CoinPostで今最も読まれています

銀行がビットコインとリップルの普及を後押しするか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

大手銀行が抱く仮想通貨への懸念
多くの銀行家がビットコインやリップルの台頭を脅威と捉え、特にリップルの技術が既存の銀行のシステムとの競合になり得ると考えられています。
仮想通貨との共存
一方で、実際には多くの銀行がビットコイン、リップルの導入に向けた動きを見せています。銀行はブロックチェーンをベースにした技術の開発に積極的な投資を行なっており、銀行は仮想通貨と共存するビジネスモデルへ変遷していくことでしょう。

多くの銀行が抱く仮想通貨への懸念

銀行はリップルとビットコインの台頭を制圧したい意向です。

著名な銀行家の意見によれば、彼らの多くがビットコインの前提や有効性を疑問視しています。

例えば、昨年JPモルガンのリーダーであるJamie Dimon氏は仮想通貨を「詐欺」で「チューリップ・バブル」に通ずるものがある、と明言しました。

※後にDimon氏はこの発言を撤回し、仮想通貨への認識を改めています。

JPMorgan:仮想通貨を銀行が検討するためには本人確認とマネロン対策の厳格化が鍵
JPモルガン社ブロックチェーンリーダーのUmar Farooq氏は、今後のソリューションとしてブロックチェーン技術や仮想通貨に対して前向きな姿勢を見せています。

それぞれの仮想通貨は銀行と競合関係にあるとも言え、リップルについては特にその傾向があると考えられます。

Global BlockchainのCOOであるShidan Gouran氏は、

大銀行がもし2つの仮想通貨のうちどちらかを制圧することに成功したとしたら、それはきっとリップルとなるでしょう

と述べています。

その理由として、ビットコインよりもリップルが銀行の競合となり得るからです。

リップルは通貨というよりは取引ネットワークとして機能し、銀行をターゲットに強気な姿勢を示してくるだろうと考えられます。

一方、ビットコインはより通貨としての機能を有し、リップルほどの脅威には及ばないと思われます。

リップル社プロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)の違いと採用企業まとめ
リップル社のプロダクト(RippleNet、xCurrent、xRapid、xVia)と採用企業をまとめました。Rippleのプロダクトのうち、XRPが利用されるのはxRapidです。提携企業がどのプロダクトを採用するかに注意が必要です。

仮想通貨との共存

しかし、実際には多くの銀行がビットコインをはじめとした仮想通貨を既存のサービスに導入する意向であると見られます。

銀行がビットコインの利用に積極的である、とまでは言えませんが、ビットコイン先物取引の提供や、トレーダーが取引所へ入出金する際のサポートといった形で、仮想通貨と関わりを持っています。

リップルについても同様であり、リップルは特に銀行内の重要なシステムを補う価値のある通貨です。

リップルが実用的なブロックチェーンソリューションを提供し、銀行はリップルの多くの活用法を見出すことができるでしょう。

とCrowdfundXのCEOであるDarren Marble氏は語ります。

大銀行がリップルやビットコインを制圧する必要はないかもしれません。

銀行はブロックチェーンをベースにした技術の開発に積極的な投資を行なっていますが、仮想通貨の利用を推進し、その業界がより確立されるのには、もう少し時間がかかることでしょう。

大銀行の多くが特にリップルの進展に注目していると思います。

ビットコインやリップルの基盤にあるブロックチェーン技術と、仮想通貨を法定通貨として利用することは全く別次元の事柄です。

大銀行が仮想通貨の技術を取り入れることにより、ビットコインやリップルの価格にどう影響が与えられるか、その動向の把握に投資家が熱を上げているのも、こういった理由によるものです。

リップルはビットコインを越せるか|リップルは2019年が本命の年?
Pinnacle Brillianceで事業部長を務めるRoman Guelfi-Gibbs氏は、リップルが2019年にまた盛り返してくるのではないかと予想し、規制機関と共に歩んでいくと認識することが大切だと説き、ブロックチェーン革命は、規制外からではなく、規制内から台頭してくるべきだと語りました。
XRPは次世代のBTCになるか/リップルの懸念点と将来性
1月のフィンテック専門家のパネルディスカッションでは、リップルが第2位の通貨になると予想されています。XRPは今年中に5ドルを超えると予想され、次世代のBTCになるとも言われますが、XRPが本当に銀行で採用されるかという懸念材料もあります。

Big Banks Could Eventually Warm Up To Bitcoin And Ripple

MAR 23, 2018 @ 08:51 PM

参考記事はこちらから
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧