GWの仮想通貨市場はどうなった?変動率から見る2018年のGW相場

GW相場はどうなった?
仮想通貨市場は全体的に堅調な推移で、市場全体の時価総額では3月以降最高水準に。その中でも時価総額15位以内の通貨をピックアップした結果、世界4大会計事務所が運営会社の株式を取得したVeChain、また時価総額上位のETH、BCH、LTCなども大きく高騰したことがわかりました。

GWも最終日となり、仮想通貨市場も主要通貨で特筆した大きな動きは見受けられないものの、全体的に堅調に推移しています。

連休ではありましたが、昨年この時期に仮想通貨相場が大きく動いたことから注目していたトレーダーの方は、多くいらっしゃったのではないでしょうか。

実際に時価総額15位までの通貨を今年のGWの変動率でまとめました。(時価総額は6日13時現在のものです)

GW期間データ(JPY表記)
4月28日始値 5月6日13時 同期間最安値 同期間最高値
1.Bitcoin(BTC) 1,014,364 1,082,639 967,229 1,084,655
2.Ethereum(ETH) 74,035 90,667 69,005 90,782
3.Ripple(XRP) 92.479 99.73 87.111 99.977
4.Bitcoin Cash(BCH) 153,100 182,701 140,510 200,000
5.EOS(EOS) 1,874 1,903 1,809 2,387
6.Litecoin(LTC) 16,323 19,603 15,694 19,728
7.Cardano(ADA) 32.529 39.1723 30.687 42.378
8.Stellar(XLM) 44.715 46.738 41.768 47.852
9.IOTA(IOTA) 218.688 271.5752 196.022 304.38
10.NEO(NEO) 8,217 9,619 7,847 10,094
11.TRON(TRX) 8.4 9.2748 7.842 11.063
12.Dash(DASH) 53,357 56,322 49,200 57,435
13.Monero(XMR) 28,113 26,416 24,767 28,637
14.NEM(XEM) 43.6999 46.317 42.81 47.65
15.VeChain(VEN) 412.42 564.48 412.42 602.63

このように見ると時価総額上位15位の通貨は、モネロを除く14通貨がGW前より高騰している状況となりました。

高騰の背景には、主軸となるビットコインが1万ドルまで価格を戻すほどの勢いを見せたことや、仮想通貨の時価総額自体が大きく回復するなど、市場全体が強気相場となる状況があります。

仮想通貨市場の時価総額は28日に4181億USDであったのに対し、本日6日に4710億USDと3月以降最高水準となり、GW期間だけでも12.65%も市場規模が拡大しています。

GW期間の28日始値から本日13時次点での変動率上位3位は以下の通りです。

  • 1位.VeChain(VEN) 36.87%
  • 2位.Ethereum(ETH) 22.47%
  • 3位.Litecoin(LTC) 20.09%
  • 4位.Bitcoin Cash(BCH) 19.33%

似た変動率でも、時価総額によっては動いている金額が大きく異なります。

今回は時価総額上位15位までの通貨をピックアップしてご紹介しましたが、時価総額1位BTCと15位VENでは、市場規模は63.8倍もの差があります。

このように市場規模や動いているお金の量が違うにも関わらず、2位から4位にランクインしたのは時価総額がより高いETHやLTC、BCHとなりました。

GW期間中の最安値と最高値の変動率のランキングも紹介します。

  • 1位.IOTA(IOTA) 55.28%
  • 2位.VeChain(VEN) 46.12%
  • 3位.Bitcoin Cash(BCH) 42.34%
  • 4位.TRON(TRX) 41.07%

本日20万円の最高値をつけ大きく高騰しているビットコインキャッシュは、期間中の最低値から42.34%も高騰していることがわかりました。

ビットコインキャッシュは、取引量も大幅に増加しており、10日以内の予定となった8MB→32MBへのアップデートハードフォークの日程が近づいています。

CoinPostの考察記事

ビットコインキャッシュ:5月予定の8MB→32MBハードフォーク|ユーザーからの反発は?
スケーリングとスマートコントラクト導入を目的とするBCHのハードフォークが5月に控えています。この変更に対して、BCHの一部ユーザーからガバナンス問題を指摘されています。しかしながら、現時点で安全性に関する大きな反発はみられません。

また高騰率が目立った時価総額15位のVechainは、世界4大会計事務所であるプライスウォーターハウスクーパーズ(PwC)がVeChainの運営企業「VeChain Global Technology Holding Limited」と合弁事業関係を締結し、株式を取得したことが発表されています。

CoinPostの考察記事

世界4大会計事務所PwC:VeChain(VET)運営企業の株式を取得
世界4大会計事務所の一つであるPwCがVeChain(VET)運営企業の株式を取得しました。PwCはブロックチェーン監査サービスの提供を開始する予定、と過去に発表しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

各務貴仁CoinPost7株式会社CoinPost取締役COO 兼 編集長

高校卒業後アメリカ、カナダへ4年間の留学を経験。2017年1月から仮想通貨関係の事業に携わり、同年7月より仮想通貨・ブロックチェーン専門メディアCoinPostを立ち上げ編集長となる。国内外の仮想通貨、ブロックチェーン界隈の著名人との数々のインタビューなどを軸に、仮想通貨・ブロックチェーンの正確な情報をより早く届ける運営体制に力を入れている。