Kyber Network 情報(日本語要約)

02/23 火曜日
13:46

Kyber 3.0に関するコミュニティコール

今回のコミュニティコールでは、Kyber 3.0へのアップグレードとパーミッションレスなDMM(ダイナミック・マーケット・メイカー)の発表について触れた。コミュニティコールの内容は記事から確認することができる。
[出典元]
01/21 木曜日
15:08

Kyber 3.0へのアップグレードについて

Kyber Networkは、DeFiトレンドに対応することを目的に、2021年第三四半期後半にKyber 3.0へのアップグレードを予定。同アップグレードは、Kyber Network始まって以来の大きな変更であり、KatanaとKaizenと呼ばれる2種類のフェーズで構成される。
[出典元]
11/30 月曜日
16:34

リザーブイノベーションプログラムの開始に関するお知らせ

DeFiの流動性イノベーションを促進するために、リザーブイノベーションプログラムの開始を発表。選択したプロジェクトに合計で最大100,000ドルの助成金を提供する。
[出典元]
11/11 水曜日
9:53

VeloLabsとの提携に関するお知らせ

Veloプロトコルを開発したVelo Labsとの戦略的・技術的パートナーシップを発表。VeloLabsと協力し、EvryNetと呼ばれるEthereumエコシステムへのStellarネットワークの重要な拡張を構築。技術および開発コンサルタントとして、KyberはVeloLabsチームに技術サポートとアドバイスを提供。
[出典元]
11/02 月曜日
12:53

流動性と持続可能性の強化

Kyber Networkは、「ブリッジリザーブ」を作成することにより、Uniswap、Oasis、Bancorなどの他の外部オンチェーンソースからの流動性をネットワークにもたらすことが可能となった。複数の外部プロバイダーからKyber Networkへのあらゆるタイプの準備金の作成と流動性の橋渡しを可能にする主な動機は、Kyber Networkがテイカーとメイカーの単一のオンチェーン流動性エンドポイントになることを可能にする。
[出典元]
10/28 水曜日
23:57

要約:KyberDAOコミュニティコール#2

2020年10月19日18時30分、2回目のコミュニティコールが前回のコミュニティコールと同様に、コミュニティアンバサダーのDeFi Dude氏によって主催された。このコールでは、KyberDAOの成長指標、ステークの改善、Kyber Community Poolの立ち上げ、KIP-3/KIP-4、今後の計画などのいくつかの異なるトピックが取り上げられた。
[出典元]
10/23 金曜日
12:10

KyberPROのリリースに関するお知らせ

本日、開発者が最小限のスマートコントラクトの知識でチェーン上で簡単にオンボーディングを行い、収益性の高いマーケットメイクオペレーションを実行するためのエンドツーエンドのフレームワークであるKyberPROを発表。堅牢な流動性システム、ツール、ドキュメント、およびテクニカルサポートを提供し、プロのマーケットメイカーがDeFiに簡単に参加可能となった。
[出典元]
10/10 土曜日
14:17

Kyberエコシステムレポート#19

ネットワーク料金を最適化し、専用のリザーブエコシステムを拡大することで流動性を強化。また、ガバナンスの制御をKyberDAOに移す(新しいトークンの決定と追加の予約の許可を含む)など、DeFiの誰もがアクセスできる、許可のない流動性貢献のよりオープンなシステムを作成していくことなどを発表。
[出典元]
10/07 水曜日
14:48

DeFiに持続可能な流動性インフラストラクチャを提供し続ける

DeFiにおけるイールドファーミングと流動性マイニングは、革新と成長に熟した環境を構築したものの、多数の不確実性がある。そのため、Kyberチームは持続可能で壊れにくい流動性インフラストラクチャを構築するという目標に100%コミットし続けることを決意している。
[出典元]
09/14 月曜日
13:51

要約:KyberDAOコミュニティコール#1

2020年09月03日23時、最初のKyberDAOコミュニティコールはコミュニティアンバサダーのDeFi Dude on discord(5000人以上のコミュニティメンバー!)によって主催され、Katalystの新しい機能、KyberDAOの進捗状況、コミュニティとガバナンスの懸念、2020年第4四半期の今後の計画について議論を行った。
[出典元]
09/11 金曜日
0:54

Kyberエコシステムレポート#18

Kyberは、最高の流動性プロトコルとアセットスワップを構築するために真摯に取り組んでおり、主流の採用に向けての拡大やその他の課題を乗り切るための強力なロードマップを有している。同レポートでは、過去30日間の技術的進歩、オンチェーン活動、ガバナンスについて紹介している。
[出典元]
09/10 木曜日
10:29

市場がチェーンを作る理由

オンチェーンマーケットメイキングの現状、Defiでの機会、およびマーケットメーカーがこのエキサイティングな新しいエコシステムを開始し、収益性を達成するのをどのように支援できるかについて発表。
[出典元]