フィンテック専門家が2018年の仮想通貨の価格変動予想を発表

フィンテック専門家によるパネルディスカッションで仮想通貨8種類の予想がされる
4人の専門家が仮想通貨について討論し、メジャーなコイン8種類の今後を予想しました。(Bitcoin、Bitcoin Cash、Ethereum、Litecoin、Ripple、Stellar Lumens、Verge)
Cardanoが上昇率1位?
討論者の予想では2018年、一番の価格上昇を見せるのはCardanoです(8623.99%)。

Finder.comが新たな月間仮想通貨予想調査サービス(Cryptocurrency Predictions Survey)を用いて2018年末までにCardanoが3番目に大きい仮想通貨になることを予想しました。

Finderはクレジットカード選択、不動産購入、健康保険などの決断を助言する価格比較ウェブサイトです。

Finderは2006年に設立され、10カ国で運営し、175人の従業員がいます。

スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

討論者

以下がその4人の討論者です。

  1. 元税理士およびファイナンシャルアドバイザー、Sprout Superannuation創業者Clayton Daniel
  2. ブロックチェーン振替サービスWyre Inc.社長Michael Dunworth
  3. 有力企業家Finder共同創設者Fred Schebesta
  4. プロ「未来派科学技術者」Joseph Raczynski

Joseph Raczynski氏はAI(人工知能)、サイバーセキュリティ、そしてリーガルテクノロジーを専門とする技術コンサルタントです。

Raczynski氏は8個のコインのうち、6個について同じ予想をしています。

「重い規制がかかれば、3〜6ヶ月は価格上昇が止まるでしょう」

分析結果

討論者たちは徹底的な分析をし、全コインについて2月1日と12月31日の時価総額と市場価格を予想しました。

パネルディスカッションではCardanoのトークン(ADA)価格が8623.99%上昇し、2018年末には3番目(ビットコインとビットコインキャッシュに続いて)に高い時価総額となることが予想されました。

そしてStellar Lumensのトークン(XLM)が2番目に大きい1269.93%の上昇をすると予想されました。

他のコインについては24.14%から119.9%までの上昇が予想されましたが、Vergeだけは37.99%下がると予想されました。

また、Cardanoは数日前、ADA先物をBitMEXに登録しました。

面白いことにCardanoに対する討論者のコメント(二つしかありませんが)はあまり肯定的には思えませんでした。

その一つが以下の発言です。

「Cardanoは第三世代の仮想通貨であり、チームは毎週最新情報を更新しています。どうやらこの世界ではそれさえすれば(毎週の情報更新)数十億の価値を保有できるようです ー Cardanoにはそれしかないようなので」

Coinmarketcapでは現在、Cardanoの時価総額は190億ドル(約2兆円)を超えています。

実装から4ヶ月しか経っておらず、Cardanoが仮想通貨でなければ非常に印象的な上昇と言えたでしょう。

しかしこのような上昇は仮想通貨界では普通になってきています。

Vergeに関しては一人の討論者がMcAfee coins-for-cash論争についてコメントしました。

McAfeeが本当に決済のためにコインをポンプしてるのであればVergeは必然的に失敗するでしょう。

不運なことにVergeは論争の真実に関係なく、巻き込まれた可能性があります。

Finder.com Predicts a Good Year for Cardano, a Bad One for Verge

Jan. 11, 2018 by Simon Golstein

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。