Ripple 情報(日本語要約)

06/30 火曜日
9:20

消費者と企業がブロックチェーンに参加する理由

David Schwartz氏とAdam Traidman氏は、消費者と企業の両方にとってのブロックチェーン技術の利点に対する認識が高まっていると考えている。それは、デジタル資産を保持、管理することは簡単で、誰にでも使用出来る利便性があるからであると述べている。また、170カ国で約500万人が、60億ドル相当のデジタル資産を保有しており、仮想通貨の採用が増えている。
[出典元]
06/23 火曜日
10:03

COVID-19とそれ以降のイノベーション、コラボレーション、生産性の促進

リップル経営陣の視点から、COVID-19によるビジネスと個人への影響に関する検証を発表。現在、デジタル決済の重要性が高まっており、リモートで働く人々に対してXRP Ledgerが独自のポジションを構築している。
[出典元]
06/22 月曜日
8:34

リアルタイム決済が重要である理由

世界中の人々は即時かつ信頼できる決済手段へのアクセスを必要としており、デジタル決済サービスへの関心と需要が高まっている。RippleNetは、高速なグローバル決済を可能にするインフラストラクチャレイヤーとして、わずか数秒で費用対効果の高い国境を越えた決済を可能にする。
[出典元]
06/18 木曜日

インドにおけるデジタル資産のフレームワーク

リップルは、ポリシーペーパー「The Path Forward for Digital Assets Adoption in India」を発表。ポリシーペーパーでは、グローバルデジタルアセットの概観とインドで包括的なデジタルアセットポリシーを制定するために政策担当者が短期的および中期的に実施する可能性のある措置に関する概要を提供している。
[出典元]
11:38

PayIDをサポートする理由

リップルは新たに形成されたOpen Payments Coalitionのメンバーとして、40以上のグローバル企業と非営利団体と共同で、ユニバーサルペイメントIDであるPayIDを開始。PayIDは無料のオープンソース規格として、決済ネットワーク間の相互運用を可能にする。また、あらゆる決済ネットワークや通貨に対応している。
[出典元]
06/16 火曜日
9:59

流動性が機関投資家のブロックチェーン投資の鍵である理由

金融アナリストは、中央銀行がオペレーションを行う法定通貨に対するヘッジとして、デジタル資産を推奨しているが、Breanne氏はデジタル資産の主流となる採用には、より大きな流動性が必要であることを認めている。また、流動性の高い資産は「取引頻度が高くなる傾向があり、投資家は流動性リスクを取るというハードルを乗り越えやすい」とBreanne氏は説明している。
[出典元]
06/15 月曜日
9:50

Banco RendimentoによるRippleNetクラウド活用に関するお知らせ

Banco Rendimentoは、テクノロジーをクラウド上で活用する最初の銀行としてRippleNetクラウドを活用することを発表。Banco Rendimentoは、ブラジルの銀行として、RippleNet Cloudを使用して、2021年第1四半期までに支払い量を増加させる予定とのこと。
[出典元]
06/11 木曜日
9:53

Harvey教授:ブロックチェーンをCOVID-19に応用へ

Harvey教授は、ブロックチェーンを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査、ワクチン製造、およびサプライチェーンの改善を効果的に追跡するための応用可能性について語っているとのこと。
[出典元]
06/10 水曜日
16:55

ISO 20022:国境を越えた決済の将来を形成

RippleNetはISO 20022規格に準拠しており、国境を越えた決済規格の将来的な方向性を定義することで、300以上の顧客のニーズを満たすことができるとのこと。また、リップルはクロスボーダー決済にISO 20022規格の適用を行い、標準化されたAPIのDLTデータ構造での使用における経験と専門知識を提供することができるとのこと。
[出典元]
05/28 木曜日
11:22

アービトラージ取引に適した基本通貨

2020年3月12日、COVID-19が発端となり金融市場に大きな影響を与え、イーサリアムとビットコインの取引手数料が高騰したため、決済の遅延が発生していた。その際、ユーザーは送金のためにXRPにシフトしていたことが確認されたとのこと。
[出典元]
05/27 水曜日
12:34

RippleNet Cloudの活用メリットについて

銀行や金融機関は、RippleNet Cloudを使用することで、エンドユーザーへの決済高速化や40%〜60%のコスト削減、24時間365日無休の決済対応など、最小限の労力と柔軟性でビジネス上のメリットを最大化できるとのこと。
[出典元]
05/26 火曜日
12:16

ブロックスター:生体認証によってパスワード管理を不要へ

リップルのCTOは、認証とデジタルIDに関する革新的なソリューションが、仮想通貨のユーザー体験に大きな影響を与える可能性があることを、サイバーセキュリティ企業であるKeylessの共同創業者と共に語っている。Keylessは、パスワードを不要にする堅牢な認証プロセスをユーザーに提供するとのこと。
[出典元]