アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

04/28 火曜日
11:32

「ソーシャルマネー」とWeb 3.0の未来について語る

このエピソードではBlockstack PBCのPatrick StanleyとRollの創設者兼CEO(tryroll.com)が、「ソーシャルマネーエコノミー」で働いている根本的な概念と力について語っている。
[出典元]
11:30

SCB、リップルとのパートナーシップで開発された外貨送金サービスの開始を発表

タイの銀行(BoT)規制サンドボックスからの撤退の承認を受け、SCBは現在、SCB EASYを介してタイ全土の小売顧客に新しい送金サービスを開始している。
[出典元]
11:27

ウォータールー大学がより持続可能なブロックチェーンを分析へ

大学ブロックチェーン研究イニシアティブ(UBRI)と協力し、ハサン教授とリサーチアソシエイトクリスタルローマは、暗号通貨をより環境的に持続可能なものにする方法を特定するためにブロックチェーンを分析しているとした。
[出典元]
11:23

二つ目の特許誓約および特許を取得へ

特許内容は' 第三者のIDサービスを必要とせずに分散システムでユーザーIDを認証するためのプラットフォームおよび関連する方法 'である。
[出典元]
04/27 月曜日
11:58

グローバルソーシャルクリエータープラットフォームOGQとのパートナーシップを発表

コンテンツクリエイターは絵文字、画像、動画、音楽、新しいフォント、ステッカー、ミームなどのデジタルアセットコンテンツをアップロードして販売し、ファンに著作権保護を提供することが可能となる。
[出典元]
04/26 日曜日
12:37

エンタープライズレベルのDLTプラットフォーム、ソリューションを提供

今回のAMAではステーキングプログラムにも触れられ、今後数か月でまもなくリリースされ利用可能になるとした。ONTステーキングについては、これを実現するためにONTチームと注力しているようだ。
[出典元]
04/23 木曜日
18:03

ウォールストリート・ブロックチェーン・アライアンスの法人会員へ参加

Algorandは、ブロックチェーンテクノロジーと仮想通貨の包括的な採用を提唱、指導、促進することを使命としているウォールストリート・ブロックチェーン・アライアンスへ参加することで、従来の金融機関における次世代ブロックチェーン技術の採用をさらに促進することを目的としている。
[出典元]
11:10

暗号資産取引所KuCoinとのスタック(STX)上場契約を公表

今回の契約はアジアおよびその他の活発なKuCoin市場において、スタック(STX)トークンへのグローバルアクセスを拡大する事を目的としているようだ。
[出典元]
11:03

The Stacks2.0パブリックテストネットの第1フェーズが公開へ

Stacks 2.0により、開発者は表現力豊かなスマートコントラクトを作成し、新しいビジネスモデルを試すことが可能となる。ビットコインのセキュリティと耐久性に固定されている。Stacks 2.0はStacksおよびBitcoin暗号通貨も相互接続。STXマイナーはマイニングに参加するためにBTCを転送し、STX保有者はコンセンサスに参加することでビットコインを獲得可能。
[出典元]
04/22 水曜日
13:02

オントロジー週報(4月15〜21日)で新しい独自通貨ONT-33Dトークンを紹介

ONT-33Dは、1:1の比率でONTが支援するBinance Chainで起動されるBEP-2トークン。現在Binance DEXに上場されているようだ。
[出典元]
11:30

地球の日の50年:通貨の持続可能性を考える

XRPは信じられないほど効率的で持続可能な通貨形態。XRPの分散型台帳によって消費されるエネルギーは、わずか7つの電球に電力を供給する程度だとし。これは他の通貨よりもはるかに低い二酸化炭素排出量だとした。
[出典元]
04/21 火曜日
17:58

新しいコミットメントスキーム「Pointproofs」を発表

新しく発表されたPointproofsでは、チェーン上のストレージを削減し、ネットワーク帯域幅の要件を最小限に抑えて、より効率的な分散型ネットワークを実現することができる。
[出典元]