ミュージシャンがブロックチェーン技術で音楽のあり方を変える

ミュージシャンがブロックチェーン技術を通して知的財産の分配を試み始める
このような取り組みが広まると期待されており、少数のミュージシャンが人々にvenue及びアルバムへのアクセスを提供するための方法としてブロックチェーン技術の分野に足を踏み入れ始めました。

世界中の金融機関がブロックチェーンの流行に乗っている中、知的財産の創作者達が似た技術の可能性を考察することは驚くことではありません。

芸術家が分配の方法としてブロックチェーン、そして自主的な決済管理のためにEDCC(実行可能な分散コード契約)に直接繋がることができれば現存の力の裏をかくようなネットワークを作り出すことが可能です。

ブロックチェーン技術は技術進歩のトレンドに遅れをとらずに進化し続けている音楽業界にとって小さな変化にすぎません。

ブロックチェーンを使用した音楽

我々が音楽を楽しむ媒体は年来様々な形を取り、常に進化しています。

比較的最近の革命的であるiPodNanoやShuffleでさえ使われなくなり、音楽ストリーミングサービスが人気を得てきています。

MP3ファイルが廃止され、AACなどのようにより低いビット速度で良質に伝達するMPEGコーデックによって置き換えられる未来もそう遠くはありません。

アナログレコードが時代に逆らって、愛好家によって再び使われるようになった唯一の異例だったようです。

ファンが音楽を聞くための方法の変化でアーティストはブロックチェーンプラットフォームを分配の手段として検討し始めています。

この傾向が強くなれば、ブロックチェーン技術によって混乱を招く次のターゲットはレコード会社なるかもしれません。

例えば、ドイツの伝説電子バンドのKraftwerkは2018年2月13日にモスクワのクレムリンパレスで行われるライブのチケットをイーサリアムブロックチェーンを利用して販売しようと考えています。

流行に乗る最前線のミュージシャン達であるKraftwerkが、イーサリアムを使ったチケットの販売管理はファンにとっては驚くことではないかもしれません。

この方法を使ってチケットを購入する参加者の「入場券」はモバイルアプリに保存されます。

これによって紙チケットの必要がなくなり、結果的にゴミを減らすことができます。

コンサート会場はEDCCによって管理されたチケット販売を通して、ある程度を独自で管理することができます。

ブロックチェーンによるチケットの配布は買い占めなどを抑え、結果的に消費者及びアーティストの両方に役立つかもしれません。

仮想通貨と音楽

BjorkやImogen Heapのような他のアーティストは暗号通貨やブロックチェーン技術を自身の音楽と組み合わせようとしてきました。

Heapは2015年のシングル「Tiny Human」をイーサリアムのブロックチェーン上にリリースしました。

このプロジェクトはHeapによって計画されたMycelia foundationを成功させた例になりました。

ConsenSysはEDCCを使ったチケットの配布や販売を管理するためのバックエンドの設計に力を入れました。

「Tiny Human」ブロックチェーン計画はスムーズに進んだとは言えませんが(バグが多いインターフェイスや、シングルを購入するために必要なイーサの入手方法が分からなかったため222枚の個人購入しか引きつけず、総額130.20ドルにしかなりませんでした)、ブロックチェーンに対する障害及び消費者の容認についての重要な概念を明らかにしました。

Bjorkはイギリスのスタートアップ企業Blockpoolと協力して、ブロックチェーン場で配布に乗り出しました。

アイスランドのアーティストの最新アルバム「Utopia」は2017年11月24日現在でイーサリアム、ビットコインのような様々な暗号通貨を使って購入可能になりました。

アルバムを予約販売で購入したファンはさらに100「Audio Coin」(プレス時には0.20ドルの価値)をもらうというシステムにより限定アルバムの購入が簡単になりました。

これは小さいながらも面白い取り組みであり、熱心なファンに特別な内容を提供する方法として、他のアーティストたちもより一層努力してファンに独占的な物を提供する方法として仮想通貨にインスパイアーされるかもしれません。

ブロックチェーンシステムが消費者の需要に応えるまでにはまだまだ道のりは長いですが、技術を活用するアーティストによるこのような取り組みはその計画に置いて重要なステップになります。

第三者によってアーティストが知的財産を宣伝するためのグローバル市場はすでに出来ていますが、アーティストとファンの間にアービトラージすることでそれらのサービスにブロックチェーンが補足もしくは完全に置き換える時代が来るかもしれません。

それまで我々は待ち、傍観し、視聴することができます。

Musicians Are Tuning In To Blockchain Technology

Nov. 27th, 2017 by Jeremy Nation

参考記事はこちらから

CoinPost考察

音楽業界にブロックチェーン技術を取り入れる事で、ユーザーとアーティストをダイレクトに繋げることが出来ます。

これまでCDや配信時に仲介していた手数料もカット出来るメリットありアーティスト側は自由に音楽を好きなタイミングでリリースをして、利益を出すことでより一層仮想通貨業界がさらに発展していくきっかけになると思います。

仮想通貨を利用したスマートコントラクトが広がっていくと、これまでのの産業や経済のシステムに大きな変化を与える可能性があり、今後、スマートコントラクトの動きには期待したいです