南アフリカ銀行がイーサリアムベースの送金計画「PoC」をローンチ

南アフリカの中央銀行による実証実験
南アフリカ中央銀行は、NYを基盤とするフィンテック企業ConsenSysと協力し、イーサリアムをベースにした「proof-of-concept(PoC)」を開発しました。
デジタルトークンを発行
さらに、インターバンク決済である「PoC」に電力を供給する独自の「デジタルトークン」を発行予定で、分散型台帳技術に関する”実用的な理解”を深めようとしています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
BTC出来高No.1、国内最大手交換業者。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

イーサリアムベースの銀行間送金

南アフリカの中央銀行は、イーサリアムベースのブロックチェーンで銀行間決済を再現するための新しいプロジェクト「proof-of-concept(PoC)」を実装しました。

公式発表によると、南アフリカの中央銀行(SARB)は、「プロジェクト:Khokha」を含む、新たなフィンテックイニシアチブを実装する予定です。

イーサリアムのコーダー集団であり、NYを基盤とするフィンテック企業である「ConsenSys」は、中央銀行の技術パートナーとして「Quorum(JPMorganおよびEthLabによって開発された企業ブロックチェーン)を使用した、大手法人向けの決済処理」を可能にします。

発表要旨:

『この計画の目的は、銀行業と協力して「proof-of-concept(PoC)」を開発することで、分散型台帳技術(DLT)の実用的な理解を深めることです。』

『PoCの目的は、DLTを用いて銀行間手形交換および決済を複製することです。それにより、SARBと銀行業はDLTの潜在的な有効性とリスクを共同で評価することができます。』

南アフリカ中央銀行の副総裁は、2017年8月の時点では、ブロックチェーンを有効とした中央銀行による仮想通貨の発行に関して「危険すぎる」と述べ、ブロックチェーン技術の研究・開発に反対していたようですが、今回の発表で大きく舵を切った格好となります。

南アフリカ中央銀行のデジタルトークン

また、南アフリカ中央銀行(SARB)は、シンガポールの中央銀行(シンガポール金融管理局)同様、独自のデジタルトークンを発行予定です。

シンガポール金融管理局は、銀行間ブロックチェーンプロジェクトのために、法定通貨(シンガポールドル)をイーサリアムのブロックチェーン上でトークン化(Project Ubin)した、という経緯があります。

南アフリカ中央銀行(SARB)は、

「”PoC計画”のローンチが、国の決済インフラのコア技術としてブロックチェーン採用を意味するわけではありません。」

「この実証実験により、ブロックチェーン上で(価値の転送を行う)デジタルトークン資産を使用することの本来の意義を理解できる可能性があります。」

としています。

尚、PoC実装の影響を受けた「公式レポート」は、2018年度の第2四半期に公開される見通しです。

South Africa’s Central Bank Launches Ethereum-Based Blockchain PoC

Feb. 15, 2018 by Samburaj Das

参考記事はこちらから
イーサリアムの関連ニュース

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CoinPost編集部coin_postCoinPost -仮想通貨情報サイト-

海外から配信されることの多い仮想通貨情報の中で、重要となる内容を厳選して日本人の投資家の皆様にお届け致します。 Twitterでの最新ニュースや、Facebookでのイベント活動日記の投稿も行なっています。