CoinPostで今最も読まれています

恐怖、不確実性、疑念: 暗号資産取引所のセキュリティを考える

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

最近の大手暗号資産取引所のセキュリティ侵害、倒産、閉鎖は暗号業界全体に新たな恐怖、不確実性、疑念(FUD)を呼び起こしました。これらの事件は不十分なコーポレート・ガバナンス、利益相反、ユーザー資金の不始末といった問題がもたらすリスクを浮き彫りにしています。

懸念すべきことではありますが、このような困難な時であっても私たちは視野を広く持たなければなりません。ブロックチェーン技術は分散化、透明性、アクセシビリティにおいて画期的な可能性を提供します。

また最近の混乱を受けて、取引所はセキュリティ対策を急速に改善しています。準備金の証明の義務化、包括的な保険ポリシー、透明性の高い監査、高度なサイバーセキュリティ保護は業界の規範になりつつあります。

防護セキュリティの追求

現在、多くの大手取引所はコールドウォレットストレージを利用しており、資産の大部分はオフラインの状態に保たれハッカーがアクセスできないようになっています。取引所は現在、日常的に侵入テストを実施・バグ報奨金を提供・必須のKYC/AMLチェックを実施しています。

オンチェーン分析は盗まれた資金の追跡を支援し、取引所は高度な保護のためにマルチパーティ計算のようなイノベーションを模索しています。

いくつかの最先端技術が注目を集めています。ゼロ知識証明は取引所が個人データを公開することなくユーザーIDを検証することを可能にします。

形式的に検証されたコードは脆弱性がないことを数学的に証明します。ハードウェアセキュリティモジュールは、改ざん防止された暗号鍵ストレージを提供します。

またAIベースのシステムが不審な活動を検知し、タイムリーな対応を実現します。保険付きカストディソリューションのようなイノベーションも、損失に対する保証を提供します。

セキュリティ部隊の継続的な改善、強固なポリシーの確立、業界の専門知識の活用により、CoinExは最近、資産セキュリティのためのアップグレードされたインフラストラクチャを発表しました。

規制の見通しと今後

最近の混乱を受けて、規制当局は消費者を保護するために取引所に対する監視を強化する可能性があります。賢明なガイドラインは有益ですが、強引な政策はイノベーションを抑制するリスクがあります。

これはバランスが必要です。取引所はまたセキュリティやコンプライアンス・プログラムを積極的に改善することで、規制の変化に備える必要があります。

アジアでは中国のような国が厳格な暗号禁止を制定している一方で、シンガポール、日本、韓国のような国は規制された暗号エコシステムを受け入れています。取引所は現在、市場ごとにコンプライアンスアプローチを調整する必要があります。

米国ではSECが消費者保護を重視しているため、株式規制とは別に暗号監視のための新たな特注フレームワークの議論に拍車がかかっています。異質な世界情勢は、地域特有の微妙な戦略を必要とします。

リスクは常に存在しますが、暗号業界は10年以上にわたって回復力を示してきました。顧客を第一に考える倫理的な取引所は、継続的に保護を強化し信頼できるシステムを設計します。

コミュニティの連携、透明性の向上、倫理的なリーダーシップ、技術的な創意工夫により、取引所のセキュリティは暗号の運命を全うするために必要な堅牢性を目指すことができます。その道のりは容易ではありませんが目的地は努力に値するものです。

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!