Blockchain.com CEO:中央銀行はビットコインを保有し始めると主張

中央銀行が仮想通貨界へ参入
中央銀行が2018年にビットコインとイーサリアムの通貨単位イーサのような主要なデジタル通貨を持ち始めるだろうと予想されています。
登録通貨としての仮想通貨
いくつかの中央銀行はすでにビットコインを所持しており、もし政府がビットコインなどの仮想通貨を登録通貨として認めるようになるならば、政府は大量の仮想通貨を持つでしょう。

Blockchain.comのCEO:2018年、中央銀行はビットコインとイーサを保持すると主張

Blockchain.comのCEOであるPeter Smith氏(以下スミス氏)は中央銀行が2018年にビットコインとイーサリアムの通貨単位イーサのような主要なデジタル通貨を持ち始めると述べました。

「今年は私たちが中央銀行が貸借対照表の一部としてデジタル通貨を持ち始めるのを見る1年目になるだろうと私は考えています。ビットコインはすでに供給としてトップ30の通貨です、そしてこの流行は蓄えの一部としてデジタル通貨を持つことの圧力となり、さらなる価格上昇を速めるだけです。」

とスミス氏は述べました。

いくつかの中央銀行はすでにビットコインを所持している

2017年の12月、ブルガリア政府がビットコインを30億ドル以上所持している、と発表しました。

それは大部分は法の執行調査と後ろめたいウェブ市場の取り締まりで押収した資金からでした。

5月にブルガリアの権威は213519のビットコインを持っていると公式に述べました。

それはいま32億ドル(3500億円)以上の価値があり、ビットコインの値段として15000ドル(165万円)です。

「この犯罪記録の結果として税関によって記録された損害は、2015年だけで約1000万レフ(7億円)です。同様に現在までに総数231519個のビットコインとともに主な容疑者の仮想空間におけるビットコインウォレットが見つかりました。」

とブルガリア政府は公表しました。

ビットコインの法の執行没収に加えて、デジタル為替相場がここ数年の間に急激な増加率で増大したので、世界的な中央銀行はビットコインやイーサや他の主要な仮想通貨をかなり獲得し始めるでしょう。

特にビットコインは2500億ドル(28兆円)の市場評価を成し遂げました、そしてそれは第一線の価値のあるものとして発展し続け、最終的に8兆ドル(880兆円)の金の市場と競合するだろうとアナリストは予想しています。

さらにもしビットコインが40兆ドル(4400兆円)のオフショア金融市場、8兆ドル(880兆円)の金の市場と50兆ドル(5500兆円)の認可為替市場を目標とすることによるグローバル経済の登録通貨の1つになるならば、政府は主要な金融当局としてビットコインとアルトコインの供給をする必要があります。

しかし、2年以上の間、中国、ヨーロッパと英国の主要な中央銀行と政府機関のいくつかが中央銀行が発行しする仮想通貨を出すことに取り組もうと考えていましたがビットコイン市場のアルトコインへの流入により難しい状況となりました。

2年後に研究開発に数億ドルほど投資されましたが、中央銀行は政府に援助された仮想通貨のテストさえあまり機能しませんでした。

中央銀行に後援された仮想通貨の発展における進展の不足は決して現実的でなく野心的な計画の無謀な実施の結果で終わってしまったのでしょう。

仮想通貨とブロックチェーンベースのネットワークの目的は、分散の基本的な概念に基づきます。

ブロックチェーンネットワーク上で、ユーザーは支払いと取引との情報をピア・ツー・ピアを基に送受信することができます。

将来、中央銀行がビットコインを支えるその技術を信じるかどうかはあまり重要ではありませんが、政府が仮想通貨を発展させる兆候を示すならば、仮想通貨市場はさらなる発展をみせ、政府自体も大量の仮想通貨を持つこととなるでしょう。

Blockchain CEO: Central Banks Will Hold Bitcoin and Ether in 2018

Jun 13, 2018 by CCN

参考記事はこちらから