アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

06/03 水曜日
13:50

Flipside Cryptoとのパートナーシップに関するお知らせ

ビジネスインテリジェンスプロバイダーであるFlipside Cryptoとのパートナーシップに伴い、顧客動向、開発者アクティビティ、財務状況などの主要なデータにアクセスするために必要な分析ツールを提供していくとのこと。Flipside Cryptoは、主要なデータを75以上のブロックチェーン企業に提供しているとのこと。
[出典元]
11:18

マンスリーリポート(2020年05月)

2020年05月の活動内容がまとめられており、CBDCに関するウェビナー開催、InsurTechでのユースケース、日本のオンラインイベントに創設者が登壇、開発者向けポータルに新規ツールを追加、スマートコントラクト・アーキテクチャ解説記事の公開などが行われた。
[出典元]
06/02 火曜日
11:27

オントロジー月報:ONT ID 2.0 /レイヤー2 / SAGA /コンセンサス等について

月報では、ONT ID 2.0、レイヤー2、SAGA、コンセンサス、DeFi、NFTをトピックとしてまとめられており、進捗状況の更新が行われている。
[出典元]
10:49

ETH2.0の現状

ETH2.0は、イーサリアムにスケーラブルで安全な分散型コンセンサスを提供するための大きな取り組みであり、実装を実現するために多くのチームと個人が動いているとのこと。その結果、ETH2.0に関する進行状況、方向性、動機、設計上の決定、遅延について、コミュニティからの質問が増えてきているとのこと。今後の理解を深めるためにこの記事では、ETH2.0の全体像を説明するとのこと。
[出典元]
06/01 月曜日
11:43

Ontology 2.0の紹介:レイヤー2対応、アクセス可能、ビジネス対応

オントロジー2.0は、エンタープライズと開発者の両方に焦点を当てて作成され、Wasm-JIT、Multi-VM、Layer 2、ONT ID 2.0などの新機能が実装されているとのこと。これら新機能によって、スケーラビリティ、パフォーマンス、互換性、および個人データのセキュリティに関する問題にさらに対処していくとのこと。
[出典元]
05/29 金曜日
11:41

ロジスティクス業界におけるオントロジーの新たな役割

ロジスティクスサービスプロバイダーであるKaiyun Deliveryと提携を発表。オントロジーはブロックチェーン技術を利用して、都市への配送効率を向上させ、実行コストを削減するために、あらゆる技術提供やリソースの統合を行なっていくとのこと。
[出典元]
05/28 木曜日
12:54

ETC Labs Accelerator:HUT Consulting CEOへのインタビュー

ETC Labs Acceleratorは、コンサルティング会社であるHUT Consultingの浦田CEOと協力をして、ブロックチェーンとデジタルアセットのスタートアップに対してテクニカルサポートを提供していくとのこと。また、英語と日本語のバイリンガルである浦田CEOについて、様々な側面からインタビューが行われている。
[出典元]
11:22

アービトラージ取引に適した基本通貨

2020年3月12日、COVID-19が発端となり金融市場に大きな影響を与え、イーサリアムとビットコインの取引手数料が高騰したため、決済の遅延が発生していた。その際、ユーザーは送金のためにXRPにシフトしていたことが確認されたとのこと。
[出典元]
11:06

Devcon:2021年のコロンビアに向けて

2021年のDevcon開催地が、コロンビアの首都「ボゴタ」であることを発表。今後は、イベント日付、都市、滞在と移動に関する推奨事項、他イベントへのサポート、学生プログラムなどについて詳しく報告していくとのこと。
[出典元]
05/27 水曜日
13:09

スマートコントラクトアーキテクチャについて

オフチェーンコントラクトを使用することで、ブロックチェーンの詰まりを軽減し、大規模で複雑なスマートコントラクトの設計が可能となるとのこと。また、柔軟性も兼ね備えているため、様々な言語と仮想マシンとの連携が可能とのこと。
[出典元]
13:05

人気ブロックチェーンゲームとのパートナーシップを発表

人気ブロックチェーンゲームであるMy Crypto HeroesとBrave Frontier Heroesとの提携を発表。2020年4月より、Ontologyの公式ウォレットである「ONTO」は、Non-Fungible Token(NFT)のサポートを開始しており、ユーザーはONTOウォレットからアクセス及びトークンの取引が可能になる。
[出典元]
12:34

RippleNet Cloudの活用メリットについて

銀行や金融機関は、RippleNet Cloudを使用することで、エンドユーザーへの決済高速化や40%〜60%のコスト削減、24時間365日無休の決済対応など、最小限の労力と柔軟性でビジネス上のメリットを最大化できるとのこと。
[出典元]