Mina Protocol 情報(日本語要約)

04/11 日曜日
13:41

TellerはMinaを利用して分散型レンディンング市場でDappsを構築へ

Teller Finance社は、Mina Protocolの技術を用いて分散型レンディンング市場を構築し、ユーザーが個人情報を共有することなく重要なオンチェーンサービスにアクセスできる新世代のDeFi dappsを発表。
[出典元]
04/09 金曜日
12:40

Prism Tokenグラントについて

MINA Protocolの初期段階より、プロトコルテスト、コンテンツ作成、イベント開催などを通して、プロジェクトに貢献をしたユーザーは、Prism Contributing Member(PCM)になる資格を有する。貢献に伴い、獲得したポイントは3対1の割合でPrism Tokenにコンバートすることができ、コミュニティリーダーボードの上位25名はさらに多くのPrism Tokenを獲得することができる。
[出典元]
12:24

トークンの販売能力を拡大し、新しいグラントを開始へ

2021年4月13日23時から2021年4月15日8時59分までコミュニティセールの実施を発表。このセールには7500万トークンが用意され、1トークンあたり0.25ドルで、1875万ドルに相当する。さらに、Mina Foundationは、過去1.5年間にMinaコミュニティへの参加を通じてリーダーボードポイントを大量に蓄積した、対象となるコミュニティメンバーに対し、600件近くの追加グラントを提供する予定。
[出典元]
04/07 水曜日
13:51

世界最軽量のブロックチェーン - MINA Protocol

2週間前、世界最軽量のブロックチェーンであるMINA Protocolとのコラボレーションを発表。現実と仮想との間にプライバシーを保護するゲートウェイを構築している。これに伴い、誰でもピアツーピアに接続し、チェーンをすばやく同期して検証可能となる。
[出典元]
03/23 火曜日
20:51

「Mina」メインネットのローンチへ

2021年3月23日、「Mina」がメインネットのローンチを発表。Minaがメインネットをローンチしたことで、開発者はすぐにこのプロトコルを活用して、SNARKを使用した分散型アプリケーション(Snapps)を構築することができるようになり、世界中のユーザーにプライバシーとデータのセキュリティを提供することが可能となった。また、トークンセールに向けてCoinList社との提携も発表。
[出典元]
11:32

「Mina」がメインネット「Tweet-Sized」をリリースへ

世界最軽量のブロックチェーン「Mina」がメインネット「Tweet-Sized」をリリースした。Mina protocolは、Coinbase Ventures、Three Arrows、Polychainなどの主要なベンチャーファンドの支援を受けている。また、zk-SNARKを用いてスケーラビリティを実現している。
[出典元]
03/18 木曜日
11:30

Bison Trails社はMina Protocolのサポートを発表へ

ニューヨークに拠点を置くブロックチェーン・インフラストラクチャーであるBison Trails社は、Mina Protocolのサポートを発表。Bison Trailsのノード・インフラストラクチャーによって、ユーザーは直感的にノード管理を行うことができる。
[出典元]
02/24 水曜日
11:16

セキュリティ監査とNano S/Xハードウェアウォレットへの統合を発表へ

O(1) Labsは、Least AuthorityにMinaレジャーアプリケーションのセキュリティ監査とNano S/Xハードウェアウォレットへの統合を実施することを発表。Mina Protocolの最終的な監査報告書は、2021年2月5日に完了している。
[出典元]
02/19 金曜日
19:40

SNARKの検証を目的とした提案依頼書(RFP)を発表

2021年2月17日、Mina FoundationとEthereum Foundationは、Ethereumブロックチェーン上でSNARKアプリケーションを可能にするための提案依頼書(RFP)を発表。RFP(提案)は、6週間受け付けており、Ethereum仮想マシン上でPickles SNARKの検証が可能な仕組みを設計・実装することを目的とした提案を受け付けている。
[出典元]
11:09

ブロックチェーンは金融を民主化する

Slow Ventures社とOpen Money Initiative社のJill Carlson氏は、Decrypt Dailyのポッドキャストにてブロックチェーンは金融を民主化すると述べた。同氏はMinaブロックチェーンのコンパクト化により、各ユーザーがノードを運営し、分散型エコシステムに参加することが容易になると考えている。
[出典元]
02/16 火曜日
16:28

複数の理事会メンバーと共にMina Foundationを発足へ

Mina Foundationは、貢献度の高い第三者にグラントを提供し、コミュニティ資産を維持・管理することで、プロジェクトの支援を行う非営利団体である。2021年2月16日、Zcash Foundationの元エグゼクティブ・ディレクターであるジョシュ・シンシナティ氏、Slow Venturesの代表であるジル・カールソン氏、Interchain GmbHのエンジニアリング担当副社長兼、Tendermint Coreの開発者であるテス・リナーソン氏、国際管理サービスのファンド・ディレクター兼共同法律顧問であるショーン・イングス氏、Mina ProtocolをインキュベーションしたチームであるO(1) LabsのCEOであるエヴァン・シャピロ氏を含む理事会メンバーと共にMina Foundationを発足。
[出典元]
02/09 火曜日
16:38

Mina ProtocolのパートナーであるFinoaについて

Mina ProtocolのパートナーであるFinoaは、デジタルアセットの世界をナビゲートするゲートウェイとしての役割を果たすグローバルなデジタルアセットカストディアンである。Finoaは、機関投資家や企業に対するカストディの提供だけでなく、ステーキングサービスの提供も行う。
[出典元]