CoinPostで今最も読まれています

『Lisk Tokyo Meetup 3/26』イベントレポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Lisk Meetupは大盛況
LiskのCEO「Max Kordek」氏の緊急来日にあわせて、Lisk公式の「Meetup」をCoinPostプレゼンツで開催した時の模様をレポートでまとめました。Max氏のプレゼンでは、仮想通貨「Lisk」における将来のビジョンについても語られています。
目次
  1. Liskの歴史
  2. Liskアカデミーの紹介
  3. 今回のリブランディングで追加されたページ
  4. Liskの想い
  5. Liskの今後について
  6. 質疑応答
  7. まとめ

Lisk Meetup:内容レポート

今記事は、3月26日(月)に開催された、「Lisk Tokyo Meetup 3/26 Presented by CoinPost」の内容をまとめた記ページです。

Lisk CEO Max Kordek氏の緊急来日にあわせて、Lisk公式の「Meetup」をCoinPostプレゼンツとして開催させていただきました。

ミートアップとは

仮想通貨の開発者などが集まって、交流を図るカジュアルな場。

質疑応答などが行われるため、ホルダーの注目度は高い。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

イベント開催を告知後1日以内にチケットが完売となるなど、参加いただいた皆様のおかげで本当に盛り上がったMeetupとなりました。

そのイベント内容を一部発表の順番を前後調整、省略しつつお伝え致します。

Liskチーム唯一の日本人「遠田秀説」氏

開会の挨拶やCoinPostからの挨拶が終わり、いよいよMax氏のプレゼンテーションに入ろうかというタイミングで、会場の参加者にサプライズビデオレターが前方スクリーンに映し出されました。

ビデオレターの送り主は、Liskチームで唯一日本人として活躍されている「遠田秀説」氏です。

「今回のミートアップには参加できませんが、今晩は皆さん楽しんで下さい!」という秀説さんの言葉をいただき、会場のボルテージが最高潮に達したところで、Max Kordek氏が登場し、プレゼンテーションに移りました。

Presentation Report1:Liskの歴史

Liskは、2016年にMax KordekとOliver Beddowsの二人で共同設立されました。

Liskを立ち上げたきっかけ。それは「ブロックチェーン技術の学習や開発支援をしたい」と二人が考えた事だったそうです。

Max氏はこう語りました。

「ブロックチェーンは大変興味深い技術でしたが、ブロックチェーンの技術を使うには、多くの知識が必要であり、その為に膨大な時間を使って勉強しなければなりませんでした。」

「そのような状況を改善し、開発者がブロックチェーンをよりシンプルに、簡単に学び、使いこなせるようにサポートしたいと考えた他、開発者がブロックチェーン技術を使って、プロダクト開発ができるような開発環境を提供したい。そう考え、LiskをOliveと二人で共同設立しました。」

「それらの経緯からあり、Liskはデジタルの部分だけではなく、様々なユーザーと対話する事を大事にしております。」

Presentation Report2:Liskアカデミーの紹介

Liskアカデミーの紹介もありました。

ブロックチェーンベーシックとブロックチェーンビジネスというページがあり、仮想通貨を全く知らない人でも、このページを読めば、仮想通貨やブロックチェーンに関するある程度の知識が身につくそうです。

Presentation Report3:今回のリブランディングで追加されたページ

また、今回のイベントでもリブランディングに関する説明がありました。

今回のリブランディングで公開されたページおよび、Liskのプロダクトの紹介として、

  • Lisk Core
  • Lisk Elements
  • Lisk Commander
  • Lisk Hub

の上記4つの紹介がありました。

Lisk Coreは「分散型ネットワークを運営していくコアの部分、つまりLiskの心臓部にあたる」との事で、Lisk Elementsはどちらかというと、開発者向けのプロダクト。

Liskを使ってユーザー同士がコミュニケーションを取れるようなライブラリーが組み込まれています」との事です。

また、Lisk Commanderとは「Commandarも開発者向けのプロダクトであり、Lisk Commandar上でテキストチャットを行える」と説明があった他、Lisk Hubは「一般ユーザー向けでのプラットフォームであり、技術的な知識が無くても使いやすい仕様になっています」と説明いただきました。

リブランディングのレポートをCoinPostでも取り上げておりますので、こちらも参照してみて下さい。

CoinPostの関連記事

https://coinpost.jp/?p=15153&from=in_article https://coinpost.jp/?p=15175&from=in_article

Presentation Report4:Liskの想い

Max氏は、Liskの想いについてこのように語っています。

「ブロックチェーンは素晴らしい技術だと思います。」

「ブロックチェーンがあれば、世界中を結びつける事ができるだけでなく、技術の透明性、信頼性を高めることができます。」

「しかし、Liskの究極的なゴールは技術者がLiskのプラットフォーム上で、ブロックチェーン技術を開発できるだけでなく、Liskと作られたアプリケーションとの間に相乗効果を生み出すことです。」

「一部のデータをブロックチェーンを乗せ、残りを中央集権的な技術に頼るようなブロックチェーンと従来の技術とのハイブリット化の実現は、比較的容易ですが、Liskが目指しているのは、100%分散型のブロックチェーンアプリケーションの実現です。」

Presentation Report5:Liskの今後について

今後、Lisk Core1.0オープンデータ版を数週間以内に、リリース予定とのことです。

Max氏は「目に見える部分では、大きな違いを感じる事はあまりないですが、技術的には物凄いアップデートなのです。」と語っておりました。

また、Lisk Core1.0の発表の後に、新しい手数料システムや、Adressシステムの発表を予定しているとの他、Lisk Commander 1.0はLisk Core 1.0と同じタイミングでリリースされる予定で、サイドチェーンの開発機能などが追加される予定との事です。

Lisk Hubのバージョンアップデートは定期的に行なっていく予定であり、現在はver 0.3を開発中とのことです。Max氏はLisk Hubについて、「UX(ユーザーエクスペリエンス)を重視しており、今後も改善していく予定です」と語っておりました。

質疑応答

リブランディングの際に2018年は「Beginning」と言っていたが、その理由は

とあるウェブサイトの記事で、1950年はソフトウェア、1970年はインターネットの革命が起きたように、2018年は仮想通貨の革命が起きるのではないかといった指摘がされていましたが、私はその指摘と全く同じ考えをしております。

今年2018年、2019年、2020年の向こう三年間は仮想通貨市場を作り上げていく上で重要な三年間になるのではないでしょうか。そういった意味で、私はリブランディングのイベントで「Beginning」と語りました。

なぜ三年間という期間があるのか。開発にはどうしても三年間ぐらいの期間がかかってしまうからです。「すぐ」という言葉をプロジェクト上で使っていますが、「すぐ」と言っても三年くらいの期間は必要だと思います。

また、私たちLiskチームも現在もなお成長を続けているだけでなく、信頼できるチームとして拡大しています。仮想通貨市場にとってもこの三年間は重要ですが、それはLiskにとっても同様で、とても重要な三年間になる事でしょう。

リローンチイベントは「成功した」と言っていたが、どの観点での成功か

Liskトークンの価格は下落してしまいましたが、Liskコミュニティのフィードバックが非常に増えた点で満足しております。

リローンチをし、新しい「Lisk」へリブランディングした際に、大きく注目されたことで、量的な意味でも、質的な意味でもフィードバックが向上した事が、今回のリローンチイベントでの「成功」です。

ブロックチェーン技術が普及していくにあたって、Liskがどのような役割を担いたいと考えているのか

今後、5年,10年で仮想通貨市場やブロックチェーン市場は益々発展するでしょう。

目に見える形ではないかもしれませんが、Liskが陰ながら皆さんの生活を支えたり、生活の中に溶け込んでいけたらと思っております。何かしらの「支え」にはなりたいですね。

イーサリアムやNEOなどと敵対していくのか、共存していくのか。また、Liskが狙ってる業界内におけるポジション等はあるのか

イーサリアムやNEOはスマートコントラクトのプラットフォームであり、Liskはブロックチェーンのプラットフォームという事で、両者には根本的に大きな違いがあると考えております。

Liskの利点、強みは独自のブロックチェーン技術を開発できる事にあります。共存するか、競争するかといったご質問でしたが、私たちは誰かを潰すような競争を好みません。

世の中には様々な課題があり、その課題に対して私たちは手を取り合い、お互いの得意分野や強みを発揮して、様々なソリューションを提供できたらと良いと考えております。

私たちはLiskに合ったフィールド、得意なフィールドにターゲティングして活動していくつもりですし、独自戦略の一環として現在サイドチェーンを開発しており、開発者はそのサイドチェーンを使って、独自のアプリケーションを開発できるようになるでしょう。

Liskチームとのコミュニケーションやアプローチ方法について

何かアイデアがあれば、LiskチームのコミュニケーションマネージャーであるMatやJanに是非アプローチして下さい。

私(Max)もTwitterをはじめとした、SNSアカウントを持っているので、できる限り皆さんの質問や意見などに回答するようにします。

まとめ

今回のイベントは、本当に主役Max氏の笑顔がとても眩しかったです。

会場の皆さんはプレゼンテーションから、懇親会まで彼の笑顔に癒されたのではないでしょうか。

私たちスタッフとも、控え室で笑顔に対応して下さって、本当に私(筆者)も彼のファンになってしまいました。予定には無かった懇親会での写真撮影会も参加者皆さん、一人ずつ丁寧に対応されてましたし、質問にも丁寧に答えて、本当に感激です。

彼(Max氏)とイベント当日にCoinPostスタッフとお昼にもお会いさせていただいていたのですが、「今日は何だか喉痛いし、体調優れないんだ…」とおっしゃってました。それでも、あの笑顔…「本当にありがとうMax!」と言いたいです。

また、初めてのCoinPostのイベントという事もあり、ユーザーの皆様と直接お話でき、生の声をいただけた事、本当にありがとうございます。

不慣れで至らない点も多かったと思いますが、ユーザーの皆さんの笑顔が私たちの活力となりました。協賛のカウンティア様、LIFULL様もありがとうございました。今後もCoinPostをどうぞよろしくお願いいたします。

「プレゼントキャンペーン」実施中!

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア