中国の中央銀行がビットコインマイニング抑制計画を進行中

中国でビットコインマイニングが抑制される
マイニングビジネスを制限するため、権力者に電気使用量規制を要求しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

マイニング大国の中国がBTCマイニング抑制

ICOおよび国内全ての仮想通貨取引所の禁止に成功した中国権力者は、次の標的としてビットコインマイニング業を狙っています。

現地の情報源によると、中国の中央銀行である中国人民銀行がビットコインマイナーの電気使用量を規制し、コイン生産規模を縮小しようとしているようです。

銀行にはそのような規定を強いる権限がないため、2017年末に行われた非公開会議にてLeading Group of Beijing Internet Financial Risks Remediationを通して権力者に電気使用量の規制を要求したようです。

権力者は自己資源によってマイニングされたビットコインのほとんどが外国に送られるため、主流経済に貢献しないことを心配しているようです。

提案された電気使用量規制が実装されたとしても、小規模マイナーしか影響を受けません。

規定によると、大規模マイニング企業への影響はほとんどありません

ビットコインマイニングの電力消費量問題

ビットコインマイニングに使用されている高性能GPUは大量の電力を必要とします。

ビットコインマイニングの消費電力が世界159ヶ国の各消費量より多い現状
ビットコインの需要が増えていくにつれて、ビットコインマイニングの電力消費量も上昇しています。既に世界中の159ヶ国それぞれの消費電力量よりも多く消費していて、2018年10月にはイギリスの総電力消費量をも凌駕するのではないかと予想されています。

これらの装置は各ビットコイン取引を検証するため、常に複雑な暗号問題を解かなければなりません。

ブロック生成競争において有利になり、そして新ブロック生成の報酬を得るため、マイナーはより高性能なチップを使用します。

最近の報告によると、ビットコインマイニング業は159の異なる国よりも使用電力が多く、増加するマイニング活動は多くの後進国での停電につながっています。

ビットコインマイニング業はとても濃縮しており、半分近くのマイニング装置が中国にあります。

中国の低電力費用はマイナーを引き寄せますが、そのエネルギーのほとんどは石炭火力発電プラントから供給されています。

つまり、各ビットコイン取引ごとに大量の二酸化炭素が排出されていることになります。

2017年9月、中国政府による仮想通貨取引所禁止後、仮想通貨経済は大打撃を受けました。

中国は世界でも最高のビットコイン取引高を記録していましたが、それが全て一晩にして消えました。

影響を受けた取引所は現在近所の仮想通貨フレンドリーな国に避難し、取引所を開設するため、現地の企業とパートナーシップを組んでいます。

例えば、元中国最大仮想通貨取引所Huobiは日本SBIグループと組み、今月2つの新たな取引所を開設する予定です。

Chinese Central Bank Pushing to Curb Bitcoin Mining

Jan. 3, 2018 by Arnab Shome

参考記事はこちらから
ビットコインニュース一覧

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。