NYM 情報(日本語要約)

11/16 火曜日
22:50

フィッシング詐欺警告に関するお知らせ

2021年11月16日、NYM公式Twitterはフィッシング詐欺の警告をアナウンスした。https://shield-shd.space/index.htmのURLは公式ではないことを警告。
[出典元]
11/12 金曜日
22:54

HackAtomチャレンジ開始を発表

2021年11月12日、NYM公式TwitterはHackAtomチャレンジ開始を発表。NYMはエンドユーザーアプリ部門にてEternity Service2.0を構築する。プライベートクラウドのファイルストレージとミックスネットからアクセスできるGUIを提供する。
[出典元]
11/09 火曜日
23:02

Ethereum開発者ミーティングの詳細を公開

2021年11月9日NYM公式TwitterはEthereum開発者ミーティングの詳細を公開。当ミーティングでは、Dark.fi、NYMの2つのプロジェクト詳細が発表される。
[出典元]
11/03 水曜日
5:33

新しいプロジェクトチームメンバーを公開

2021年11月3日、NYM公式Twitterは、Tommy Verrall氏をはじめとする新しいプロジェクトメンバー4名を公開。
[出典元]
10/15 金曜日
15:14

ボンディング/デリゲート・ステーキングの違いについて

ノード運用者とNYMトークン保有者は、Nymにステーキングすることが可能である。ノード運用者向けのボンディングと一般ユーザー向けのデリゲートでは、システム内での役割が若干異なるため、その違いについて説明する。
[出典元]
10/05 火曜日
0:50

Nymネットワークシステムの概要

Nymネットワーク上のノードは、ミックスノード、バリデーター、ゲートウェイ、サービスプロバイダーの4種類が存在しており、サービスプロバイダーやインターフェイスとして、サードパーティにプライバシーを提供する。Nymネットワークは、グローバルな分散型プライバシーシステムを機能させるために、多くの異なる機能によって構成され、動作している。また、各システムには特定のインセンティブ、特定の機能、特定の権限と責任が存在している。
[出典元]
07/20 火曜日
23:06

NYMデリゲート・ステーキングについて

デリゲート・ステーキングとは、NymコミュニティがDAO化し、各ミキシング期間にどのノードがミックスネットを構成するかを選択するための方法である。トークン保有者は、質の高いサービスを提供し、利益を惜しみなく共有するミックスノードにデリゲートするインセンティブがあり、ミックスノードは、トークン保有者にとって魅力的かつ高評価を維持し、ミックスネットの次のエポックで再び選択されるように、優れたサービス品質を提供するインセンティブがある。
[出典元]
14:07

NGI(Next Generation Internet)インターネット・イニシアチブに参加へ

2021年7月6日、NYMは、NGI(Next Generation Internet)インターネット・イニシアチブに参加したことを発表。
[出典元]
07/19 月曜日
14:18

ベンチャー・キャピタルから650万ドルの資金調達を発表へ

2021年7月19日、Nym Technologies社は、オープンソースで分散型のプライバシーネットワークを構築するために、ベンチャー・キャピタルから650万ドルの資金調達を行ったことを発表。今回の資金調達ラウンドは、Polychain Capitalが主導し、Eden Block、Greenfield One、Maven11、Tioga、1kxなどのヨーロッパの投資家が参加した。
[出典元]
07/15 木曜日
14:21

Nym v0.11.0のリリースに関するお知らせ

まもなくNym v0.11.0がリリースされる。リリースに伴い、テストネットのFinneyからテストネットのMilhonに移行することを発表。この新しいテストネットでは、デリゲート・ステーキングをはじめ、Nymアーキテクチャやトークンエコノミクスの様々な側面をテストすることが可能。
[出典元]