CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン推移は正念場、足元のETF需要は伸び悩む

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

マクロ経済と金融市場

前週末24日の米NY株式市場は、ダウ平均株価は前日比63.8ドル(0.17%)高、ナスダック指数は19.7ポイント(0.12%)安で取引を終えた。

東京株式市場では、日経平均株価(前引け)は前日比66.7円(0.17%)安と続落した。

仮想通貨市況

暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は前日比1.4%高の1BTC=63,887ドルに。

BTC/USD日足

イランとイスラエルを巡る中東情勢の地政学リスク悪化を受け、金融市場では神経質な展開がつづく。米消費の底堅さを示す経済指標を受けての米長期金利上昇も株やビットコイン(BTC)などリスク性資産には向かい風だ。

Stockmoney Lizards氏が指摘するように、三角保ち合いの下限であるトレンドラインのリテストで拒否され、短期的なトレンド転換を示唆した。

買われすぎ水準にあった相対力指数(RSI)は40台まで低下しほぼフラットに。Funding Rate(資金調達率)も複数の銘柄がマイナス乖離に達した。

Ali氏は、glassnodeのオンチェーンデータ分析などから、現在推移する1BTC=62,000ドルは重要なサポートライン(下値支持線)であると言及。

底割れた場合は、次のサポートの51,500ドル付近までの下落が視野に入るとした一方、反発して66,250ドル水準を上回ってくるようであれば、強気トレンドの再燃もあり得るとした。

ETFの需要が鈍化

ビットコインETF(上場投資信託)への資金流入は、過去4週間に渡り需要が減少しており、ブラックロックのiシェアーズ・ビットコイン・トラスト(IBIT)のみ純流入が続いている。

インベスコ・ギャラクシー・ビットコインETF(BTCO)、ヴァンエック・ビットコイン・トラスト(HODL)、ヴァルキリー・ビットコイン・ファンド(BRRR)など、他のファンドは流入が途絶えており、グレースケールの投資信託「ビットコイントラスト(GBTC)」からの多額の流出分を補うには至っていない。

Farside Investors

ETF、投資信託、ヘッジファンドなどの専門知識を有するブルームバーグのリサーチ・アナリスト「James Seyffart」氏は、この点について次のように解説した。

Seyffart氏曰く、米国には約3,500ものETFが存在するなか、8割以上のETFが15日は資金流入0であり、特段珍しい現象ではない。

また、今年3月にビットコイン先物ファンドをビットコイン現物ETFに転換したハッシュデックスの最高投資責任者であるサミール・カーベッジ氏は、銀行や基金はビットコインETF(上場投資信託)に投資するリスクについて、厳格なデューデリジェンス(投資先の価値やリスク調査)のプロセスを始めたばかりであり、実際に購入に至るまでは時間を要するとの見方を示した。

関連:おすすめの仮想通貨取引所のメリットを比較 イラスト解説付き

関連:ステーキングや積み立てサービスに優位性、仮想通貨取引所「SBI VCトレード」のメリットを解説

過去に掲載したマーケットレポート一覧はこちら

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。
11:10
Slash Fintech、暗号資産決済でVプリカ販売サービス開始 NFT特典も実施中
Slash FintechがVプリカ販売サービスを開始。暗号資産(仮想通貨)決済でVプリカ購入可能。特典としてSlash Genesis NFTをプレゼント。利用方法から使い方まで解説。
10:00
ブラックロックのビットコインETF、アナリストが高評価
ブラックロックの仮想通貨ビットコインETFの購入者数は記録的な数字であると、ブルームバーグのシニアアナリストが高評価。レポートが提出され、ビットコインETFのパフォーマンスを分析した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア