CoinPostで今最も読まれています

ゼウス・ネットワーク|ソラナとビットコインをつなぐネイティブ通信レイヤー

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。

ビットコイン市場の活況と高性能ブロックチェーンであるソラナの復活を遂げた。 ソラナ関連、ビットコイン関連のプロジェクトは市場の盛り上がりを受け話題にのぼった。

ビットコインは最も流動性が高い仮想通貨の王者である。信頼性も担保されている。

ソラナは高速な処理速度、手数料の低さを武器にスケーラビリティと開発者に恩恵をもたらしてきた。両者の強みを組み合わせることでより強力な相乗効果を生み出す可能性がある。

ソラナとビットコインの通信レイヤーであるゼウス。ネットワークはまさにそれを実現しようとしている。

ソラナとビットコイン間のネイティブな通信レイヤーとして機能する。両者の強みを組み合わせることでソラナとビットコインの障壁をなくし多様なアプリケーション開発とサービス構築に寄与する。

高性能な分散型アプリケーションから効率的で安全な金融サービスまで、幅広い可能性を生み出す。

ZuPointジャーニーの開始かAPOLLOベータ・ネットワークの開始まで

昨年末、新しいソーシャルメディア企業であるゼウス・ネットワークは「zuPointジャーニー」のローンチを発表し、Zealyタスクの第1フェーズを開始した。

zuPointはプロジェクトシステム内でユーザーはチェックイン、ソーシャル活動、招待、コンテンツ作成のタスクを無料で完了することでzuPointを獲得できる。zuPointは、プロジェクトによると、将来のエアドロップに関連しており、そのビットコインとソラナ両者の強みを保持するゼウスはすぐにコミュニティから強い反応を集め、Web3のクエストプラットフォームであるZealyのトレンドリストのトップに急上昇した。

1月26日現在71000人以上が参加している。

ゼウスのZealyタスクの第一段階が、マーケティングとコミュニティへのリーチを広げることだったとすれば、「本命」は1月30日に公開されるAPOLLOテストサイトだ。 APOLLOは2月8日にホワイトリストテストを開始し、近いうちに一般向けのオープンベータテストの日程を発表する予定だ。

APOLLOは、ゼウス・ネットワーク上に構築された初の分散型アプリケーションであり、ソラナとビットコインの強みを融合している。 これは、ゼウスの分散型、非信頼の双方向ペッグ(2WP)メカニズムに基づいており、ビットコインに1:1で固定されたzBTCの発行を通じてソラナにビッtコインの流動性を解放することにより、クロスチェーンの相互運用性の向上を目指している。

システムはまた、ゼウス・コンセンサスとゼウス・バリデーターの指導の下、マネー・マーケットや自動マーケット・メーカー(AMM)などの機能も統合している。 さらに、APOLLOは独立したプロジェクトとして、独自のネイティブ・トークンも持っており、このトークンは今年の第2四半期に公正にリリースされる予定だ。

公式によると、APOLLOは将来的にゼウス・ネットワークの先駆的なプロジェクトになることを計画している。ゼウス・ネットワークのエコシステムを用いてプロジェクトを構築するために、より多くの開発者とともに開発を進める。

APOLLOにソラナ上のビットコインの流動性を提供するゼウス・ネットワークとは

ゼウス・ネットワーク:生態系の活力とセキュリティの詳細

ゼウス・ネットワークのアーキテクチャは、主にゼウスノードとソラナの仮想マシン(SVM)で構成され、ゼウス・ネットワークの機能性を向上させる構造化されたフレームワークだ。ソラナの強みであるピアツーピア通信サービスがネットワークの基盤として機能する。

ネットワークの基盤を形成し、ネットワークのパフォーマンス向上に重要な役割を果たす。

ゼウスノードには、ピアツーピア通信、署名、ブロードキャスト、および認証し登録を可能にする機能が備わっている。

これらの通信メカニズムを駆使することで、ノードが中央集権的な仲介者を通さず情報交換を行いトランザクションを行うことを可能にする。分散化された効率的な運用に総合的に貢献する。

SVMでは様々な手続き要素が機能をさらに強化しセキュリティ面において信頼性を担保する。バリデータ登録手続きにおいてはネットワークのバリデータを登録するために使用されネットワークにおける仲裁活動を監督する役割を担う。

公証人システムとは異なり、ゼウス・ネットワークの検証システムは分散化されたグループモデルに基づいている。特定の機関や組織に制限されることなく誰でも検証者になることができる。

個人が検証者になりたい場合は、ノードを運営し、署名昨日の秘密鍵を保持する必要がある。さらにこのプロセスではソラナまたはLSD-SOLのいずれかを担保する必要があるが、担保者がプルーフ・オブ・ステーキングに貢献し双方向のペッグ(2WP)メカニズムに参加できるLSDが望ましい。

ゼウスは「ホールドダウン・デザイン」または「ホールドダウン・プロセ ス」を通して経済的安全性を高めている。このセキュリティーフレームワークは過剰担保設計に依存し、金銭的な罰則やヘアカットを通じてシステムの潜在的な脆弱性や違反に対処する。

これらの措置は不正な取引を防止するための重要な要素である。「預託されたビットコインの価値と担保されたSOLの価値の比率」の原則に従うという設計によって、さらに強化されている。

フレームワークの正当性を担保に少なくとも1人の検証者が必要だであり、各ノードは不正を検出した際にはその証拠を提出する。

未承認トランザクションを特定とインセンティブが付与される仕組みになっている。

ゼウス検証者はメカニズムを実装しビットコイン・タップルートはソラナのEd25519署名アルゴリズムであるSchnorr署名を使用する。

オンチェーン投票と比較したオフチェーン署名集約による効率性の向上は、署名されたトランザクションをスムーズにソラナにブロードキャストするのに役立つ。

また、不正の証明と誠実な検証者の行動を特定することによって更なる保護を提供する。 コンセンサスに達した後、ゼウス検証者の著名認証を確認するため、各操作には指定の 「チャレンジ期間」が続く。

この期間には、ビットコインのロックとロック解除、ソラナ の引き出し、分配などが含まれます。 回復モデルの実装はシステムの実行可能性を確保するために不可欠であり、オフラインノードの数を減らすことで実現される。

この多面的なセキュリティ・モデルは、フレームワーク全体の堅牢性と信頼性を高める。

今月末に稼動するAPOLLOテスト・ネットワークの成功は無限の可能性を秘めたゼウスエコシステムにとって試金石となる。

順調にいけば、プロジェクトのロードマップではメインのAPOLLOネットワークは第2四半期に稼動し、ゼウス・ネットワークは第3四半期にGaiaでアップグレードされ、コンポーザビリティがさらに強化される。

本稿は企業が広報のために発信するプレスリリースです。CoinPostの執筆記事ではありません。
サービスのご利用・お問い合わせに関しては、直接サービス提供会社へご連絡ください。CoinPostは本稿で言及されたあらゆる内容について、またそれを参考・利用したことにより生じたいかなる損害や損失において、直接的・間接的な責任を負わないものとします。ユーザーの皆さまが本稿に関連した行動をとる際には、必ず事前にご自身で調査を行い、ご自身の責任において行動されるようお願いいたします。
▶️本日の速報をチェック!