NASA、Uberとブロックチェーンのベンチャー企業の共通点

UberとNASAは空飛ぶタクシーのパイロット事業開発を共同で開始すると表明
Uber Elevateと名付けられたこのサービスは、UberXと同程度の基本運賃と予想されており、乗客の通勤通学や旅行の新しいエコシステムを作り出します。
将来乗用ドローン飛行や空飛ぶタクシーは、次第に私たちの主要な交通手段の一部となる
緊急避難用や物資運搬などでドローンが使われることで様々な問題が解決できることがあります。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

今後のドローンの魅力

UberとNASAは空飛ぶタクシーのパイロット事業開発を共同で開始すると表明しました。

Uber Elevateと名付けられたこのサービスは、UberXと同程度の基本運賃と予想されており、乗客の通勤通学や旅行の新しいエコシステムを作り出します。

一見、空飛ぶ車や乗用ドローンというアイデアは奇想天外のように思われますが、実は、人を乗せた史上初のドローン飛行は既に成功しています。

2017年5月に、カリフォルニアを拠点とするPassenger Droneは、人による操縦と遠隔操縦のどちらも可能なVTOL(垂直離着陸機)の実験飛行を初めて行い、2017年8月には、人を乗せたドローン飛行に初めて成功しました。

ドローンや空飛ぶ車がもつ多大な影響力に、アメリカ政府も気づき始めています。

トランプ大統領が、すべてのドローンにFAAへの登録を義務付ける法律に署名したというのは最新のニュースです。

数週間前にヨーロッパの立法機関は、ドローン登録に関する同じような規則を決議しました。

2017年前半期で、アメリカ国内での全てのドローン登録数は80万台を突破し、ある予想によると2020年までには700万台以上が登録使用されるとされています。

この圧倒的な成長とともに、商業者と消費者の両者が利用するのための航空の安全性や未来の空中高速道路の最善の規制方法への課題が生まれています。

革新的なブロックチェーン企業はこのチャンスに飛びつき、このニーズを、安全プロトコルから未来の飛行市場まであらゆることに結びつけようとしています。

例えば、Passenger Droneの提携企業であるBlockchain Taxiは、先陣をきってPassenger Droneの飛行データ全てを使用してブロックチェーンシステムを基礎にしたプロトコルを開発しています。

過去の飛行データを組み合わせることによって、登録者や企業が乗用ドローンや空飛ぶタクシーを安全に操作できるような簡単で明快なエコシステムを開発したい、とBlockchain Taxiは考えています。

また宇宙関連企業のMcflyは、乗用ドローンを飛ばすための見込み費用と、自家用ジェット機を飛ばすもしくはUberを使うための見込み費用とを概算しました。

その結果、前者のUber Elevateの場合は飛行時間一分あたり約8ドルであるのに対して、後者の従来型航空移動の場合は約50ドルだと分かりました。

今年前期、米国特許商標庁(USPTO)は”場所を確保するための無人航空輸送”と題した特許を公報しました。

それには、ウォルマートが運搬ドローンの運用を自動化するためにブロックチェーン技術をどう使用するのかについて記載されています。

この例では、ブロックチェーン技術が、個人認証や、リアルタイムでの荷物の追跡、全重要情報を保護された会計簿に記録すること、などに使用できるとされています。

関連するブロックチェーンベンチャー企業のニュースのすべてが良いものとは限りません。

最初の立役者であったAERO Tokenは、”投資援助を募るために不健全なアピール”をしたと、ICO評価機関のSmith&Crownから厳しい批評を受けています。

ここには法律に対する解釈の違いによっては違法寸前ともいえる、このドローンインフラ建設に関する経済の難題が含まれています。

こうした難題はあるにしても、乗用ドローン飛行や空飛ぶタクシーは、次第に私たちの主要な交通手段の一部となることは間違いないでしょう。

なぜなら、緊急避難用であろうと物流用であろうと、商業ドローンや乗用ドローンの両方を使うことで解決できる都市問題は山ほどあるからです。

What NASA, Uber, and Blockchain Startups Have in Common Blockchain News December 24, 2017 15:10

Jared Polites,Dec. 24, 2017

参考記事はこちらから