Algorand 情報(日本語要約)

12/11 金曜日
17:59

Reach社について学ぶ

Reachはパートナーとして、アルゴランド財団からグラントを獲得しており、アルゴランド上でのDApps開発を強化している。また、ブロックチェーンアプリケーションを迅速、簡単、安全に構築する方法を提供する。
[出典元]
15:49

アルゴ・ダイナミクス・モデルに関するお知らせ

本日、アルゴランドはアルゴ・ダイナミクス・モデルの提案を発表。このプログラムは、アルゴランド上のエコシステム・ガバナンスへの参加をコミットさせ、長期的にALGOトークンをロックすることで、そのコミットメントを証明する参加者や将来の参加者に利益をもたらすコミュニティ報酬システムである。
[出典元]
12/10 木曜日
16:12

tablecorp社とのパートナーシップを発表へ

アルゴランドは、カナダドルにペグしたステーブルコイン「QCAD」の発行と管理を行うStablecorp社とのパートナーシップを発表。アルゴランドは新たにサポートされたQCADトークンの即時確認、マイクロペイメント、自動ウォレットサポートを提供する。
[出典元]
12/09 水曜日
14:13

シルビオ・ミカリ氏は第1回 BSNグローバル技術革新サミットに登壇へ

シルビオ・ミカリ氏は第1回 BSNグローバル技術革新サミットにて、「ブロックチェーン技術 - 過去・現在・未来」に関する基調講演を行なった。
[出典元]
12/08 火曜日
13:56

アルゴランド・スタンダート・アセットをサポート開始へ

アルゴランド・プロトコルは、アルゴランドと同等のセキュリティ、互換性、速度、使いやすさを目指して、「アルゴランド・スタンダート・アセット」をサポート開始。それに伴い、アルゴランド・スタンダート・アセットに関するDeveloper Office Hoursセッションを開始する。
[出典元]
12/07 月曜日
17:00

2021年度の目標に関するお知らせ

アルゴランドは2021年度の目標として、ブロックのファイナライズに要する時間を4.5秒から2.5秒に短縮。また、1秒あたりに処理可能なトランザクション(TPS)を1,000から46000まで成長させる。
[出典元]
13:37

マンスリーレポート(2020年11月)

今月はアルゴランドのエコシステム拡大の中核を担うグローバルパートナー・プログラムが開始した。また、世界中のユーザーにガバナンスへの参加を促すための道筋を示す創設者シルビオ・ミカリ氏による提案の発表など、世界中で様々な取組みやイベント、ニュース配信が行われた。
[出典元]
13:36

クライメート・トレードとの提携およびボーダーレス・キャピタルからの資金調達を発表

2020年12月2日、CO2カーボン・オフセットのブロックチェーン・マーケットプレイスであるクライメート・トレードは、アルゴランドと提携を行なった。また、ボーダーレス・キャピタルは、戦略計画と目標の拡大を目的にクライメート・トレードに対して資金調達を行なったことを発表した。
[出典元]
12/03 木曜日
16:45

シルビオミカリ氏はイノベーションアワードを受賞へ

アルゴランド創業者のシルビオミカリ氏は、イタリア外務省からイノベーションアワードを受賞した。
[出典元]
16:37

動画を見てクイズに答えてALGOを当てよう!ー3日目

セキュリティは、アルゴランド・ブロックチェーンの重要な機能である。作成されたブロックとトランザクションがハッキングされていないことを保証することは、パブリック・ブロックチェーンの中核的な要件である。
[出典元]
16:08

Voyager Digital社は新たなDeFiソリューションを発表

Voyager Digital社は、アルゴランド財団から助成金を受け取り、新たなDeFiソリューションを発表。ユーザーは、Voyager社のサービスに対して仮想通貨を貸し出すことで、USDCで8.5%の利息を獲得することができる。 投資家に仮想通貨を取引するためのターンキーソリューションを提供する公開取引されたライセンスを持つ仮想通貨ブローカーであるVoyager Digital Ltd.は本日、Algorandプロトコルの統合を強化し、新たな金融サービスの提供を発表。また、Voyagerは、ユーザーがVoyagerのサービスを通じて貸し出された場合、アルゴランドでサポートされているUSDCに対して8.5%の収入を得ることができるようになる。
[出典元]
12/02 水曜日
16:37

動画を見てクイズに答えてALGOを当てよう!-2日目

アルゴランドは、チェーン上で次のブロックを記録するために、パーミッションレスのピュア・プルーフ・オブ・ステークと呼ばれるコンセンサス・アルゴリズムを使用している。プルーフ・オブ・ステークは、参加しているALGOホルダーからランダムに委員会を選択することで動作する。その後、異なる委員会は、チェーン上の次のブロックを検証し、承認する。
[出典元]