CoinPostで今最も読まれています

【前編】リスク(Lisk)リローンチイベントまとめ:変更点、LiskIDなど

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

日本時間21日午前4:30より、Liskリローンチ・リブランディング発表がありました。

今回のイベントでは新ロゴ発表、一新されたホームページやプロダクトネームなど、Liskファンにとっては興奮する内容となりました。

目次
  1. 新ロゴの発表
  2. Liskの目的と意義
  3. 新しいプロダクトネームとアイコン
  4. 新ホームページ
  5. LiskIDの詳細

イベント内容は大きく別けて10つ(記事:前編5つ後編5つ構成)となり、要約は以下の通りです。

1、新ロゴの発表

Liskチームが以前より予告していた通り、Liskのロゴが新しく生まれ変わりました。

過去のクリスタルに似せた、シンプルでクールな新しいロゴとなっています。

新しいロゴに関する動画ですが、1分にもかからずかっこいいので是非ご鑑賞ください!

2、Liskの目的と意義

初めに、Liskは企業の存在目的及び意義を明確化しました。

Liskの目的を一言で表すと、『We enable blockchain creators:ブロックチェーン・クリエイターを可能にさせること』です。

つまりデベロッパーに向けて、ブロックチェーン開発プラットフォームを提供し、一般技術者がLisk上で開発したアプリなどを一般利用者が使用することによる相乗効果を生むことを目標にしています。

これを更に簡単に言うと、ブロックチェーン技術をより一般向けに利用しやすくするということになります。

これは以下の項目により可能になります。

  1. 開発を容易に
  2. アプリ管理のためのプロフェッショナルなツール提供
  3. トピック、プラットフォーム、ツールの教育
  4. 優れた採用事例を基にインスパイアする
  5. しっかりした基盤およびスケーラブルなインフラを構築し維持させる

3、新しいプロダクトネームとアイコン

先日、CoinPostと独占インタビューを行ったマーケティング・リードのThomas氏本人から新しいプロダクト名とアイコンの発表がありました。

上述にあるLiskの目的は、正しいデザイン・マーケティングを通さなければユーザーには伝わらない、とThomas氏は言います。

Lisk Coreの名前は変わりませんが、Lisk JSはLisk Elements、LiskyはLisk Commander、そしてLisk AppはLisk Hubと名前が大きく変わり各アイコンデザインは以下のようになりました。

新しい名前とアイコンにより、Lisk開発チームの取り組みをより分かりやすくユーザーに伝達します。

4、新ホームページ

今回最も注目度の高い発表の1つは新たなホームページの公開と、一部プロダクトの新サービス提供です。

ホームページに関しては、仮想通貨初心者からベテランの開発者すべてに受け入れられるようになっています。

今後は動画コンテンツ、初心者から上級者にレベル分けしたイベント開催の情報、そしてニュースレターをホームページから流していくと言及しました。

特に最新情報はYoutubeの動画として発表されるので、YoutubeのLisk公式チャンネルを登録することをお勧めします。

ブログを読むより、動画を見たほうが楽しい、がLiskチームの意図になります。(今回のイベントで流された動画のクオリティの高さから見て、この本気度は十分伝わるでしょう。)

ホームページの新デザインに踏まえ、Lisk Hubと呼ばれるウェブベースのアプリケーション(前Lisk App)を新たに開発しました。

リリースはまずβ版になりますが、Lisk Hubから自身の保有するLSKコインの管理やその他のサービスへのアクセスなど基本的な操作を行うことが可能となります。

ユーザー登録機能であるLisk ID(後述)に加えて、Explorerと呼ばれる検索機能や、ウォレット管理、新たな拡張機能などが随時更新予定となっています。

5、LiskIDの詳細

Lisk Hubの新しい機能の一つとして、Lisk IDが登場しました。

Lisk IDでは個人アカウントを作成し、このアカウントでログインすることによってHUB内の機能が使用可能になります。

特徴的なのはこのLISK IDの作成に際し、不規則な数文字列のID と複数の図形を組み合わせ、Liskアバターと呼ばれるそれぞれのIDに由来するユニークロゴを生成するシステムです。

このLiskアバターでは、一度生成されたデザインは二度と発行されることがないため、他のユーザーとロゴが被ることはありません。

よって、仮想通貨の送受信時のアドレス判別などの見分けが付きやすくなるなどの利点もあります。

リローンチイベント全編(英語)はこちらで確認できます。

コインポストの関連記事:

後編ニュースやインタビュー記事はこちら!

【後編】リスク(Lisk)リローンチイベントまとめ:Lisk Core 1.0.0進展など

【Vol.1】Liskインタビュー:リローンチとロードマップについて

【Vol.2】Liskインタビュー:日本・アジア市場での展開について

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況
18:11
バイナンス、アルトコイン5銘柄(通貨ペア)を6月14日に上場廃止へ
大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは、アルトコイン5銘柄(5つの通貨ペア)の上場廃止を発表した。6月14日 UTC3:00(日本時間12:00)を以て売買できなくなる。
16:40
WebX2024、最大55%OFFの超早割チケット販売終了まであと2日
国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostが企画・運営するWeb3カンファレンス「WebX2024」。超早期割のセール期限まであと2日。
16:09
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を開始へ キャプ翼NFTなど発売
Animoca Brands JapanがNFTローンチパッド「SORAH」を2024年6月18日に開始。第一弾は『Captain Tsubasa Team Collection』など3つのコレクションを発売予定。NFT初心者も安心のインターフェース採用。
13:55
EUイノベーションハブ報告書、匿名銘柄や仮想通貨ミキサーで犯罪捜査が困難に
欧州連合域内安全保障イノベーションハブは、初の暗号化レポートを公開。暗仮想通貨に関するセクションでは、犯罪収益のマネロンに仮想通貨が広く使用されていると指摘し、ゼロ知識証明とレイヤー2ソリューションが普及すると、資金の追跡がより困難になると懸念を表明した。
13:20
韓国ビッサム、仮想通貨「ICP」新規上場予定
リスティングの対象仮想通貨銘柄は、DFINITYの「ICP(インターネット・コンピューター)」で、韓国ウォンとの通貨ペアで韓国時間12日17時より提供を始める。
13:05
リップル社、スタンダード・カストディの買収完了 米ドルステーブルコイン発行へ
米リップル社は、スタンダード・カストディの買収を完了したと発表した。今年後半に米ドル建てステーブルコインの発行を目指す。
12:10
ビットコイン66000ドルまで続落、CPIとFOMCを間近に控えリスク回避売り先行か
暗号資産(仮想通貨)相場では、重要指標のCPIとFOMC及びパウエル議長記者会見を控える中、ビットコインは66000ドルまで続落した。リスク回避売りが先行しており、アルト相場からの資金抜けが目立つ。
11:20
トランプ氏、ビットコインマイニングの支持を表明 企業CEOらと面会
共和党の有力大統領候補であるドナルド・トランプ氏は12日、仮想通貨ビットコイン採掘の支持を表明し、首都DCでビットコインマガジンのDavid Bailey CEOや米上場のマイニング大手のCEOらと会談。
10:45
ポリゴン、970億円規模の助成金プログラム開始
仮想通貨ポリゴンの開発者を支援するため、Polygon Labsは970億円規模の助成金プログラムを発表。プログラムの概要や特化する領域を説明している。
09:45
「ビットコインは大幅に過小評価」米著名投資家ビル・ミラー氏見解
米国の著名投資家ビル・ミラー氏は、仮想通貨ビットコインは依然として大幅に過小評価されているとの見解を発表した。
08:45
ステーブルコイン発行企業テザー、今後1年間10億ドル超の投資見通し
同社はすでにステーブルコインの発行で保有している米国債から巨額の利益を出しており、24年1Q(1月から3月)では約14兆円の米国債保有だった。
07:45
カナダ上場企業DeFi Technologies、ビットコイン財務戦略採用 
東証上場のメタプラネットは11日新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを報告した。合計141 BTCの保有数となった。
07:10
「仮想通貨投資家はFOMCに注目を」レポート
仮想通貨相場における米FOMCの重要性などを記載したレポートをK33リサーチが公開。ビットコインやイーサリアムの相場に言及している。
06:30
バイナンスラボ、Zircuit(ザーキット)に出資
Zircuitネットワークは現在35億ドル以上のステーク資産をホストしており、「Build to Earn」プログラムには1,100件以上の申し込みがあった。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア