仮想通貨相場の安定した稼ぎ方|複数の取引所を開くメリットと分散投資のすすめ

リスクヘッジで運用の安定度を高める

どんなに優れた投資家でも、数日先の相場について百発百中の予言者というわけにはいきません。どうしても相場の不確実性を排除しきれないからです。

相場の不確実性とは、新型コロナなどの疫病流行や大地震(津波)などの天災のほか、大統領選や米中貿易摩擦などの政治的緊張、戦争や核実験など軍事的緊張の高まりなど、予期せぬ「自然災害・地政学リスク」が挙げられます。

したがって、大きなドローダウン(保有資産の下落率)を防ぐためには、いかにリスクヘッジの観点を念頭に資産運用するかが重要となります。

本稿では、主に2つの観点から投資初心者向けに解説します。

1. 分散投資の重要性

金融庁は21年2月、「基礎から学ぶ金融ガイド」の改訂版を公開しました。

株式投資の項目では、投資には「1つのカゴに卵を盛るな」という格言があると紹介。ポートフォリオ(保有資産の組み合わせ)にて、複数の銘柄に分散化してリスクヘッジすることの重要性を訴えています。

出典:金融庁資料

仮想通貨相場でも同様で、1銘柄だけでなく相関性の低い複数銘柄をポートフォリオに組み入れることで、より安定した資産運用を行うことができるため、抑えておきたい考え方です。

2. 積立投資

また、効率的な資産形成の項目では、投資時期を分散させる「積立投資(ドル・コスト平均法)」の有効性を紹介。投資するタイミングによる(急激な値上がり・値下がり)リスクを抑える効果があると指摘しました。

出典:金融庁資料

3. 複数の口座を開くメリット

仮想通貨取引所で口座を開くメリットは複数挙げられます。