CoinPostで今最も読まれています

分散型クロスチェーンのDeFiを提供 インジェクティブ・プロトコル(INJ)とは Injective Protocol寄稿

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

DeFiプロトコルの新鋭

インジェクティブ・プロトコル(Injective Protocol)、およびそのクロスチェーン・エコシステムの仕組みについての解説記事。

インジェクティブ・プロトコルは、分散型クロスチェーンのDeFiおよびWeb3アプリケーションでの利用を念頭に設計された唯一のブロックチェーンです。

目次
  1. インジェクティブとは
  2. インジェクティブ(INJ)の特徴
  3. インジェクティブ提供のプロダクト
  4. デフレトークンの経済学
  5. インジェクティブのDAOガバナンス
  6. インジェクティブ・エコシステム
  7. エコシステムの成長
  8. インジェクティブ上でビルドするメリットとは

インジェクティブのユーザーは、イーサリアムやテラなどの異なるブロックチェーンネットワーク上で資産をシームレスに作成できます。インジェクティブ・プロトコルのエコシステムでは、分散型レバレッジ取引、無料のガス料金、高速ネットワークなどが提供されています。

関連:DeFiのInjective Protocol、日本円の為替取引を提供へ

2021年12月にメインネットが立ち上がって以来、これまでインジェクティブは2,000万件以上のオンチェーン取引を処理しています。

またイーサリアム(ETH)コスモス(ATOM)テラ(LUNA)と統合し、これまでメインネット上では700万以上のブロックが生成されました。「インジェクティブ Pro」(インジェクティブ上に構築された取引所)は、開設後1ヶ月間で10億ドル(約1,150億円)以上の取引量を、史上最速で達成した取引所となりました。

関連:初心者でもわかる「テラ(LUNA)」とは|仕組みと将来性を解説

1)インジェクティブとは

DeFi(分散型金融)が盛んになるにつれ、多様なDeFiアプリをサポートできるインフラが切実に必要とされています。インジェクティブは、堅牢な取引所、DeFi、デリバティブ、Web3アプリの構築に特化した相互運用可能なレイヤー1ブロックチェーンです。

MEV(Miner Extractable Value)耐性、取引の即時終了、分散型オーダーブック・インフラ、イーサリアム・スケーリング、ガス代ゼロなどの機能はすべて、次なる10億人のユーザーをDeFiに取り込むために必須の機能です。インジェクティブはDeFi業界において、今後3~5年の間にこれを実現できる唯一のチェーンです。

MEV耐性とは

MEV(Miner Extractable Value:マイナー抽出可能収益)とは、マイナーがイーサリアム・エコシステム上の、様々なブロックチェーン間の価格差を利用して収益を得ることにより、分散効果が薄れる問題のこと。

仮想通貨用語集

インジェクティブは、Cosmos SDKをベースに構築されているため、高速性を維持しながら、即時トランザクションのファイナリティを達成することが可能です。

暗号資産(仮想通貨)INJは、インジェクティブ・プロトコルとそのエコシステムを支える、ネイティブなデフレ資産です。インジェクティブはBinanceが支援(インキュベート)した最初のプロジェクトで、Pantera Capitalによって後援されています。その他の出資企業には、Hashed、DRW Cumberland、BlockTower、CMS、Figment、Sandeep Nailwal (Polygon COO)、Mark Cubanなど、その他多数が名を連ねています。

関連:イーサリアム創設者ブテリン氏「検閲耐性とスケーラビリティの両立は可能」

2)インジェクティブ(INJ)の特徴

 

インジェクティブはレイヤー1のブロックチェーンであり、以下のようなユニークな特徴を兼ね備えています。

  • すべての金融プリミティブ(スポット、無期限・期限付き契約、インデックスなど)をサポートできるネイティブな分散型オーダーブック・インフラを持つ唯一の相互運用可能なブロックチェーン
  • インジェクティブチェーンのコンセンサスメカニズムによる完全なMEV耐性
  • イーサリアムの機能を拡張
  • 革新的なアプリを展開するCosmWasmとEVM(イーサリアム仮想マシン)のスマートコントラクトレイヤー
  • 他チェーンでは実現不可能なDeFiアプリを実現
  • イーサリアムネイティブツールのサポート
  • イーサリアムよりも安い手数料、そしてイーサリアムの1,000倍以上の速度
  • 関連:オントロジー、独自のEVM(イーサリアム仮想マシン)開発完了を発表

    3)インジェクティブ提供のプロダクト

     

    現在、インジェクティブには多数の製品があり、そのすべてがDeFi取引に特化したブロックチェーン上に展開しています。

    「インジェクティブ Pro」は、インジェクティブ・プロトコル上に構築された、完全分散型オープンソースのオーダーブック・リレーヤーです。急成長しているDeFi取引所の1つで、5人のコミュニティメンバーがリレーヤーを管理しています。

    「インジェクティブ Bridge」は、イーサリアム、コスモス、テラをネイティブにサポートする、信頼性の高いクロスチェーンブリッジです。メインネットの立ち上げ後、最初の2ヶ月で1.5億ドル(約170億円)以上の資産がブリッジを通じて処理されました。2022年にはソラナ(SOL)を始めとして、新たなレイヤーとの統合が予定されています。

    「インジェクティブ Hub」は、ステーキングダッシュボード、INJバーンオークション、ウォレット、保険基金、包括的なガバナンスポータルなどのインジェクティブ用ツール群を提供。

    「インジェクティブ Explorer」は、インジェクティブ・ブロックチェーン用の分析プラットフォームです。

    4)デフレトークンの経済学

    INJは、インジェクティブ・プロトコルを動かすネイティブなデフレトークンです。

    インジェクティブのコミュニティが承認した機能の一つに、「トークン・バーン(焼却)」というものがあります。その仕組みとしては、プロトコル全体の取引活動によって発生した全手数料の60%がオークションに送られ、ユーザーはその手数料をINJで入札し、支払われたINJはバーンされます。現在、インジェクティブは業界で最も高いトークン・バーン比率を誇っています。

    関連:イーサリアム、通貨焼却量が1,000億円超え

    INJトークンは、コミュニティメンバーがインジェクティブの将来をコントロールする力を与えると同時に、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)というコンセンサス・メカニズムによってネットワークにセキュリティを提供します。INJトークンの代表的なネイティブ機能には、以下のようなものがあります。

  • プロトコルのガバナンス:INJトークンは、プロトコルで利用可能なチェーンのアップグレードや新たなアセットのリストアップなど、インジェクティブのすべてのコンポーネントを管理します。インジェクティブのコミュニティは積極的にガバナンスに貢献し、すべての提案は真に分散化されたガバナンス投票によって可決されます。
  • プロトコル利用料金の価値獲得:INJのデフレ性を維持するため、分散型取引所(dApps)、ブリッジ、トランザクションから発生する全手数料の60%がオンチェーンでの買い戻しおよび焼却(バーン)オークションにかけられます。
  • テンダーミントベースのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)セキュリティ:INJは、バリデータとデリゲータを介したプルーフオブステーク・メカニズムを使用してチェーンを保護します。
  • 開発者へのインセンティブ:dAppsユーザーから発生する手数料の40%は、インジェクティブを利用した新しい取引所リレイヤーや、開発者のインセンティブに直接充てられます。
  • 2022年にスマートコントラクト・レイヤーが稼動すると、より多くのdAppsがインジェクティブ上でローンチされ、プロトコル全体の収益とおよびバーン・プロセスを加速させます。今後の主なトークン使用例としては、22年に稼動を開始するグローバルマージニングシステムが想定されています。

    5)インジェクティブのDAOガバナンス

    インジェクティブは、コミュニティが運営するDAOによって運営されています。

    プロトコルレベルのアップグレード、プラットフォーム活動、取引所上場の一つ一つが投票プロセスを経て行われ、INJトークン保有者はプロトコルの将来に直接関与することができます。コミュニティにおけるすべての提案は、こちらで確認することができます。

    関連:DAO(分散型自律組織)の仕組みや将来性とは|Nansen寄稿

    6)インジェクティブ・エコシステム

    インジェクティブは、多様な産業分野でのコラボレーションにより、最も急成長している取引所エコシステムの1つです。

    インジェクティブ上に構築された取引所アプリを始め、Terraなどの多くのdAppsやプロトコルもインジェクティブと統合されています。

    7)エコシステムの成長

    「インジェクティブ Labs」は、インジェクティブ・プロトコルのコントリビューターの一つであり、すでにいくつかの主要なプロジェクトをサポートしています。

    これらのプロジェクトは、スマートコントラクト・レイヤーの立ち上げ後、インジェクティブ上に展開される予定です。その役割のいくつかの例として、以下のようなものがあります。

  • Burnt Finance:Animoca、Alameda、Multicoinなどから総額1,100万ドル(約13億円)を調達した、インジェクティブ支援によるNFTマーケットプレイス。
  • Rift Finance:インジェクティブ支援によるDAO流動性インフラのプロトコルで、PanteraやTwo Sigmaなどから1,800万ドル(約20億円)を調達。
  • Frontrunner:米国ペンシルベニア大の卒業生4人が率いるスポーツベッティングプラットフォーム。
  • これらは、1年未満で非公開の合計金額が2億5000万ドル(約290億円)を超えています。

    「Picasso」のようなインジェクティブ上に構築された取引所も、CumberlandやQCPといった主要なマーケットメーカーから資金を調達しています。世界最大級の取引所であるHuobiも、インジェクティブ上に取引所dAppsを構築しています。

    8)インジェクティブ上でビルドするメリットとは

    インジェクティブは、クロスチェーン取引、デリバティブ、DeFi、Web3アプリに特化した設計となっている唯一のブロックチェーンです。

    インジェクティブには、世界中のDeFiエコシステム構築者にとっての共通の目的地となる準備が整っています。すでに史上最速で成長している取引所アプリの1つを保有しており、インジェクティブ上での展開を検討する開発者に高い安心感を提供します。

    コメントしてBTCを貰おう
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    16:35
    MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
    MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
    14:00
    米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
    米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
    13:00
    米規制機関、Genesis Capitalを調査か
    仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
    10:30
    米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
    米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
    09:45
    Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
    カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
    07:50
    バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
    仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
    07:35
    バイナンス、資産証明はビットコインから開始
    仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
    07:00
    感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
    今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
    11/25 金曜日
    17:09
    金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
    金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
    16:38
    DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
    米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
    14:00
    海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
    海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。
    13:35
    BTC履歴を捜査活用、大規模詐欺サイト解体
    英ロンドン警視庁は「英国史上最大の詐欺作戦」により、なりすまし詐欺サイト「iSpoof 」の解体に成功したと発表した。欧州刑事警察機構をはじめ、10カ国の法執行機関と連携し142人が逮捕された。
    13:02
    ConsenSys、批判集まるメタマスクのユーザーデータ取得目的を説明
    米大手ブロックチェーン開発企業ConsenSysが、同社のプライバシーポリシーについて補足。MetaMask+Infuraのユーザーデータ取得は、規制当局の問い合わせへの対応を目的としたものではないと述べた。
    12:49
    BTC小幅反落、10000BTCの不審なアクティビティに関心
    暗号資産(仮想通貨)市場は米株式市場休場の影響もあり方向感定まらず反落傾向。Mt.Goxハッキング事件に関連する可能性のある休眠状態のウォレット送金では、計10000BTCの不審なアクティビティが検出された。
    11:40
    DBS、JPモルガンのOnyxネットワークに参加
    東南アジア・シンガポール最大手の銀行DBSは、JPモルガンのOnyx Digital Assetsネットワークに参加。ブロックチェーン上でレポ取引を実行したと発表した。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア
    イベント情報
    一覧
    2022/10/14 ~ 2022/12/31
    東京 東京都渋谷区宇田川町
    2022/11/29 19:00 ~ 21:00
    東京 東京都港区六本木
    2022/12/09 19:00 ~ 21:00
    その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
    2022/12/10 13:00 ~ 17:30
    その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
    重要指標
    一覧
    新着指標
    一覧