Ripple 情報(日本語要約)

01/13 水曜日
16:20

Mobile Money社とのパートナーシップに関するお知らせ

2021年1月13日、マレーシアのモバイルウォレット会社であるMobile Money社とのパートナーシップを発表。Mobile Money社は、RippleNetを介して、バングラデシュ最大のモバイル金融サービスプロバイダーであるbKashと連携している。また、このパートナーシップにより、マレーシアとバングラデシュ間の送金経路にサービス提供するための、シームレスなウォレット間決済を強化していく。
[出典元]
01/06 水曜日
11:36

新リップルレポートのリリースに関するお知らせ

2021年1月6日、新リップルレポートのリリースを発表。このリップルレポートはCBDCの背景にある課題と可能性を探り、いくつかの重要な推奨事項を示している。
[出典元]
12/20 日曜日
13:09

Eatとの提携に関するお知らせ

2020年12月20日、Eatとの提携に伴い、Eatへ100万ドルの寄付を発表。
[出典元]
12/14 月曜日
14:25

Sandie O’Connor氏を取締役に任命へ

2020年12月14日、Sandie O’Connor氏を取締役として迎えることを発表。O’Connor氏は、金融、財務管理、キャピタルマーケット、規制関連業務において30年以上の経験を有する。
[出典元]
11/19 木曜日
12:53

UPennはブロックチェーンを使用して持続可能なエネルギーの使用を奨励

DoritAviv氏は、COVID-19の影響で空室となったペンシルベニア大学の寮部屋を利用し、モノのインターネット(IoT)とブロックチェーンに基づく持続可能なプロジェクトについて説明。
[出典元]
11/05 木曜日
22:08

2020年第3四半期のXRPマーケットレポート

リップル社は、四半期ごとにXRPマーケットレポートを発行することで、販売状況、XRP関連の発表、市場動向に関するコメントなど、XRP市場の状況に関する見解を透明性を保ち、定期的に更新することを目的としている。
[出典元]
10/15 木曜日
23:51

フィンテックの可能性を活用して、新興市場での金融包摂を加速

2020年10月15日、Rippleは金融包摂を拡大し、経済的エンパワーメントを世界的に拡大するために、Mercy Corpsに1,000万ドルの寄付を行なったことを発表。
[出典元]
10/08 木曜日
13:53

RippleNetからのクレジットラインで国境を越えた即時の支払い資金を提供へ

2020年10月08日、ラインオブクレジットの開始を発表。これは、オンデマンド流動性(ODL)を使用する顧客がオンデマンドで資本を調達し、デジタル資産XRPを使用して大規模な国境を越えた支払いを開始できるようにするRippleNetの新しいベータサービスとなる。
[出典元]
10/06 火曜日
14:50

LemonwayはRippleNetを活用し、ユーロへのより迅速な支払いの提供へ

2020年10月06日、オンラインマーケットプレイス向けの汎ヨーロッパ決済ソリューションであるLemonwayとの新しいパートナーシップを発表。RippleNetを介してLemonwayはNiumに接続され、国際決済を変革し、顧客の決済時間を大幅に短縮する。 
[出典元]
09/16 水曜日
12:29

Mojaloopがもたらす財政的に包括的な未来の創造

極度の貧困は世界的に減少しているが、現在の世界的金融システムでは、17億人の銀行を持たない人々のニーズを満たしていないという事実は依然として残っている。そこで、Mojaloopは、支払いシステムの相互運用性の向上を約束する強力なオープンソースソフトウェアプラットフォームであり、特に新興市場での入出金がより簡単で手頃な価格になるとされている。
[出典元]
09/09 水曜日
15:29

クロスボーダー決済におけるブロックチェーンとデジタル資産の役割

国境を越えた支払いは転換期にあり、ブロックチェーンテクノロジーとXRPなどのデジタルアセットにより、スムーズな国境を越えた決済体験を実現。デジタルアセットXRPを使用して資金を目的の口座にすぐに送信できるようにするオンデマンド流動性(ODL)と呼ばれるソリューションを開発。これに伴い、RippleNetは、国境を越えた支払いの決済期間を3日からわずか3秒に短縮し、このプロセスを真に摩擦のないものにすることが可能となった。
[出典元]
09/02 水曜日
10:59

リアルタイムの国境を越えた支払いの準備ができている理由

デジタルの相互作用を利用する世界では、スピード、信頼性、およびお金へのオンデマンドアクセスが非常に重要であり、リップルのビジョンは、分散型元帳テクノロジーに基づいて構築され、ISO標準と緊密に結合されたRippleNetと呼ばれる新しいグローバル決済ネットワークを確立することにより、このテクノロジーの変革を実現することである。ISO 20022の採用が増加し、RippleNetの分散型元帳テクノロジーで可能になった新しいアプローチと組み合わせることで、国境を越えた支払いの将来をより適切に形成可能となる。
[出典元]