CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨初のヘッジファンドサミットが7月27日開催|ヘッジファンドの市場参加への推進起点となるか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨ヘッジファンドサミット開催
今月27日からニューヨークで、業界初となる仮想通貨ヘッジファンドサミット(2018 Crypto Hedge Fund Summit)が開催される。投資市場の有力者の参加に加え、個人投資家も参加可能となっており、専門家やインフルエンサーが一堂に会する場になると見込まれている。
ヘッジファンドが市場に及ぼす影響
ブルームバーグの資料によると、2017年には167にまで登ったヘッジファンド創設数が2018年には20にまで落ち込んでしまったようだ。仮想通貨ヘッジファンドの成長は、機関投資家などの莫大な資金の流入を意味し、市場の成長に大きな影響をもたらすと考えられている。今回のサミットには、機関投資家参入の促進による市場の発展が期待される。
ヘッジファンドとは
そもそもファンドとは、投資家から集めた資金で投資を行い、利益を分配すること。そして、ヘッジファンドはその中でも、様々な手法でリスクを極小化しつつ、積極的な運用を行う。また、最低投資単価が高く、主に機関投資家や富裕層が対象となっている。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

仮想通貨ヘッジファンドサミット開催

今月27日からニューヨークで、業界初となる仮想通貨ヘッジファンドサミット(2018 Crypto Hedge Fund Summit)が開催されます。

起業家向けのサービスを提供するLiaoyuan社と 仮想通貨取引プロバイダーのTrade Terminal社が共同で開催するこのサミットには、世界最大の資産運用会社BlackRock社をはじめ、仮想通貨投資会社BlockTower社、ヘッジファンドTwo Sigma Compasなどの、投資市場の有力プレイヤーの参加が確認されています。

流通市場向けのサミットではあるものの、個人投資家も参加可能だということで、200人以上の仮想通貨関連分野の研究者や専門家、インフルエンサーやファンドマネージャーが一堂に会し、現在の市場の評価や将来の投資動向などについて、活発な議論が行われる予定です。

共同主催者のLiaoyuan社、最高経営責任者であるChen Li氏は、このサミット開催の動機について、次のように述べています。

「仮想通貨市場は、急速に成長しているものの、多くのファンドマネージャーは依然として、法的、技術的面で懸念を持っており、投資を前進させるためには、そのあたりの事実関係を明確にする機会が必要だ。」

このようなChen Li氏の発言は、米大手ヘッジファンド、Citadelh社 のCEO、Ken Griffin氏の発言に代表されるような、ビットコインや仮想通貨に対する懐疑的な姿勢を如実に反映しています。

昨年、ビットコインを17世紀オランダのチューリップバブルになぞらえて批判したこともあるGriffin氏は、先週ニューヨークで開催された「アルファを実現する会議」(Delivering Alpha Conference)で、「仮想通貨は必要ではないし、ビットコインには困惑させられる」と発言し、以前の懐疑的な姿勢を再度示しました。

300億ドル(3兆3424億円)を超える資産を運用するCitadel社では、「仮想通貨を買うべきだというポートフォリオマネージャーは一人もいない」と同氏は述べ、ファンドとして「自分が信じていない仮想通貨」を商品化するかどうかの判断は非常に困難であるとコメントしています。

一方で、個人資産120億ドル(1兆3369億円)と言われる、投資家Steve Cohen氏が、仮想通貨ヘッジファンドのAutonomous Partnersに投資したと、今月半ばに報じられています。

Cohen氏は、Point72 Asset Managementの創設者兼CEOであり、彼自身がヘッジファンドマネージャーとして、巨額のファンドを運営してきた経歴を持ちます。

また、このサミットに参加を表明している前出のBlackRock社も、仮想通貨関連のリサーチを開始していることが報じられています。

このように、ヘッジファンドの仮想通貨市場への関心には温度差があるようです。

ヘッジファンドが市場に及ぼす影響

仮想通貨市場が急激な成長を遂げた2017年には、ヘッジファンドの数も急速な伸びを記録しました。

ブルームバーグの資料によると、167ものヘッジファンドが創設され、ヘッジファンドデータプロバイダーのユーレカヘッジ社(Eurekahedge)によると、2017年に同社が追跡調査した九つのヘッジファンド(合計資産10億ドル、1114億円)は、平均1477.85%のリターンを記録したと発表しています。

一方、今年初頭からの弱気相場を反映してか、2018年に新しく創設されたへッジファンドは、20にとどまるとともに、中には、撤退を余儀無くされたファンドもいくつかあると報じられています。

しかし、その運用手法の多様性やレバレッジにより、高いリターンを狙うヘッジファンドにとって、ボラティリティの高さや、流動性の低さは必ずしもネガティブな要因とはならず、リスク管理の手腕次第で、大きなリターンを達成するファンドが存在するのも事実です。

また、ヘッジファンドは、私募投信で、高額の最低投資額が必要であり、その投資対象が富裕層や機関投資家に限られるという特徴を持つことから、仮想通貨ヘッジファンドの成長は、機関投資家の参入の増加を意味することでもあり、仮想通貨市場の大きな拡大に繋がります。

2017年の仮想通貨市場は、主に一般投資家からの投資で大きな盛り上がりを見せたと言われています。

今回のサミットのような場を設けることにより、伝統的なヘッジファンドが、仮想通貨投資への理解を深め、投資の一つの選択肢として検討することは、機関投資家の参入を促し、仮想通貨市場の発展へとつながると考えられます。

CoinPostの関連記事

ビットコインなど仮想通貨市場への機関投資家の資金流入が加速|半期で約710億円に膨らむ
仮想通貨市場の低迷にも関わらず、ベンチャーキャピタル企業や、ヘッジファンドなどの機関投資家から仮想通貨市場への資金流入は、2018年初頭から6月15日時点にかけて約710億円に達するなど、大幅に増加している。
仮想通貨投資信託の投資額は週平均10億円増、内56%は機関投資家から|グレイスケール社レポート
ビットコインなどの投資信託を提供する仮想通貨投資会社グレイスケール社は、業界初となる、今年上半期の仮想通貨資産投資レポートを公開。仮想通貨市場の価格の暴落に相反して、同社製品への投資のペースは加速度的に高まり、6ヶ月で約2億5,000万ドル(280億円)という、同社創設以来の最高の資金流入額になったと報告した。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア