専門家:仮想通貨の総時価総額が1兆ドルを超える「ブル相場」を予想

2018年の仮想通貨市場は、総時価総額1兆ドルに達する!?
CNBC社の報道によると、一部の専門家は「2018年中にビットコインの価格が5万ドル(547万円)到達、仮想通貨市場の総時価総額は1兆ドル(109兆円)を上回る」と、依然として強気の予想を出しています。その根拠とは。

新しいプロダクトによる取引促進

1月下旬から市場で起きている大暴落により、2月6日(火)の時点でビットコインの時価総額は半減、市場全体では5億ドル(547憶円)もの損失があったと見られています。

しかし、専門家は「市場は回復に向かうだろう」との見方を出しています。

仮想通貨取引所「Gatecoin APAC」事業開発部長の「Thomas Glucksmann」氏は、ニュース専門放送局CNBCで以下のように発言しました。

『2018年は、仮想通貨取引所における「規制認知の向上、機関投資家の参入、主要技術の発展」が仮想通貨の価格を押し上げることで最高値を更新、結果として市場回復に繋がるでしょう』

『昨年は、CME及びCBOEによる世界初の”ビットコイン先物取引”が始まりました。今年は、アメリカにある世界最大級の株式市場である「ナスダック(NASDAQ)」に仮想通貨の先物商品が上場され、仮想通貨全般のネガティブなイメージを払拭することになりそうです』

『仮想通貨関連の商品が主要取引に上場されることで、ブル(相場に対する強気な見方)にとって美味しい年になるでしょう。すでに兆候があることから、仮想通貨ETFが誕生するのも時間の問題だと思われます』

と、Gluckman氏は指摘しました。

仮想通貨ETFの取引が実現すれば、投資家の利便性が高まり、取引所を利用することなく仮想通貨を取引することが可能になります。

しかし、「Gemini Trust Digital Fund」創業者であるWinklevoss兄弟は、昨年ETFの申請を却下しています。

仮想通貨市場の大反落は、昨年から続いたマーケットが巨利を得た直後に発生しました。

一部の専門家は、昨年の成長率に匹敵、あるいはそれ以上の価格上昇が見込めるのではないかと期待し、市況を見極めようとしています。

「Outlier Ventures」のCEO「Jamie Burke」氏は、『今年2月以降、市場は昨年に匹敵、もしくはそれ以上の上げ相場となり、いずれ1兆ドルをマークすると予想します』と述べました。

ETFとは

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で、「上場投資信託」のことです。

一定の条件で選出された銘柄全体の値動きを指数で表したもので、日本の株式市場では、日経平均株価やTOPIXが一般的です

ユーティリティトークンこそ未来

マーケットアナリストは、IOTANEOなどの「新しいブロックチェーンを構築できるトークン」に着目しており、これらが未来を変革させる可能性があるという見方をしています。

Hercules Tech CEO兼共同設立者である「Mick Sherman」氏は、『おそらく今年は、プラットフォーム型のユーティリティトークンが値上がりする可能性が大きいのでは。』との見解を出しています。

その一方で彼は、多くのブロックチェーン技術の適正市価(true value)が見られるのは数年後であるため、今後も度々バブルが発生するだろうと警告もしています。

関連記事

IOTANEOの詳しい解説はこちら。
仮想通貨 IOTA(アイオタ)とは?〜IoTの未来を変える革新的技術Tangle(タングル)に注目!!〜
IOTAはBitfinexに上場した初日に時価総額6位にランクインした注目仮想通貨です。Tangleという革新的な技術を用いてIoTサービスの未来を変えるかもしれません。
仮想通貨 ネオ(NEO)/旧アントシェアーズ(Antshares)とは?
ネオ(NEO)、旧アントシェアーズ(Antshares)はイーサリアムと同様スマートコントラクトを実装しており、アリババ等の大手企業と提携している中国の仮想通貨です。

参考記事

Experts Expect Bullrun Cryptocurrency Market to Hit $1 Trillion This Year

FEB 8, 2018 by JMCMAHON

参考記事はこちらから