イーサリアム、通貨焼却量が1,000億円超え

バーンが1,000億円超え

暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)で、ETHのバーン量が1,000億円を超えている。

出典:watchtheburn

watchtheburnのデータによると、ETHのバーン量(金額)は改善案EIP-1559が8月5日に実装されて以来、1,000億円を超えたという。

EIP-1559は、大型アップグレード「ロンドン(London)」における手数料モデル変更の改善案で、ロンドンの実装とともに導入された。現時点では計300,950ETHが永久的に焼却されている。

バーンとは

仮想通貨のバーンは、株式の「自社株買い」に近い供給量を減らす仕組み。自社株買いをする企業は、発行している株式を自分たちのお金で買い戻す。買い戻されると市場に流通する株数が減少することで一株あたりの価値が向上し、株主に対してプラスの影響を与える。バーンをすることで、需要と供給の影響で、流通するETHの一枚あたりの価値が高まることになる。

EIP-1559が実装されたことによって、従来のイーサリアム手数料は、「ベース・フィー(基本手数料)」+「チップ(プライオリティフィー)」となり、基本手数料がバーンの対象に、プライオリティフィーがマイナーの収益の一部となる。

▶️仮想通貨用語集

ultrasound.moneyの観測データによると、最もバーン(焼却)が発生した経済活動は、NFTマーケットプレイスOpenSeaで、8月5月から執筆時までに計42,539.83ETHが焼却された。

また、9月4日には、24時間におけるETHのバーン量が初めて発行量を上回ったことから、マーケット活況時にはETHがデフレ資産性を持つ可能性に注目が集まっている。

関連イーサリアムで初事例 24時間の通貨焼却量が発行量越え

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します