メッセージアプリTelegramでBTC、ETH、LTC、XRPの送受信が可能に?

現在の仮想通貨取引を改善する新たなプラットフォーム
TelegramとCoinbaseを統合させた新たなブロックチェーンプラットフォームが開発中です。
仮想通貨決済革命
メッセージアプリで、今までのようなアドレスの入力なしに仮想通貨を送受信できる未来の仮想通貨決済システムが誕生するかもしれません。
TransCryptとは
TransCryptは全ての取引において委託料(fee)0%を誇り、TransCryptアプリを通して3クリックで通貨取引を可能にします。

仮想通貨は個人同士の取引に革命を起こしました。

今では伝統的決済システムの高手数料や送金の遅さを軽減し、国境越え取引が数分のうちに終わります。

仮想通貨により取引の速度は改善されましたが、取引の容易さにはまだ発達の余地があります。

Coinbaseのようなプラットフォームにより仮想通貨ウォレット作成は容易になりましたが、ウォレットのセットアップや資金移動に関してはさらなる改善が可能です。

ある新たなブロックチェーンプラットフォームがTelegram(人気メッセージアプリ)とCoinbaseを連結させた相互運用プラットフォームを作り、仮想決済の家庭を劇的に能率化することを考えています。

このTransCryptプラットフォームは現在開発中であり、仮想通貨の取引や決算の過程をできるだけ快適化するため、利用者の視点に立った使いやすいプラットフォームを作ろうと考えています。

そのTransCryptシステムは様々な種類の仮想通貨に対応し、メッセージと同様にお金や資産を送受信可能にします

この記事ではTransCryptプラットフォームが未来の仮想通貨決済システムにふさわしいかどうかを見ていきます。

TransCryptとは?

TransCryptはユーザー視点のユニバーサル決済(国際決算)プラットフォームであり、使いやすさに焦点を置いています。

TransCryptシステムは核となるブロックチェーンプラットフォームを中心に作られ、このような国際決済が行うことができ、国内での法定通貨(日本円など)の送受信を可能にします。

他には、簡単で早い法定通貨と仮想通貨両替やキャッシュカードによる資金の直接引き出しも可能になります。

このシステムの機能性は全てTelegramと直接統合される予定です。

TransCryptはハイレベルなセキュリティを保証するため、三段階認証(3FA)にMRPorto encryption protocolを組み込みました。

また、TransCryptはCoinbaseが提供する法定通貨取引を利用するためにCoinbaseとの提携も行うことも予定しています。

TransCryptの特徴

TransCryptは全ての取引において委託料(fee)0%を誇り、TransCryptアプリを通して3クリックで通貨取引を可能にしています

TransCryptを使用することでTelegramチャットの途中でも資金の送受信が可能です。

TransCryptを利用して取引をするためには相手のTelegramニックネームまたは携帯電話番号のどちらかがあれば十分です。

TransCryptはiOSとAndroid、そしてWindows、Mac、Linuxコンピュータに対応しています。

TransCryptはリリースとともにビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、ライトコイン(Litecoin)、リップル(Ripple)、マスターカード(Mastercard)、そしてビザ(Visa)に対応する予定です。

開発者が自身のアイデアを加えられるようにAPI(application programming interface)も作られます。

TransCrypt Telegram(ブロックチェーンとCoinbaseユニバーサル決済システム)の評決

TransCryptが提供する特徴の多くは現在開発中であり、2018年第2四半期にリリースされる予定です。

TransCryptプラットフォームはまだ開発中ですが、仮想通貨ユーザー間の決済方法を大きく変える可能性がある将来有望なプラットフォームです。

TransCryptウェブサイトから登録することでプラットフォーム開発に関する最新情報をEメールで受け取ることができます。

TransCrypt Telegram, Blockchain & CoinBase Universal Payment System

Dec. 18, 2017 by BitcoinExchangeGuide

参考記事はこちらから