アルトコインプロジェクト情報(日本語要約)

02/14 日曜日
18:38

20週目 – ACの排出量に関するまとめ

ACの割り当て調整と1週間の排出量に関するアップデート情報をまとめている。また、流動性マイニングとセービング戦略は2021年2月14日10時(EST)から2021年2月21日9時59分(EST)の期間有効となる。
[出典元]
02/12 金曜日
13:33

革新的なブロックチェーンの特典付与へ

2021年2月12日、「Azure Heroes」プログラムは、Microsoftの技術コミュニティ内での貢献に対し、NFTを利用した特典を付与することを発表。
[出典元]
12:14

バージョン0.9.23のリリースを発表へ

Orchidはアプリのバージョン0.9.23のリリースを発表。このアップデートでは、新しい言語やドキュメントの更新など、多くの重要な改善が行われている。同アップグレードは、Orchidの分散型VPNマーケットプレイスの信頼性を高め、使いやすいプライバシーソリューションを必要とする世界中のユーザーに提供することを目的としている。
[出典元]
12:04

デジタル・プライバシーに焦点を当てた業界初のイベント「Priv8」

2021年3月23日から25日の期間、世界経済フォーラムのSheila Warren氏は、Orchid’s Priv8 Virtual Privacy Summitで講演することを発表。Priv8は、デジタル・プライバシーに焦点を当てた業界初のイベントとなる。
[出典元]
02/11 木曜日
18:26

Hederaはロードマップの定義とプロセスについて

Hederaは、コミュニティのためにロードマップを推進することを目標としており、Hederaはロードマップの定義と6段階の実行プロセスについて発表。そして、今回定義に基づいてHederaメインネット上にネイティブトークンを発行するための新しいメカニズム「Hedera Token Service」を発表した。
[出典元]
18:24

Hederaテクニカル・インサイト

Hedera Token Service(HTS)により、Hederaはパフォーマンスを損なうことなく、グローバルに分散されたパブリックネットワーク上でトークンを発行する機能をサポート。発行されたトークンは、Asynchronous Byzantine Fault Tolerant(ABFT)コンセンサスアルゴリズム、毎秒数千のトランザクション、即時決済(数秒)など、Hederaのネイティブ通貨の特徴の多くを引き継いでいる。また、これらのトークンのトランザクション手数料は米ドル価格に応じて安定する。
[出典元]
14:28

SymbolウォレットでLedgerデバイスを使用する方法

Ledger Nano SとXは、Symbol(XYM)を含む複数の仮想通貨に対応したハードウェアウォレットである。デスクトップ版のSymbolウォレットは、Ledgerハードウェアウォレットを使用してXYMの送受信が可能である。また、XYMのサポートに加えて、Symbolブロックチェーン上で作成されたトークンのサポートも行う。
[出典元]
14:27

VPN利用のケースとコストについて

VPNは、オンライン・プライバシーを守るための重要なツールである。VPNの常時利用は最も安全であるが、コストと接続速度について考慮する必要がある。ここでは、VPNを利用する際の様々なケースと、相対的なリスクについて概説している。
[出典元]
12:25

Eth2 クイックアップデート No.22

ビーコンチェーンのアップグレードに関するR&Dワークショップについて、ステーキングコミュニティのグラントについて、2021年1月におけるETH2のステートについて発表。
[出典元]
12:18

アルゴランド上のステーブルコインの利点

アルゴランド上でサポートされているステーブルコインのUSDTとUSDCは最も広く使用されている。アルゴランド上のステーブルコインには、低い取引コスト、即時決済、ファイナリティ 、堅牢なセキュリティ、簡素化されたユーザープロトコル、開発者または企業向けの簡単なトークン発行またはスワップ、相互運用性に利点がある。
[出典元]
12:15

BRZはアルゴランド上で利用可能へ

Transferoは、BRZ(ブラジルレアルを裏付けとしたステーブルコイン)が安全で効率的かつシームレスな取引を実現するためにアルゴランド上での利用ができるようになったことを発表。アルゴランドはブラジルの仮想通貨が統合された3つ目のブロックチェーンとなり、BRZを幅広い決済や金融アプリケーションに使用することができる。
[出典元]
12:15

ラテンアメリカにおけるブロックチェーンの利用状況を調査

アルゴランドはリーディングカンパニーであるFinnovista社とパートナーシップ締結し、ラテンアメリカにおけるブロックチェーンの利用状況を調査した。ラテンアメリカの国々は、すでに仮想通貨とデジタル資産の導入率が最も高く、認知されている国の一つとなっている。
[出典元]