンエコシステムに存在感を拡大することを目指しています。

ZKXの詳細については、https://zkx.fi/ をご覧ください。

完全な発表はこちらでご覧いただけます – https://zkx.fi/blogs/the-zkx-token-launch

ZKXについて

ZKXは、PVPバトルと永久先物の競争を通じて取引をソーシャルにします。アプチェーンを活用し、集中型取引所の効率性とDeFiの自己管理および信頼性を組み合わせることで、比類のないスケーラビリティと高速APIを提供します。

ZKXは現在EthereumおよびStarknet上に展開されており、SocialFiとDeFiが交差する最前線に立っています。

詳細は https://zkx.fi/ をご覧ください。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!