アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

05/27 水曜日
12:34

RippleNet Cloudの活用メリットについて

銀行や金融機関は、RippleNet Cloudを使用することで、エンドユーザーへの決済高速化や40%〜60%のコスト削減、24時間365日無休の決済対応など、最小限の労力と柔軟性でビジネス上のメリットを最大化できるとのこと。
[出典元]
12:17

ALGOオークションの払い戻しに関するお知らせ

2019年5月26日から2019年8月のオークション参加者は、払い戻しを受け取る権利があり、任意でリクエストを送ることができるとのこと。リクエスト後、払い戻しは2020年7月1日頃までに受け取ることができるとのこと。
[出典元]
05/26 火曜日
12:16

ブロックスター:生体認証によってパスワード管理を不要へ

リップルのCTOは、認証とデジタルIDに関する革新的なソリューションが、仮想通貨のユーザー体験に大きな影響を与える可能性があることを、サイバーセキュリティ企業であるKeylessの共同創業者と共に語っている。Keylessは、パスワードを不要にする堅牢な認証プロセスをユーザーに提供するとのこと。
[出典元]
11:12

オントロジーとOKExによるAMAのまとめ

Ontologyのテレグラム上で開催されたAMAは、OKExにてサポートが開始されたONT / USDとONT / USDTの無期限スワップに関するコミュニティからの質問に回答が行われたとのこと。Twitterから集められた質問に対する回答の他に、ライブQ&Aも行われ、ユーザーの直接的なメリットや将来の計画について知ることができる、内容の濃いAMAであったことが確認できる。
[出典元]
11:00

KuCoinでのStacks(STX)取引開始のお知らせ

2020年4月、Blockstackはアジアを拠点とする仮想通貨取引所KuCoinと、Stacks(STX)トークンのグローバルなアクセスを拡大するための契約を締結。そして本日、同取引所にてSTXの取引が正式に開始されることが発表された。
[出典元]
05/25 月曜日
16:48

ALGOステーキングリワードプログラムに関するお知らせ

ALGOステーキングプログラムに登録されたアドレスのキーローテーションを有効にするリクエストを受け取ったとのこと。ローテーションプログラムは、すべての参加者が利用できますが、操作が複雑になり、エラーが発生する可能性もあるとのこと。
[出典元]
11:09

Aave、1inch、Kyberとのコラボレーションにより特定ユーザーにONGを付与

人気DeFiサービスを提供するAave、1inch、Kyberとのコラボレーションによって、条件を満たしたユーザーに対してONGを付与することを発表。最大で1,000枚のONGを獲得できる機会があるとのこと。
[出典元]
05/23 土曜日
12:27

インシュアテックユースケースに関するお知らせ

2020年5月20日、世界初のオープンソースでパーミッションレスなPoSブロックチェーン・プロトコルを構築しているアルゴランドは、保険、IoT、公共安全、金融サービス、およびニュースメディア分野における不正開封防止メディア検証プラットフォームおよび製品プロバイダーであるAttestivとテクノロジーを使用して保険業界全体のデジタル革命を実現すること発表。
[出典元]
05/22 金曜日
18:22

プルーフオブトランスファーに関するホワイトペーパーを発表

ブロックチェーンのブートストラップと安全性の確保を目的に新しいマイニングメカニズムである「プルーフオブトランスファー」を発表。開発者が同技術をテストネットへの実装に向けて取り組んだ結果、いくつかの重要な決定と更新が行われたため、興味がある方はマイナーまたはスタッカーとしてテストネットに参加することができるとのこと。
[出典元]
12:39

Meetup:中央銀行デジタル通貨(CBDC)は世界をどのよう変化させるか?

2020年5月29日7時30分から8時30分、ボストン・ブロックチェーン・アソシエーション主宰のバーチャル・ミートアップが開催されるとのこと。ミートアップでは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)がいかに世界を変えるかについて議論が行われるとのこと。
[出典元]
05/21 木曜日
11:10

ユーザーパフォーマンスの大幅な向上を目的にレイヤー2を発表

Ontologyはユーザーのトランザクションコストを削減し、パフォーマンスを大幅に向上させることを目的にレイヤー2を発表。同プロジェクトのレイヤー2は、低ストレージコスト、多言語サポート、解析バージョンと実行バージョンの互換性、同一コンピューター上で複数の仮想オペレーティングシステムを実行できるな点で、他のレイヤー2ソリューションと比較して優れているとのこと。
[出典元]
10:41

検証済み、ETH2.0のステーキング:#4-Keys

ETH2.0のフェーズ1への移行に伴い、ブロック検証者であるバリデーターの「鍵」についてまとめられている。鍵はブロックの署名に必要な「Signing keys」と送金や出金に必要な「Withdrawal keys」の2種類存在しているとのこと。Withdrawal keysはフェーズ0の段階では使用しない為、当面はSigning keysの管理に方法について十分な注意が必要であると記載されている。
[出典元]