CoinPostで今最も読まれています

分散型クロスチェーンのDeFiを提供 インジェクティブ・プロトコル(INJ)とは Injective Protocol寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DeFiプロトコルの新鋭

インジェクティブ・プロトコル(Injective Protocol)、およびそのクロスチェーン・エコシステムの仕組みについての解説記事。

インジェクティブ・プロトコルは、分散型クロスチェーンのDeFiおよびWeb3アプリケーションでの利用を念頭に設計された唯一のブロックチェーンです。

目次
  1. インジェクティブとは
  2. インジェクティブ(INJ)の特徴
  3. インジェクティブ提供のプロダクト
  4. デフレトークンの経済学
  5. インジェクティブのDAOガバナンス
  6. インジェクティブ・エコシステム
  7. エコシステムの成長
  8. インジェクティブ上でビルドするメリットとは

インジェクティブのユーザーは、イーサリアムやテラなどの異なるブロックチェーンネットワーク上で資産をシームレスに作成できます。インジェクティブ・プロトコルのエコシステムでは、分散型レバレッジ取引、無料のガス料金、高速ネットワークなどが提供されています。

関連:DeFiのInjective Protocol、日本円の為替取引を提供へ

2021年12月にメインネットが立ち上がって以来、これまでインジェクティブは2,000万件以上のオンチェーン取引を処理しています。

またイーサリアム(ETH)、コスモス(ATOM)、テラ(LUNA)と統合し、これまでメインネット上では700万以上のブロックが生成されました。「インジェクティブ Pro」(インジェクティブ上に構築された取引所)は、開設後1ヶ月間で10億ドル(約1,150億円)以上の取引量を、史上最速で達成した取引所となりました。

関連:初心者でもわかる「テラ(LUNA)」とは|仕組みと将来性を解説

1)インジェクティブとは

DeFi(分散型金融)が盛んになるにつれ、多様なDeFiアプリをサポートできるインフラが切実に必要とされています。インジェクティブは、堅牢な取引所、DeFi、デリバティブ、Web3アプリの構築に特化した相互運用可能なレイヤー1ブロックチェーンです。

MEV(Miner Extractable Value)耐性、取引の即時終了、分散型オーダーブック・インフラ、イーサリアム・スケーリング、ガス代ゼロなどの機能はすべて、次なる10億人のユーザーをDeFiに取り込むために必須の機能です。インジェクティブはDeFi業界において、今後3~5年の間にこれを実現できる唯一のチェーンです。

MEV耐性とは

MEV(Miner Extractable Value:マイナー抽出可能収益)とは、マイナーがイーサリアム・エコシステム上の、様々なブロックチェーン間の価格差を利用して収益を得ることにより、分散効果が薄れる問題のこと。

仮想通貨用語集

インジェクティブは、Cosmos SDKをベースに構築されているため、高速性を維持しながら、即時トランザクションのファイナリティを達成することが可能です。

暗号資産(仮想通貨)INJは、インジェクティブ・プロトコルとそのエコシステムを支える、ネイティブなデフレ資産です。インジェクティブはBinanceが支援(インキュベート)した最初のプロジェクトで、Pantera Capitalによって後援されています。その他の出資企業には、Hashed、DRW Cumberland、BlockTower、CMS、Figment、Sandeep Nailwal (Polygon COO)、Mark Cubanなど、その他多数が名を連ねています。

関連:イーサリアム創設者ブテリン氏「検閲耐性とスケーラビリティの両立は可能」

2)インジェクティブ(INJ)の特徴

 

インジェクティブはレイヤー1のブロックチェーンであり、以下のようなユニークな特徴を兼ね備えています。

  • すべての金融プリミティブ(スポット、無期限・期限付き契約、インデックスなど)をサポートできるネイティブな分散型オーダーブック・インフラを持つ唯一の相互運用可能なブロックチェーン
  • インジェクティブチェーンのコンセンサスメカニズムによる完全なMEV耐性
  • イーサリアムの機能を拡張
  • 革新的なアプリを展開するCosmWasmとEVM(イーサリアム仮想マシン)のスマートコントラクトレイヤー
  • 他チェーンでは実現不可能なDeFiアプリを実現
  • イーサリアムネイティブツールのサポート
  • イーサリアムよりも安い手数料、そしてイーサリアムの1,000倍以上の速度
  • 関連:オントロジー、独自のEVM(イーサリアム仮想マシン)開発完了を発表

    3)インジェクティブ提供のプロダクト

     

    現在、インジェクティブには多数の製品があり、そのすべてがDeFi取引に特化したブロックチェーン上に展開しています。

    「インジェクティブ Pro」は、インジェクティブ・プロトコル上に構築された、完全分散型オープンソースのオーダーブック・リレーヤーです。急成長しているDeFi取引所の1つで、5人のコミュニティメンバーがリレーヤーを管理しています。

    「インジェクティブ Bridge」は、イーサリアム、コスモス、テラをネイティブにサポートする、信頼性の高いクロスチェーンブリッジです。メインネットの立ち上げ後、最初の2ヶ月で1.5億ドル(約170億円)以上の資産がブリッジを通じて処理されました。2022年にはソラナ(SOL)を始めとして、新たなレイヤーとの統合が予定されています。

    「インジェクティブ Hub」は、ステーキングダッシュボード、INJバーンオークション、ウォレット、保険基金、包括的なガバナンスポータルなどのインジェクティブ用ツール群を提供。

    「インジェクティブ Explorer」は、インジェクティブ・ブロックチェーン用の分析プラットフォームです。

    4)デフレトークンの経済学

    INJは、インジェクティブ・プロトコルを動かすネイティブなデフレトークンです。

    インジェクティブのコミュニティが承認した機能の一つに、「トークン・バーン(焼却)」というものがあります。その仕組みとしては、プロトコル全体の取引活動によって発生した全手数料の60%がオークションに送られ、ユーザーはその手数料をINJで入札し、支払われたINJはバーンされます。現在、インジェクティブは業界で最も高いトークン・バーン比率を誇っています。

    関連:イーサリアム、通貨焼却量が1,000億円超え

    INJトークンは、コミュニティメンバーがインジェクティブの将来をコントロールする力を与えると同時に、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)というコンセンサス・メカニズムによってネットワークにセキュリティを提供します。INJトークンの代表的なネイティブ機能には、以下のようなものがあります。

  • プロトコルのガバナンス:INJトークンは、プロトコルで利用可能なチェーンのアップグレードや新たなアセットのリストアップなど、インジェクティブのすべてのコンポーネントを管理します。インジェクティブのコミュニティは積極的にガバナンスに貢献し、すべての提案は真に分散化されたガバナンス投票によって可決されます。
  • プロトコル利用料金の価値獲得:INJのデフレ性を維持するため、分散型取引所(dApps)、ブリッジ、トランザクションから発生する全手数料の60%がオンチェーンでの買い戻しおよび焼却(バーン)オークションにかけられます。
  • テンダーミントベースのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)セキュリティ:INJは、バリデータとデリゲータを介したプルーフオブステーク・メカニズムを使用してチェーンを保護します。
  • 開発者へのインセンティブ:dAppsユーザーから発生する手数料の40%は、インジェクティブを利用した新しい取引所リレイヤーや、開発者のインセンティブに直接充てられます。
  • 2022年にスマートコントラクト・レイヤーが稼動すると、より多くのdAppsがインジェクティブ上でローンチされ、プロトコル全体の収益とおよびバーン・プロセスを加速させます。今後の主なトークン使用例としては、22年に稼動を開始するグローバルマージニングシステムが想定されています。

    5)インジェクティブのDAOガバナンス

    インジェクティブは、コミュニティが運営するDAOによって運営されています。

    プロトコルレベルのアップグレード、プラットフォーム活動、取引所上場の一つ一つが投票プロセスを経て行われ、INJトークン保有者はプロトコルの将来に直接関与することができます。コミュニティにおけるすべての提案は、こちらで確認することができます。

    関連:DAO(分散型自律組織)の仕組みや将来性とは|Nansen寄稿

    6)インジェクティブ・エコシステム

    インジェクティブは、多様な産業分野でのコラボレーションにより、最も急成長している取引所エコシステムの1つです。

    インジェクティブ上に構築された取引所アプリを始め、Terraなどの多くのdAppsやプロトコルもインジェクティブと統合されています。

    7)エコシステムの成長

    「インジェクティブ Labs」は、インジェクティブ・プロトコルのコントリビューターの一つであり、すでにいくつかの主要なプロジェクトをサポートしています。

    これらのプロジェクトは、スマートコントラクト・レイヤーの立ち上げ後、インジェクティブ上に展開される予定です。その役割のいくつかの例として、以下のようなものがあります。

  • Burnt Finance:Animoca、Alameda、Multicoinなどから総額1,100万ドル(約13億円)を調達した、インジェクティブ支援によるNFTマーケットプレイス。
  • Rift Finance:インジェクティブ支援によるDAO流動性インフラのプロトコルで、PanteraやTwo Sigmaなどから1,800万ドル(約20億円)を調達。
  • Frontrunner:米国ペンシルベニア大の卒業生4人が率いるスポーツベッティングプラットフォーム。
  • これらは、1年未満で非公開の合計金額が2億5000万ドル(約290億円)を超えています。

    「Picasso」のようなインジェクティブ上に構築された取引所も、CumberlandやQCPといった主要なマーケットメーカーから資金を調達しています。世界最大級の取引所であるHuobiも、インジェクティブ上に取引所dAppsを構築しています。

    8)インジェクティブ上でビルドするメリットとは

    インジェクティブは、クロスチェーン取引、デリバティブ、DeFi、Web3アプリに特化した設計となっている唯一のブロックチェーンです。

    インジェクティブには、世界中のDeFiエコシステム構築者にとっての共通の目的地となる準備が整っています。すでに史上最速で成長している取引所アプリの1つを保有しており、インジェクティブ上での展開を検討する開発者に高い安心感を提供します。

    『超早割』終了まで
    0
    0時間
    0
    0
    さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
    クリックしてコードをコピー
    CoinPost App DL
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    05/29 水曜日
    11:44
    目先はイーサリアム優勢か、ETH/BTCは0.056まで続伸
    暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が69000ドル台、イーサリアム(ETH)は4000ドル手前で推移する。現物ETF(上場投資信託)承認の影響を受け、短期的にはイーサリアム優勢との見方が強い。
    10:35
    MocaverseとAnime Foundationが提携
    アニモカ主導のプロジェクトMocaverseとAnime Foundationが提携。Anime Foundationはアニモカらと強力し、アニメファンをWeb3の世界へ引き込もうとしている。
    10:00
    米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
    仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
    08:45
    Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
    並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
    07:50
    マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
    マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
    07:20
    米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
    最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
    06:30
    2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
    グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
    06:05
    トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
    仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
    05/28 火曜日
    15:58
    米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
    米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
    13:50
    Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
    Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
    12:45
    イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
    イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
    12:25
    7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
    暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
    10:25
    アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
    イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
    09:35
    アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
    仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
    08:28
    世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
    米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア