CoinEx|クリプト金融の帝国Terraはパブリックチェーン分野の次のダークホースとなり得るか?

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

CoinExアカデミー|クリプト金融の帝国Terraはパブリックチェーン分野の次のダークホースとなり得るか?

Terraとは?

テラ=ステーブルコインDeFiオフチェーン決済です。パブリックチェーンでは、ステーブルコインを核としたDeFi開発を追求しつつ、実世界を結びつけることで真の商業的実現を目指しています。

情報元:Defiyield

Terraは新興のパブリックチェーンと位置づけられていますが、SolanaやPolygonのような性能向上を核としたパブリックチェーンとは異なります。Cosmos SDKとTendermintコンセンサスに基づいて構築されたこのパブリックチェーンは、分散型アルゴリズムステーブルコインを通じて、そのエコシステム全体の拡大を可能にします。DeFiを一般市民が利用できるようにしたTerraは、最終的に実世界での決済のような商業的なアプリケーションを実現することを目的としたインフラです。Terraのエコシステムは現在、ステーブルコイン、合成資産、スマートマイニング、現実世界での決済などのシナリオをカバーしています。特にステーブルコインは、パブリックチェーンの代表として際立っています。多数のプロジェクトに支えられた同業他社と比較すると、Terraは、そのエコシステムに数個のプロジェクトしかないにも関わらず、マーケットキャップで第9位のパブリックチェーンとなったのです。ステーブルコインUSTの最新の時価総額は85億4200万ドルで、USDT、USDC、BUSDに次ぐ世界第4位のステーブルコインとなっています。分散型ステーブルコインに範囲を絞った場合、USTは最近DAIを抜いて世界最大の分散型ステーブルコインとなりました。

時価総額別ステーブルコイン市場シェア

Terraエコシステムにおけるステーブルコインの仕組み

Terraは、商業用途に特化したパブリックチェーンです。そのエコシステムではLUNA+USTのデュアルトークンデザインが採用されています。前者はTerraのガバナンス、ステーキングノード検証に使用され、後者はパブリックチェーンにネイティブなUSDペッグのステーブルコインです。LUNAとUSTはどちらも、オンチェーン取引のガス代として使用できます。Terraは、ステーブルコインをブロックチェーンに不可欠なDeFiのバックボーンとして考えおり、実際ユーザーは新しいパブリックチェーンに入る際、不安定なネイティブアセットのリスクを最小限にするために、ステーブルコインを好んで使用します。

USDT、USDC、DAIといった有名なステーブルコインとは異なり、USTはアルゴリズムによるステーブルコインです。TetherとCircleが発行するUSDTとUSDCは、どちらも中央集権的な団体を通じてUSDで1対1に裏打ちされています。言い換えれば、TetherやCircleは、彼らが鋳造したUSDTやUSDCごとに1米ドルを保有しなければなりません。しかし、これは政府の規制や検閲の対象となることも意味します。MakerDAOが立ち上げたステーブルコインであるDAIは、USDTやUSDCとは異なり、過剰担保に支えられた分散型ステーブルコインとして、DAIはユーザーがより多くのコインを鋳造するためにETHを担保にすることを要求しています。具体的には、ユーザーは鋳造するDAIの価値の150%以上の担保を提供する必要があり、ユーザーが100枚のDAIを受け取った場合、150ドル相当のETHを担保しなければなりません。USTは上記の全てのステーブルコインとは仕組みが異なり、法定通貨やオンチェーンアセットに裏打ちされているわけではありません。典型的なアルゴリズムステーブルコインであるUSTの安定メカニズムは、LUNAと連動しています。すなわち、USTを1枚鋳造するごとに、1ドルのLUNAを焼却しなければなりません。この裁定メカニズムにより、USTはUSDにペグされることになります。しかし他の暗号資産と同様に、LUNAも大幅な価格変動にさらされています。さらに、このガバナンストークンの保有者は、Terraエコシステムのガバナンスと意思決定に参加することができます。ユーザーはTerra Stationを通じてLUNAトークンをステークし、ガバナンスに参加し、Terraの手数料収入を共有することができます。

一方、LUNAはUSTの安定化にも大きな役割を担っています。ここでは、USDペッグされたUSTとLUNAの関係を説明します。各USTは1ドル分のLUNAに変換することが可能です。このような仕組みにより、アービトラクターは利益を得ることができ、長期的にUST価格を安定させることができるのです。

1USTの価格が1ドルを超えた場合(1.1ドルと仮定)、TerraステーションのLUNA/USTスワップにより、LUNAの1ドルをUSTに変換し、自動的に1ドル分のLUNAを燃やして1USTを鋳造する契約が発動されるのです。その後1USTを売却し、0.1ドルの裁定利益を得ることができます。この裁定取引は、UST価格が1ドルに押し戻されるまで続けられます。

一方、1USTの価格が0.9ドルの場合、0.9ドルで1USTを購入し、テラステーションを通じて1USTを1ドル分のLUNAにスワップすることが可能です。このスワップにより、1USTが燃焼され、1ドルのLUNAが鋳造されます。次に、LUNAを0.1ドルの裁定取引利益で売ります。この裁定取引は、UST価格が1ドルに押し戻されるまで続けられます。

Terraの安定メカニズムには、「シニョリッジ(通貨発行益)」という機能もあります。LUNAを燃やしてUSTを鋳造するたびに、システムが手数料を徴収し、その手数料はTerra Stationを通じてLUNAを張り付けた採掘者たちに支払われれます。Terraの創業者であるDo Kwon氏は、あるツイートでこう述べています。”LunaをTerraに燃やすためのスワップ料は、2年間に渡ってLunaのステイカーに支払われる” この措置は、ステーカーが負担するTerraのボラティリティ・コストを補償するものであります。ただしこの手数料はUSTで支払われます。Do Kwon氏は「Lunaの価格が下がればstakingのリターンはリニアに上がる」と言っています。。つまり、バリデーターにとっては、LUNAをステーキングすることよるコインマージン的なリターンが増えるのです。

LUNAとUSTは互いに補完し合っていることがわかります。USTの需要が高まれば、テラはUSTを追加発行します。そのためにはLUNAを燃やす必要があり、供給量が減る一方で価格が上昇します。USTの需要増は、Terra社内のプロジェクトで発生します。Terraを利用したプロジェクトがUSTに依存しそのユーザー層が拡大することで、LUNAの時価総額が押し上げられる。LUNAの価値が高まれば、USTはより安定し、鋳造できるUSTの上限も上がる。Terraは今回、チェーン上のDeFiだけでなく、チェーン外の現実世界でもUSTの流通・活用を実現しました。そのため、パブリックチェーンでは、アルゴリズムステーブルコインが抱える共通の問題であるデススパイラルが解決されています。

優れた創業チームと強力なビジネスリソースに支えられ、Terraは充実したオンチェーン+オフチェーンのエコシステムを構築しています。

Terraの誕生は、Do KwonとDaniel Shinという2人の人物によるところが大きくなっています。

TerraのCEOであるDo Kwonは、スタンフォード大学でコンピュータサイエンスの学士号を取得し、昨年のForbes 30 Under 30に選出されました。スタンフォード卒業後まずはマイクロソフトに入社し、2016年に退職してコミュニケーションアプリ「Anyfi」を構築しました。2017年Do Kwonはブロックチェーン業界と暗号エリア全体に出会い、すぐに興味を持ちました。そして、大学の同級生であるNicholas Platiasと一緒にTerraのホワイトペーパーを執筆したのです。Kwon氏は、現実世界の通貨として使えるプロジェクトを作りたいと考えていました。また以前の講演では、Terraを設立した当初の目的は、ユーザーにより便利な決済手段を提供することだったと語っています。「Terraのフロントエンドは主流のアプリと同じシームレスな決済体験を提供し、バックエンドはブロックチェーン技術によって取引手数料や遅い送金などの従来の問題を解決します。」

Terraの共同創業者であるDaniel Shinは、Eコマースの分野で著名な起業家です。米国の名門ウォートン・スクールを卒業したDanielは、Ticket Monster(TMON)を設立しました。2010年に設立されたTMONは、韓国で2番目に大きいEコマースプラットフォームで、グループ購入にフォーカスしています。一連の資金調達を経て、最終的にTMONはグルーポンに2億6,000万ドルで売却されました。それ以来彼は、韓国や東南アジアのインターネット企業に対してコンサルティングやインキュベーションサービスを提供してきました。この経験でDo Kwon氏と出会い、Shin氏は暗号資産とTerraに魅了されるようになります。TMONでのビジネス経験を生かし、Kwon氏の理論に基づいたTerraの最適なアプリケーションを鋭く見出しました。「大規模なサーバーで複雑な取引データを管理するのではなく、分散型のソリューションが電子商取引の新しい試みになるかもしれない。」シン氏はTerraを「ブロックチェーン空間におけるアリペイ」と大胆に位置づけたのです。Terraは、消費者や業者に直接サービスを提供し、暗号アプリケーションと従来のビジネス世界の垣根を取り払うことを目指しています。さらに、Terraは決済ツールだけでなく、独自のエコシステムも構築しています。

さらに、韓国は暗号投資に非常に友好的であり、同国の市場の需要は今年、大幅な上昇を見せました。COVID-19のパンデミックと政府の景気刺激策の影響を受け、韓国ではインフレ率と不動産価格が急騰しています。その一方で、雇用市場も競争が激しくなっています。こうした要因から、韓国のユーザーの間では暗号資産取引の需要が高まり、この産業に携わる人の数も急増しています。良好な市場環境と、現地でのビジネスリソースを持つTerra社は、独自の優位性を持っています。さらに、Terraのビジネスリソースは、そのエコシステムに巨額の資金をもたらし、Terraのエコシステムの安定性を保証するものにもなっています。

同時にTerraはクリプトの実世界での応用を実現するために、ビジネスリソースを統合し、Terra Payment Allianceを構築しました。このメンバーは、Terraを決済やその他のビジネスに利用することができます。また、Woowa BrothersやPomelo(タイのEコマースプラットフォーム)など、アジアのEコマース企業15社と提携の枠組みを締結しています。これらの顧客は、年間250億ドルの取引量を扱っていることは注目です。こうしたリソースも、Terraの黎明期を乗り切るのに役立ちました。

Terraが直面するリスクと課題

アルゴリズムによるステーブルコインは本当に「安定」しているのか、多くの人が疑問を抱いています。実際、Terraもデススパイラルに見舞われています。2021年5月19日、BTC価格は30%下落し、LUNAも4.1ドルと前週の数値と比較して75%下落する急落を記録しました。投資家がLUNAを信用しなくなったことで、USTの需要も縮小しました。Terraの通貨メカニズムでは、USTが1ドルを下回ると、裁定者がUSTをLUNAに交換することになっています。この仕組みはLUNAの供給を増やし、需要が枯渇していた時期に、トークンをよりインフレにしました。そのため、価格がさらに低下し、悪循環となりました。デススパイラルは、アルゴリズムステーブルコインに共通するリスクでもあります。

他の中央集権型や分散型のステーブルコインとは異なり、USTは米ドルや他の資産に裏打ちされているのではなく、セカンダリートークンが暗黙のうちに保証しているのです。USTはLunaによって担保されていないが、後者は前者の価格固定メカニズムの主要なリンクであります。リザーブ・トークンへの信頼が失われると、バンクラン現象が発生します。例えば、6月にはTitanというプロジェクトがデススパイラルに吸い込まれました。TitanはTerraと同様、アルゴリズムによる2トークンシステムで運営され、そのIronトークンは、75%のUSDCと25%のTitanのガバナンストークンに支えられたステーブルコインの役割を担っていました。Titanの価格が下落し始めると、Ironの価格も下落しました。Iron保有者は裁定機会を得て、0.90ドルのトークンを0.75ドルのUSDCと0.25ドルのタイタンで取引し、激しいインフレを招いたのです。Titanは最終的に0ドルに近い価値で横ばいとなり、プロジェクトの破滅を告げました。

しかしTitanとは異なり、Terraは精鋭の創設チームと非常に熱心なコミュニティによって支えられており、より強固で安定したものとなっています。Terraのコミュニティは、Terraの主な利点の1つであると多くの人が考えています。この点については、TerraをベースとしたプロジェクトであるRandom Earthの創設者も、次のような見解を示しています。「Terraのコミュニティは非常に活発です。他のエコシステムと比較しても、非常にまとまりのある文化を持っているようです。このコミュニティの牽引力が成功の鍵になると思います。” これらエコシステムの大きなサポートにより、Terraは5月の恐怖を乗り越え、USTも1ドルまで反発しました。 Delphi DigitalのCTOも、”USTを中心に構築されたユーティリティは、他のステーブルコインに欠けていた素晴らしい安定化効果を持っています “とTerraの特徴をまとめています。Kwon氏自身も、USTの安定性にさらなるブレースを加えるべく手を打っており、最近のツイートでは、テラにはさらに多くの準備資産が登場すると述べています。簡単に言えば、USTの成功はTerraのエコシステムに大きく依存することになるでしょう。市場、コンプライアンス、技術の面でUSTを脅かすリスクは、Terraの強力なエコシステム経済によって排除することができます。パブリックチェーンのエコシステムの繁栄が、USTの安定のカギとなるのです。

まとめ

ステーブルコインというカテゴリーにおいて、現段階のTerraは勝利を収めたと言えます。しかしリーダーを名乗るには、まだ長い道のりがあります。一方で、Terraの最優先課題は、パブリックチェーンに対する市場の需要が高まっている機会を捉え、インセンティブを提供することでより多様なDeFiエコシステムを導入・構築していくことです。優れた創業チームと韓国の強力なビジネスリソースに支えられ、パブリックチェーンはオンチェーンエコシステムだけでなく、オフチェーン決済チャネルも拡大し続けるでしょう。TerraはSolonaと同様に有望プロジェクトと考えています。

Terraのエコシステムはこれまでどのように発展してきたのでしょうか。このエコシステムにはどのようなプロジェクトがあるのでしょうか?これらの疑問について、次回の「Terraエコシステムのプロジェクトのレビュー」記事で詳しく説明します。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!